無料ブログはココログ

« 国史跡 荻生徂徠の墓 | トップページ | 第93回 箱根駅伝 芦ノ湖 観戦記 »

赤穂事件史跡 大石内蔵助他十六人忠烈の跡

Cimg1164_2
元禄15年12月14日、世界に日本人のなんたるかを印象づけるできごとが起きました。

赤穂浪士の吉良邸への討ち入りです。

12月15日の朝4時ごろ四十七士は吉良邸に討ち入り、吉良上野介の首をはねるまで約2時間を要しました。

冬の早朝6時頃、寒かったでしょうね。一行は高輪の泉岳寺に向けて2時間程度歩きます。約10kmの道のりです。

映画やドラマほどではなかったでしょうが、一行の通過を聞きつけて人々が集まってきました。

突然、訪問された泉岳寺は驚きとともに、冷静にまた称賛をもってもてなします。

泉岳寺に向かう途中、大目付仙石伯耆守に報告し、幕府の沙汰を寺で待ちます。

幕府の首脳は江戸城に集まり、とりあえず四十七士を四家に分割して預けます。

四十七士にとって泉岳寺で過ごした時間はどんなものだったのでしょう。


浪士が切腹するのは2月4日です。

大石内蔵助が切腹した細川邸の跡の写真です。

Cimg1162

Cimg1165
◆大石内蔵助以下十六人忠烈の跡

Photo

« 国史跡 荻生徂徠の墓 | トップページ | 第93回 箱根駅伝 芦ノ湖 観戦記 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/68706106

この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂事件史跡 大石内蔵助他十六人忠烈の跡:

« 国史跡 荻生徂徠の墓 | トップページ | 第93回 箱根駅伝 芦ノ湖 観戦記 »