無料ブログはココログ

感性を磨く

リクルートホールディングスの株主総会に行ってきました

初めてです。島さんが監査役を退任されました。
Img_7820

                                                     木村嘉伸

大河ドラマ「八重の桜」を見て柴五郎大将に思いが至りました

『ある明治人の記録ー会津人柴五郎の遺言』という本があります。幕末の会津藩に生まれ明治後は陸軍に入り大将になった柴五郎大将の手記を編成した名著です。

会津戦争から斗南藩に至る会津藩の悲劇が語られています。幕末の会津藩は京都所司代時代の新撰組との関わりや会津戦争の白虎隊の自決で語られることが多いのですが、それは悲劇の一部でしかありません。

会津戦争で敗戦し藩は降伏します。街には藩士の死体が放置され埋葬どころか手をつけることさえ認められません。半年以上、親族の死体に鳥獣が群がっているのをなすすべなくみていたのです。

藩は改易にはなりませんが、青森の不毛の地に斗南藩として存続することを余儀なくされます。極寒の地で廃藩置県までの3カ年をたくさんの悲劇ともに過ごしていきました。

会津藩は朝敵として厳しい時代に入ります。昭和3年、松平容保の孫が大正天皇の第二皇子秩父宮妃となります。旧藩士は復権をしたと感涙したといいます。戊辰から実に60年が経過していました。

中学の頃に読み始めました。幕末最大の悲劇は歳とともに思いがこもり涙がとまりません。

柴五郎はその後、義和団事件で世界に武名を知られ、会津の心を自決した最後まで持ち続けた達人です。

大河ドラマの初回を見ました。会津出身の新島八重の物語です。どういうわけか概述の著作に思いが至りました。

どんな展開になるのか? 会津の悲劇を引っ張るとわかりにくくなるかもしれません。

しかし楽しみにしています。
                                                 きむらよしのぶ

『10年後の自分への手紙』が届きました

志賀小学校であるイベントがありました。10年後の自分への手紙の開封です。小学校のタイムカプセルですね。

ポスティングされました。私ではなく長男のものです。

年賀状に紛れていましたが、はるみちゃんと封筒の字を何気なく見ていたら、長男の字やないかと思い始め、

住所もないから小学校の関係者のポスティングのはずで、タイムカプセルじゃないかと推測しました。

確かめたいが勝手に開けるわけにもいかないので、外出中の長男にメールをすると「自分への手紙」だと返事がありました。

本人も忘れていたようです。

長男が帰宅するのを楽しみにしていました。入っていたのは手紙と名札でした。

面白いね。

研修でよくやる手法ですが、自分のまわりで起こるとまた違った印象を持ちます。

封筒だけ写真にっとておきました。

2

                                                  きむらよしのぶ

感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い

    “難儀やなぁ”と思うことがありました。小さなことですが一事が万事です。自宅近くの停留所からバスにより、
    二つ目の停留所で小さな事件がありました。近所の中学のソフトボール部の子達が乗り込んできて15名ほどが
    乗車したところで誰かが乗り間違いに気がつきました。先生かも生徒かもしれませんが乗車している私にはわ
    かりません。乗った子達は16名。みんなパスモを使っているので返金には時間が掛かりました。

    子達以外に乗車しているのは5名程度だったと思います。

    乗務員は勝手に返金することは出来ないようで本部に確認して進めていきます。そんな途中先生が手数を掛け
    ていることに恐縮したのか「私が払います」とおっしゃいました。乗務員さんは取り上げず、粛々と処理を進めて
    いきました。


    手続きが終わりました。実に10分が経過しています。


    窓の外では先生と子供たちがわいわい言っています。


    子供たちが乗務員や乗車した客に侘びのアクションはしめしませんでした。

    先生からの侘びのアクションもありませんでした。



    こんな子供時代を送っていて、面白い大人にはならんわなぁ

    
    難儀やなぁ~
 
                                                  きむらよしのぶ

混み合った電車のベビーカーのマナー

最近気になることの一つが電車のベビーカーです。混み合った場面では

折り畳むのが公共マナーだったと思うのだがどうやろう?もっとも理屈

は別としても人込みの中では遠慮があるのがしかるべきやないかな?

首都圏の人出はどこへ行っても関西の比やないし私のような事をいいだし

たら子連れでは出掛けられなくなりますが配慮のない親が多いように感じ

てなりません。スペースとって恐れ入りますという心遣いが感じないし、

むしろ小さな子供を抱えた弱者なんだから周りが配慮すべきという主張す

ら感じる時があります。私の考えが古いのかな?自分の子供達の頃は人が

多い場所やから抱いていかないとあかんとはるみちゃんが判断していたよ

うに思う。今日も田園都市線と東急東横線で移動していますが、類似する

ベビーカーをみました。気持ち悪いわ〜
これって私だけなん?!

かならず “遅刻”するナイスガイ

いい子なんのですが遅刻癖がある子がいます。そもそも自信が時間に追われていることに興奮して
遅刻に問題意識を持っていないケースが大半です。若い頃にはありがちなことです。

この癖は致命的です。こんな子は人に紹介できない。特に年上の方には。紹介者である私が恥を
かきますからね。遅刻する子がよほど天才的なものを持たない限りこの癖をクリアできない。

首都圏は電車遅延が多い。しかし、10分遅れというケースはそれほど多くはない。だから電車遅延
が理由にもなりません。10分前程度の到着はあたり前なことだから。

またこういう子は表面的には“ナイスガイ”が多いから困りものです。本人もそれを売りにしたりしている。

この数日で二つの事例があった。一人は車が込んでいるので遅れるかもしれないので時間の変更を
依頼してきたケース。それも一時間以上前に。気持ちよいですね。間に合うかもしれないのにね。

もう一人は前回に続きの遅刻、それも数分。彼はそのことには触れずに話しに入りました。難儀です。

私のある先輩は必ず叱り付けていました。続くと引導を渡していました。私も最近は真似をしています。

若者の自由な価値観、型にはまらない行動を容認するのも大事だが最低限の規範のないところに
よいものが出るはずがない。もっとも遅刻などはそんな大げさではなくダメなことなんやけどね。
難儀ですね。

                                               きむらよしのぶ

「よく戻ってきた・・・」といってくれてました

ぼちぼちご挨拶周りを始めています。

ご挨拶は直接迷惑をおかけしたクライアントやパートナーやメールやブログでコメントを

くれた仲間に会いに行っています。

「ありがとう」としかいいようがないのですが、とりあえず元気な顔を見せたい。

「よく戻ってきた」と涙してくれる方がいらした。

言葉を失いました。

私に対しての想いなのか、闘病に対する過去の経験則なのかその背景はわかりません。

私の一回り上の方なので、人生経験の何かが涙という感情表現になったのでしょう。

この表現の厚みが人生だと思います。

昨夜も昔の仲間と復帰の祝いをしていました。

この数ヶ月自分の越し方を振り返って実のない自分の人生に気付きがありました。

改めて、自分の何かを作り直そうと思ったのですが、戻ったら多くの方々が

素敵な表現・表情で迎えてくれてありがたいことです。

おもしろい後半生をおくりたいものです。

                                          きむらよしのぶ

清水さんのお守り

昨日、みなちゃんが買ってくれました。

Photo

私、お守りを持つのがたぶん始めて。

小さいときに親がもたしてくれたかもしれませんが、物心ついてからはありません。

一年間大事にしよう~

私の好きな写真です

Cimg1977_2

昨年の徳島阿波踊りのどこかでとりました。場所が思い出せません。

今日はくたびれました。

帰宅してPhoto Dateの整理をしていました。重くなるし、きりがないのでね。

そんな中で、見つけた一枚です。

ということで今日は寝ます。

木村嘉伸

失敗なんてないのです。成功するまでやればよいから。

失敗だと思った瞬間に“失敗になります”。

私が知る会社で、この考えがぴったり当てはまる会社があります。

その会社、

他からみたら失敗をしているのですが、一度始めたら成功するまではやめない。

だから、時間はかかるが、必ず「成功」しています。

「成功」の大小はマチマチですが、必ず何かを会社に残しているし、収支も黒字です。

私の育ってきた環境とは全く異なる概念です。

初めのころは「もっとよい方法があるのに」と歯がゆい思いでしたが、昨今はこれも正論と思うようになりました。

ちなみに、私は「失敗なんてない。失敗だからと逃げ出したら人生の失敗になるが、受け止めたら成功体験に変るのです」とお話しています。

だから論理的には受け入れられる。

この会社の特長は、従業員を含めて我慢強いこと。

上場していると不採算部門にメドなく投資し続けることは難しいのですが、非上場の中小企業だからできるともいえる。

上場、非上場も会社が持っているものですから、うまく使っているといえる。

ものの見方は面白いものです。

人生は成功体験に満ちている。

木村嘉伸

より以前の記事一覧