無料ブログはココログ

« 琵琶湖の名所 竹生島 | トップページ | 足利将軍の居住地で政治の舞台 『室町第址』 »

京都を壊滅させた 『応仁の乱勃発の地』

京都市の都市計画は平安京の建設によってもたらされた。

しかし、当初より人口数や収益構造等の実態にあわない規模であった為早々に平城京に戻る議論が起こります。とても維持ができなかったわけです。

まず右京が衰退します。右京の南部は桂川に近く低湿地が多く初めから開発が困難でした。そして鴨川周辺の市街地化が進みます。現在のカタチになってきたわけです。

1467年京都を壊滅させる出来事が起こります。応仁の乱のはじまりです。

11年続く応仁の乱で京都市街は灰燼に帰します。太平洋戦争ので空襲被害を受けた東京や大阪の写真を見ることがあると思いますが、あんな様子だったはずです。

戦国時代に入りなかなか町は安定しませんでした。

現在の都市設計になったのは応仁の乱の約100年後に登場した豊臣秀吉の時代でした。

このことは以前のお土居の記事で。

   京都市の史跡 史跡御土居3(北区紫竹上長目町・堀川町、上京区寺町広小路)
   http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/3-af78.html

   京都市の史跡 史跡御土居(中京区西ノ京)
   http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-3ac1.html

   京都市の史跡 史跡御土居2(上京区馬飼町·平野鳥居前町)
   http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-7f90.html

さて応仁の乱が始まったのは現在の京都市上京区にある上御霊神社でした。
上御霊神社の南には相国寺、花の御所がひろがります。室町幕府の中心的地域だったと思います。

史上これほどわかりにくい争いはない。あまりに利害関係が入り乱れ、裏切りが多く節度のある関係はほどんどみられない。戦は東北を除く全国に広まります。最後は誰もがバカバカしくなり本拠地に戻って戦いは終わります。

Img_0937
Cimg9737_2

案内板の解説では併せて約五千名の戦いとありますが当時の人口でこれほどせの人数にはならないと思うので1/10程度の小競り合いだったのではと推測しています。

Img_0934_2Img_0933_2Img_0928_2

                                ※この3点は2013年5月18日です。お祭りの日でした。


その後の歴史を頭に描きながら境内を散策してみます。ここから戦国時代が始まると思いながら。

◆応仁の乱勃発の地 上御霊神社

  所在地 京都市上京区上御霊前通烏丸東入
        地下鉄烏丸線鞍馬口駅 : 徒歩3分
Photo

« 琵琶湖の名所 竹生島 | トップページ | 足利将軍の居住地で政治の舞台 『室町第址』 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

歴史が教えてくれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/61505474

この記事へのトラックバック一覧です: 京都を壊滅させた 『応仁の乱勃発の地』:

« 琵琶湖の名所 竹生島 | トップページ | 足利将軍の居住地で政治の舞台 『室町第址』 »