無料ブログはココログ

名所・旧跡・史跡

近江国庁関連遺跡その2 国史跡 『堂ノ上遺跡』

Cimg1704_2
台地上につくられた近江国庁の官衙遺跡。国庁と同様の瓦などが見つかって特定されました。


野畑遺跡から建部大社の方向に向います。

史跡は途中に案内板がなくわかりにくい。

Cimg2017_2
振り向くと坂がよくわかります。

右折して丘を登ります。

Cimg2018_2
お住まいを賑やかすようでもうしわけないです。

Cimg1695_2
少し登ると歴史標識があり、発掘地がひろがります。

Photo
この資料は2011年に入手したもので、まだ手元にありました。ありがたい。

Cimg1696_2
史跡の南側には高校があります。国庁が存在した頃にはこの下に道があったようです。

Cimg1700_2

◆国史跡 堂ノ上遺跡

所在地 大津市神領3丁目-4

2_2

近江国庁関連遺跡その1 『近江国分寺跡 瀬田廃寺』、『野畑遺跡』

Cimg1996
瀬田廃寺跡から瀬田川方面を


旧分国で初めて国庁が発掘・発見されたのは近江、現在の滋賀県。滋賀県は古代から有力な国でした。全国で10ある大国のひとつでした。

Cimg1642
瀬田廃寺は国分寺跡で、国庁に近い高台に存在しました。近江国分寺は三か所に移転しています。紫香楽からこの場所、次は石山と推定されています。

Cimg1638
桑畑廃寺ともいうのですね。名前の意味はわかりませんでした。

Cimg1645

2011年12月に滋賀県埋蔵文化財センターで遺構の展示がありました。現在の石柱があるのは塔の跡のようです。国府周辺では一番の高台にあり、素敵な場所だったと思います。



名神高速沿いに坂を下りると野畑遺跡があります。


Cimg1980_2
公園に歴史標識がありました。

Cimg1983_2
国府の役所の一つと推定されています。残念ながら、史跡指定は受けていません。

史跡指定を受けている地区を目指します。


◆瀬田廃寺、野畑遺跡

所在地 瀬田廃寺  大津市野郷原1丁目2
      野畑遺跡  大津市野郷原2丁目3


2

木之本 もみじの鶏足寺

Cimg1910_2
今年は紅葉も早いようです。もう一週間早いともっとすごかったでしょう。鶏足寺とは今年初めて知ったお寺です。


大寺であった面影はありません。呼び名も複数あるようです。
Cimg1906_2
まほろばの語源を知りました。
Cimg1877_2_2
しっかりした案内図もあります。
Cimg1876_2

いい天気で抜群でした。
Cimg1860_2

■鶏足寺

滋賀県 木之本

史跡 小原鐵心邸跡

Photo

小原鉄心は幕末に大垣藩を指導した人です。筆頭家老ではありませんが、藩の主導者として幕府の戦闘にも参加し、幕末のかじ取りは新政府に属し、戊辰戦役でも活躍しました。

達人です。

大垣に立ち寄りました。駐車場跡に歴史石柱がありました。幕末維新に大垣藩を救った英雄の石柱ですが、なんだかさみしいですね。

◆史跡 小原鉄心邸宅跡
 
  住所大垣市郭町東1丁目7

Dsc_1304_2

畠山義就、細川藤孝、明智光秀の居城 勝龍寺城跡

Cimg1795
この城は応仁の乱の主役の一人、畠山義就の居城でした。応仁の乱に注目があつまっていますが、こんなところに出会いがあるとは不思議です。

その後、織田信長の時代に細川藤孝の居城となり、明智光秀が山崎の合戦の本拠にしたことで歴史上に名を残すことになります。

犬川と小畑川に挟まれた場所に築かれた城です。京都への侵入を防御する役割がありました。

縄張りを見ると中世の屋形風の城が見えてきます。
Cimg1702_2_3
JR長岡京駅からスタートします。10分ほどで土塁跡につきます。
Cimg1684_3

ゆっくり10分ほど歩くと土塁跡につきます。神足神社にあります。
Cimg1797
真ん中の小丘が土塁跡です
Cimg1696_2_2

Cimg1701_2
土塁上から空堀を眺める。
Cimg1709_2_5
整備前と整備後の比較写真がありました。
Cimg1796
高さ約6mとのこと。見ごたえがあります。

