無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

史跡 小原鐵心邸跡

Photo

小原鉄心は幕末に大垣藩を指導した人です。筆頭家老ではありませんが、藩の主導者として幕府の戦闘にも参加し、幕末のかじ取りは新政府に属し、戊辰戦役でも活躍しました。

達人です。

大垣に立ち寄りました。駐車場跡に歴史石柱がありました。幕末維新に大垣藩を救った英雄の石柱ですが、なんだかさみしいですね。

◆史跡 小原鉄心邸宅跡
 
  住所大垣市郭町東1丁目7

Dsc_1304_2

畠山義就、細川藤孝、明智光秀の居城 勝龍寺城跡

Cimg1795
この城は応仁の乱の主役の一人、畠山義就の居城でした。応仁の乱に注目があつまっていますが、こんなところに出会いがあるとは不思議です。

その後、織田信長の時代に細川藤孝の居城となり、明智光秀が山崎の合戦の本拠にしたことで歴史上に名を残すことになります。

犬川と小畑川に挟まれた場所に築かれた城です。京都への侵入を防御する役割がありました。

縄張りを見ると中世の屋形風の城が見えてきます。
Cimg1702_2_3
JR長岡京駅からスタートします。10分ほどで土塁跡につきます。
Cimg1684_3

ゆっくり10分ほど歩くと土塁跡につきます。神足神社にあります。
Cimg1797
真ん中の小丘が土塁跡です
Cimg1696_2_2

Cimg1701_2
土塁上から空堀を眺める。
Cimg1709_2_5
整備前と整備後の比較写真がありました。
Cimg1796
高さ約6mとのこと。見ごたえがあります。

Cimg1712_2
ここから本丸跡はすぐです。公園化されています。公園名は勝竜寺なんですね。
Cimg1723_2
模擬塀と櫓です。土塁だけでなく石垣も使っていたようです。
本丸跡と岩田丸が残っています。
Cimg1739_2
城内は公園になっています。櫓などの建物も疑似的なものばかりです。

Photo
北門跡と沼田丸との境の石垣
Photo_2
沼田丸も公園です
Cimg1760_2

Photo_3

中世の屋形をイメージして訪れるとしっくりくると思います。この後山崎の合戦の古戦場に向っても15分ほどですから、いい歴史散策になります。


■勝龍寺城跡

所在地 長岡京市勝竜寺
アクセス JR長岡京駅より徒歩10分

縄文時代の水産加工場 国史跡 中里貝塚

Photo
この界隈は縄文時代の縄文海進時期、海に面した土地でした。今も、平地と丘陵地が明確になっています。

中里貝塚は距離1km、高さは4m以上の規模が残っていて、それも貝などの水産加工が進んだ場所でした。びっくりする規模です。

Dsc_1350
貝層断面は国内最大厚。500年にわたる貝塚だったようです。
Dsc_1357
史跡は3か所に点在しています。

Dsc_1356

Dsc_1357_2

Dsc_1358
◆国史跡 中里貝塚

所在地 北区上中里2-8ほか
2

古代の役所 豊島郡衙跡(御殿前遺跡)

Dsc_1312_2
飛鳥山博物館の説明版です。
古代の東京埼玉は武蔵野国で国府は現在の府中市にありました。武蔵野国は21の郡に分かれていて、そのうちの一つが豊島郡で現在の北区に郡衙(役所)がありました。

Dsc_1313_2
滝野川公園を入ったところに歴史標識があります

Dsc_1344
事前に知らないと見落としてしまいそうです。

Dsc_1342
古代の駅 はっきりしない駅は多いですが、豊島は地形からみてもここなんでしょう。

Dsc_1314_2

■豊島郡衙跡 御殿山遺跡

アクセス JR京浜東北線上中里駅 徒歩5分、
      地下鉄南北線西ヶ原駅(1番出口) 徒歩5分

2_2

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »