無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

近江国庁関連遺跡その2 国史跡 『堂ノ上遺跡』

Cimg1704_2
台地上につくられた近江国庁の官衙遺跡。国庁と同様の瓦などが見つかって特定されました。


野畑遺跡から建部大社の方向に向います。

史跡は途中に案内板がなくわかりにくい。

Cimg2017_2
振り向くと坂がよくわかります。

右折して丘を登ります。

Cimg2018_2
お住まいを賑やかすようでもうしわけないです。

Cimg1695_2
少し登ると歴史標識があり、発掘地がひろがります。

Photo
この資料は2011年に入手したもので、まだ手元にありました。ありがたい。

Cimg1696_2
史跡の南側には高校があります。国庁が存在した頃にはこの下に道があったようです。

Cimg1700_2

◆国史跡 堂ノ上遺跡

所在地 大津市神領3丁目-4

2_2

近江国庁関連遺跡その1 『近江国分寺跡 瀬田廃寺』、『野畑遺跡』

Cimg1996
瀬田廃寺跡から瀬田川方面を


旧分国で初めて国庁が発掘・発見されたのは近江、現在の滋賀県。滋賀県は古代から有力な国でした。全国で10ある大国のひとつでした。

Cimg1642
瀬田廃寺は国分寺跡で、国庁に近い高台に存在しました。近江国分寺は三か所に移転しています。紫香楽からこの場所、次は石山と推定されています。

Cimg1638
桑畑廃寺ともいうのですね。名前の意味はわかりませんでした。

Cimg1645

2011年12月に滋賀県埋蔵文化財センターで遺構の展示がありました。現在の石柱があるのは塔の跡のようです。国府周辺では一番の高台にあり、素敵な場所だったと思います。



名神高速沿いに坂を下りると野畑遺跡があります。


Cimg1980_2
公園に歴史標識がありました。

Cimg1983_2
国府の役所の一つと推定されています。残念ながら、史跡指定は受けていません。

史跡指定を受けている地区を目指します。


◆瀬田廃寺、野畑遺跡

所在地 瀬田廃寺  大津市野郷原1丁目2
      野畑遺跡  大津市野郷原2丁目3


2

« 2017年11月 | トップページ