Cimg1712_2
ここから本丸跡はすぐです。公園化されています。公園名は勝竜寺なんですね。
Cimg1723_2
模擬塀と櫓です。土塁だけでなく石垣も使っていたようです。
本丸跡と岩田丸が残っています。
Cimg1739_2
城内は公園になっています。櫓などの建物も疑似的なものばかりです。

Photo
北門跡と沼田丸との境の石垣
Photo_2
沼田丸も公園です
Cimg1760_2

Photo_3

中世の屋形をイメージして訪れるとしっくりくると思います。この後山崎の合戦の古戦場に向っても15分ほどですから、いい歴史散策になります。


■勝龍寺城跡

所在地 長岡京市勝竜寺
アクセス JR長岡京駅より徒歩10分

縄文時代の水産加工場 国史跡 中里貝塚

Photo
この界隈は縄文時代の縄文海進時期、海に面した土地でした。今も、平地と丘陵地が明確になっています。

中里貝塚は距離1km、高さは4m以上の規模が残っていて、それも貝などの水産加工が進んだ場所でした。びっくりする規模です。

Dsc_1350
貝層断面は国内最大厚。500年にわたる貝塚だったようです。
Dsc_1357
史跡は3か所に点在しています。

Dsc_1356

Dsc_1357_2

Dsc_1358
◆国史跡 中里貝塚

所在地 北区上中里2-8ほか
2

古代の役所 豊島郡衙跡(御殿前遺跡)

Dsc_1312_2
飛鳥山博物館の説明版です。
古代の東京埼玉は武蔵野国で国府は現在の府中市にありました。武蔵野国は21の郡に分かれていて、そのうちの一つが豊島郡で現在の北区に郡衙(役所)がありました。

Dsc_1313_2
滝野川公園を入ったところに歴史標識があります

Dsc_1344
事前に知らないと見落としてしまいそうです。

Dsc_1342
古代の駅 はっきりしない駅は多いですが、豊島は地形からみてもここなんでしょう。

Dsc_1314_2

■豊島郡衙跡 御殿山遺跡

アクセス JR京浜東北線上中里駅 徒歩5分、
      地下鉄南北線西ヶ原駅(1番出口) 徒歩5分

2_2

太田道灌の城 都旧跡 稲付城跡

Cimg1650


Cimg1657


Cimg1659


Cimg1664


Cimg1670


Cimg1674


Cimg1682


Map

作延城跡

Dsc_1101
自宅からランニングで作延城址にいきました。
JR南武線津田山駅から10分程度ですが、大型霊園である緑ヶ丘霊園の中ですので、わかりやすいです。駅を出ると坂を上ります。
Dsc_1113
霊園の入り口までは5分程度です
Dsc_1112
霊園に入ると管理施設を右に見ながら登っていきます。

Dsc_1111
園内の地図です。区画は6区のようです。
Dsc_1107
わかりやすく案内版もあります。
Dsc_1106_2
登り切ったあたりが6区です。写真をとり忘れましたがビューがいいです。
Dsc_1100
ここから北側にいくつかの城跡がありますがビューはここで一番です。桜もいいと聞きました。

池尻に海が迫っていた時代 東山貝塚遺跡

Photo_2
縄文海進がもっとも進んだ6000年前の目黒は目黒川に海水が入り込み、現在の池尻あたりは入江のような場所でした。 今も中目黒から池尻あたりを散策すると谷底のような印象を持つと思います。地図の白い部分はこの時代、海だったろうところです。

東山貝塚遺跡はこうした海岸線にあります。 貝塚だけではなく住居跡もあり、生活感のある遺跡です。 土地の高低差を楽しむのも貝塚の魅力です。

目黒区の遺跡解説を見るとかなりの規模だということがわかります。

Higashiyamakaizuka
Dsc_1078
あくまでも模擬施設です。

Dsc_1081
こうした公園が出来ているだけでもありがたいです。子供たちに学んでほしいものです。

Dsc_1087
このイラストは面白い。奥に富士山、手前の水辺は現目黒川のようです。

Dsc_1084

より以前の記事一覧