無料ブログはココログ

医療・薬剤師

薬剤師国家試験 大幅な合格率のダウン

昨日3月31日に発表のあった薬剤師国家試験は関係者に衝撃を与えました。6年制になって3回目であった今年は大幅な合格率の減となりました。
年度    合格者  合格率
2012年  8182人  95.33%
2013年  8929人  79.10%
2014年  7312人  60.84%

前年比1617人減。

薬剤師国家試験は受験後の自己採点で合格の可否がだいたいわかります。従って3月3日には内定者の状況が採用担当者に届きました。

内定者の半数以上が不合格という会社もあったと聞いていましたが、この数字をみて得心がいきました。 留年、国試浪人の受験生が増加したことが合格率低下の原因とのコメントが出ていましたが、根本原因は違うところにあると思います。

合格率20%台の大学が数校ありました。大学も問題ですが乱立を容認した監督官庁の罪も重いと思います。 一方、厚生労働省の関係者コメントでコンビニエンスストアより多くなった薬局を1/5程度に削減する方向が話題を呼びました。 世界的、歴史的な高齢化社会となった日本の現状が最も大きな背景であるで医療費の削減はやむを得ないことだとは思います。

しかし、監督官庁間でしっかり政策の調整はしてもらわないといけません。

薬剤師を目指す若者は減ることでしょう。6年制になって大学の学費・寄付・生活費など大幅に増えました。一人住まいをしたら2000万円近い親の出費になるように聞きます。それで資格取得の難易度が高くなれば希望者は減るでしょう。

市場は薬剤師は取り合いが続いています。組織の魅力を打ち出せる法人が生き残れるでしょう。特に薬局は正念場を迎えたように思いました。

                                          きむらよしのぶ

外国人看護師 合格率11%に上昇?

Cimg4763

入院して看護師の仕事の難易度の高さをよくみました。私が脳外科の病棟にいたからかもしれませんが。

外国人看護師を導入することになって4年目。やっと合格率が10%を超えました。たぶん30年後にはNHKスペシャルに

登場する方々になるのでしょう。日本語の難易度は我々の想像以上です。特に医療言語は難しいから、

日常の仕事だけではクリアできるわけがありません。

医療介護分野への外国人の登用は必須です。高齢化スピードの著しい国ですから医療分野の仕事に

つく人そのもののシェアが下がっていきます。結構急務なんですこの件。

それは別としても不合格で帰国しないといけない方々はかわいそうですね。勿論、覚悟があって来日した

方々だし、母国では実績のある方々ですから単純に悲しむのも失礼ですがそれにしてもねぇ。

たまらないねぇ。制度の修正をしてあげてほしいね。

                                        きむらよしのぶ

京大病院の医療ミスにおもう

Cimg0518_2

昨日15日の京都新聞です。

脳死肝移植後のトラブルです。

手術は成功し術後の経過は順調。

腎不全を併発していたので人工透析を行ったがその際の単純なミス。

看護師が誤って用意したものを当直医がチェックミスをしたのが原因のようです。

入院した経験からいうと、病棟での看護師さんへの仕事の比重が高すぎると思う。

ドクターと看護師さんの係わりも薄い。

例えば主治医と担当看護師が情報交換をするシーンは少ないでしょう。

勤務体系も違うしね。

ドクターも忙しいから踏み込んだ関係性はもてないだろう。

看護師の役割は変わってきて進化している。 熟練が必要にもなっている。 難しい問題やね。

ミスはあかんけど、真の原因追求をしとかんとなぁ。

木村嘉伸

誤って「毒薬」調剤、女性死亡=薬剤師ら書類送検―埼玉県警

時事通信 8月19日(金)12時57分配信

 毒薬に指定されているコリンエステラーゼ阻害薬を誤って調剤し、女性を死亡させたとして、埼玉県警捜査1課は19日、業務上過失致死などの疑いで、小嶋薬局本店サンセーヌ支店(同県越谷市)の女性管理薬剤師(65)=千葉県野田市=と経営者の小嶋富雄県薬剤師会会長(76)=越谷市=を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めているという。
 同課によると、小嶋会長は昨年3月25日、埼玉県春日部市の米沢朝子さん(75)に対し、処方箋で胃酸中和剤を調剤すべきだったのに、コリンエステラーゼ阻害薬を調剤した疑い。女性薬剤師は、4月1日に誤りに気付いたのに放置し、米沢さんを死亡させた疑い。 

