無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2015年12月

国宝 姫路城

大学を卒業するまではよく訪問していましたがたぶん結婚後は初めての訪問です。という実に30年ぶりです。びっくりします。我ながら。

広島からの立ち寄りで駅のホームよりまず一枚。天守は現在真っ白です。貴重な絵柄がとれました。Cimg0209
駅からぶらぶらと大手門に向かいます。
Cimg0213
Cimg0221
この石柱は重みがありますね。
Cimg0224
場内にはいります。城がきれいです。
Cimg0227
天守に入ります。ここからは有料です。
Cimg0229
Cimg0233
Cimg0239
西の丸の中に秀吉時代の資料がありました。

Cimg0240
Cimg0242
最後に天守の足元から一枚。

この日の時間がなく駆け足です。でも久しぶりでいい気分でした。

史跡 広島城跡

朝のランニングで広島城跡を訪ねました。

Img_6806
広島城は豊臣政権に組み込まれた毛利氏が築城したものです。その後福島正則が入りましたが改易に伴い浅野家が領有し幕末まで続きます。

この城は大野川をはじめいくつかの河川の真ん中に立つ平城です。かなり珍しい。戦国時代が終わり政治的立ち位置を考慮してこの地に建てられたものです。要害はまったく意識されていません。

市内の地図を見ればよくわかります。(広島駅の観光案内図より)
Img_6778
当初は市街北部の丘陵地に築城する案もあったようです。しかしそうであったら現代のような開発し進まなかったでしょうね。
Img_6779_2
城は名古屋城、岡山城と天下の三大平城といわれています。

Img_6796
Img_6795
Img_6797
復元天守ですが古風でなかなかよい。早朝なので登らずに戻りました。Img_6799
天守付近より場外をながめます。Img_6800
太平洋戦争の空襲にあっていますので江戸を想像させるものは多くありません。
Img_6803
当時の縄張りです。Img_6804
浅野家は豊臣秀吉の妻おねの縁で立身し、秀吉亡きあとは徳川家康を支持し縁のなかった広島で大大名になりました。

人の縁は不思議なものです。ランニング途中なのでこのへんで。

◆史跡 広島城跡

所在地 広島県広島市中区基町

安芸の宮島、厳島神社

たぶん初めての訪問です。毛利元就の厳島の戦いを頭に置きつつ古跡を一回りしてきました。

新幹線で広島駅に到着し約一時間ほどで宮島港に到着。島まではすぐです。

Img_6783
宮島港駅に到着です。しっかりした建物が意外です。Cimg0113
島に降り立つとさっそく鹿が登場。奈良公園で慣れていますが久しぶりです。Cimg0117
島を降りるとすぐに厳島合戦の案内板がありました。
Cimg0112
この戦の心理戦の素晴らしさは史上群を抜いています。元就の策にのった陶晴賢は大軍を率いてみ宮島におびき寄せられます。夜陰に乗じ寡兵の元就軍は奇襲を行い陶を壊滅せしめ晴賢を自刃に追い込みます。元就は一躍中国地方の覇者に躍り出たのです。大変な策士です。
Cimg0161
さて少し歩くと厳島神社が見えて来ます。
Cimg0122
Cimg0105
近づいて。Cimg0127
一昨年の大河ドラマは平清盛でした。宮島の撮影もありました。珍しい描写がたくさんでオモシロかったのですが数字は残念でした。
Cimg0131
Cimg0133
Cimg0138

Cimg0140
Cimg0145
Cimg0146
Cimg0150
このあとはケーブルに乗り弥山山頂に向かいます。
Img_6787
ケーブルの獅子岩駅から往復一時間程度で大急ぎでした。もう夕方に近いので。Cimg0153
Cimg0158
弥山山頂はこうした岩場です。
Img_6791
壮大な景色です。
Img_6792

残念ながら次の予定も大急ぎで下山します。

◆安芸の宮島、厳島神社、弥山山頂                             木村嘉伸

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »