無料ブログはココログ

« 真田家代々の居宅 真田氏館跡  砥石城跡 | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 瀬田丘陵生産遺跡群 源内峠遺跡 »

徳川軍を二度も撃退した 国史跡 上田城跡

訪問したのは4月2日土曜日。翌日の大河『真田丸』で第一次上田合戦を45分フルに取り上げていました。旬そのものです。

Cimg0429
真田昌幸が築城し、関ケ原のあと信之が収めましたが治世は22年。転封となり仙石氏、松平氏と続き明治を迎えます。

現在は真田一色ですが、統治期間は僅かな時間でした。また家康を苦しめたこの城は関ケ原ののち徹底的に壊されます。戦国期の城の形はわかっていないとのことです。

Cimg0454
よく取り上げられるのが大手門です。満開まではあと少しでしたが十分でした。
かなりのにぎわいでした。地元は大喜びでしょうね。Cimg0448
現在残る城跡は尼が淵を城壁替わりにして千曲川にのぞんでいます。天然の要害だったでしょう。
Cimg0440
Cimg0443
現在残るのは3つの櫓です。
Cimg0446
唯一、寛永の築城時からあるのが西櫓です。
Cimg0438
残念ながら大手門の北櫓と南櫓は明治後に払い下げられたもので、地元の有志の努力で買い戻されて現在の場所に戻ったとのことでした。昔は素敵な方がいたものです。
Cimg0451
北櫓の足元にある堀跡。
Cimg0442
本丸跡の説明版
Cimg0430
Cimg0419
Cimg0436
城内の現在の地図です。信之の時代は三之丸に居住し政治を行ったようで、現在は上田高等学校になっているようです。
Cimg0454_2
本丸を出て、二ノ丸に向かいます。

Cimg0420

今日はここまで。川中島を含めてまた来たいものです。

■国史跡 上田城跡

アクセス 上信越自動車道「上田菅平」ICより車10分

ちなみに上田市立博物館でいただパンフレットです。なかなかのものです。
Ccf20160404
Ccf20160405_0001
Ccf20160405_0002

« 真田家代々の居宅 真田氏館跡  砥石城跡 | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 瀬田丘陵生産遺跡群 源内峠遺跡 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/64806257

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川軍を二度も撃退した 国史跡 上田城跡:

« 真田家代々の居宅 真田氏館跡  砥石城跡 | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 瀬田丘陵生産遺跡群 源内峠遺跡 »