驚きのニュースを見つけました。コリンエステラーゼ阻害薬としかありませんので実態がわかりません。

毒薬ではありますが、この言葉にはっぱられ過ぎるといけません。

今後実態が知りたいですね。気付いたのに放置したのは大変なこと。

実名報道です。正確な情報がほしいものです。恐ろしい時代になりました。

木村嘉伸

薬過剰投与で死亡、薬剤師に異例の賠償責任

本日の朝刊です。訴訟社会になってきましたから、こうした判決が出てくるのもあたり前ですが、いよいよ来たなという感じがしました。

110211_094854

この件は、研修医が普段は投与しない薬を投与し、それも用法用量を読み誤り薬剤師に指示したことで起こりました。判決では薬剤師にも疑義紹介の義務があったと判断の理由がついていました。

たぶんこれから、いろんな議論が出てくるのでしょうが、この可否を述べてもしかたありません。

プロだからな。

軽い気持ち(たとえば、手に職を など)で薬剤師になる人もいるけど、いつまでもそれではすまなくなる。

薬学部でも「心」を鍛える学習をさせてほしいものです。 大津は、朝から雪です。寒いより“冷たい”という感触です。 木村嘉伸

外国人看護師 まもなく国家試験

2010年の国家試験は254名が受験して 3名の合格でした。

その前年は80名の受験で合格がゼロです。

日本人は9割が合格するにです。

三年しか機会がなくて、日本語ができないのに難解な日本語の国家試験を受けなければならない。

この制度は絶対におかしい!

いずれも母国では看護師資格を持っている方々です。

EPAに基づいて付属的な制度だったのですが、いかになんでもひどすぎる。

こういうことに政治の判断を入れてほしいものです。

最初に来日した方々にとって、今年が最後のチャンス。これでダメなら帰国するしかないのです。

がんばってほしいですね。

木村嘉伸

忘れていましたが横浜薬科大学にいってきました

1月8日です。その後弔事があり忘れていました。

帰宅してデータの整理をしていたら写真が出てきて思い出しました。

新しいパートナーの“さゆりちゃん”のデビューでした。

横浜薬科大学はドリームランドの跡地です。私が関東に来たころに廃業した記憶があります。

現在の図書館棟は元「ホテルエンパイア」です。

300pxyokohamayakadai

仕事に入る前にゆりちゃんとさゆりちゃんの三人で最上階の展望ラウンジによりました。

富士山です。

Cimg2876_2

江ノ島です。 Cimg2877_2

みなとみらい方面 Cimg2878

校内 正門 Cimg2880_2

すっかり風邪を引いた一日でしたが、初横浜薬科は面白かった。 さゆりちゃん、よろしくね 木村嘉伸

明治薬科大学にお邪魔しました

久しぶりに伺ったらアポイントが必要とのこと。
ビックリ!

就職指導に忙殺されて、アポイントなしではゆっくりお相手出来ないとのこと。

えらく変わったものです。

六年制初の就職活動はスタートしていますが、かなり長期化しそうですね。

チャンスが増えるのはよいことです。

薬学部生にも地に足のついた就職活動をして欲しいものです。

主要薬学部にはお邪魔して状況がきこえましたが、まだ大学の差が大きい。

くたびれたのでこのへんで


木村嘉伸

昨日城西大学に行ってきました。

埼玉県坂戸市。

いやぁ遠いなー
移動で疲れちゃいますね!

薬学部の研究棟を訪ねたのですが、すれ違う時に、会釈する学生が多くて好感でした。

木村嘉伸

帝京大学薬学部に行ってきました

帝京大学薬学部に行ってきました
写真は十条駅前


今日もコンサル先の学内説明会をのぞきにいきました。
しまちゃんがメインで進行していますが終わり頃にご機嫌伺いに足を運びます。

しかし帝京大学グループの展開はダイナミックですね。

初めて帝京大学病院も案内いただきましたが、たいした施設でした。

しまちゃんも今日は満足だったようでご機嫌。

帝京もパーティーつきでした。

木村嘉伸