無料ブログはココログ

« 九度山町 真田昌幸蟄居の跡 真田庵  | トップページ | 高尾山に行ってきました »

群馬県太田市の史跡 新田荘遺跡 円福寺・台源氏跡

群馬県太田市に来ました。仕事終わりに荷物をお客さんに預けて史跡散歩ランニングしてきました。

太田市は中世から始まる新田荘が有名です。遺跡・文献ともにはっきりした大型荘園は大変珍しい。一見の価値があります。
その後天下を取った徳川家は新田源氏を称していましたから新田荘は長く大事にされてきました。
何度も足を運んでいますが、調べたら最後は2011年2月でした。
(その時の記事:http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-df79.html)

国史跡新田荘遺跡は11の遺跡で構成されています。今日はその内の一つ、円福寺とその周辺に向いました。

Img_4308_2Img_4308
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●源姓新田氏と足利氏
源氏といえば源頼朝を輩出した河内源氏が有名です。新田氏・足利氏は共に河内源氏で、武功を重ね世に知られた八幡太郎義家の三男義国を祖としています。義国の子供たちが両家を名乗ったのが始まりです。
・源姓新田・足利の系図 新田荘遺跡パンフレット(太田市役所)
Photo
義国は長兄たちが他界し源家の棟梁と期待されていましたが、いくつかの過ちを犯し都から足利の地にやってきました。そして足利荘を開墾後二男義康に譲り、長男義重と新田の開拓に挑みます。

当時の渡良瀬川はだいぶ南を流れていました。太田市の金山に近いあたりだったようです。従って、足利から渡良瀬川を渡って大間々扇状地に入ったあたりが円満寺の立地です。等高線を見るとやや高い台地となっています。

義国・義重が最初にどこに居宅を構えたかわかりませんが、台地で古墳の墳丘もあるこの地は国見のできる絶好の場所で候補地の一つではと考えます。
その後も新田本家の所領はこの地域であったようです。

足利氏は鎌倉幕府の重鎮となりますが、新田氏は義重以降不遇であり孫の政義の時に没落します。四代後に登場するのが新田義貞です。

同時期の足利氏を率いたのは足利尊氏で、その後天下を取りますが義貞は戦いに敗れ北陸で命を落とします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●円福寺

新田政義は囚人を護送中に逃げられたり、朝廷と接触し咎められたら勝手に出家し新田荘に戻るなどの愚行を繰り返します。幕府は所領の一部没収や惣領職の没収を言い渡します。政義はこの地(由良郷別所)に蟄居の身となりその頃建てられたのが円福寺です。

太田駅からまっすぐ西に向うと遺跡入口の大きな石柱が出てきます。
・新田遺跡入口 ここだけじゃないのになんでこのネーミングなのでしょう。
1
少し行くと円福寺の案内がみえました
Img_4294
・山門
Img_4307
Img_4299
・山門にある解説板
円福寺と十二所神社のなりたちが知りたいものです。神仏習合がさかんな時代だったので不思議ではないのですがね。
Img_4302
・境内の解説板
Img_4310
・境内図
Img_4312_2
境内には新田氏歴代当主の墓があります。唯、石に刻まれた文字も読み取れないようで「伝」の一文字がついています。
Img_4320
・解説板
Img_4317

Img_4315
ランニングしながらなので大汗です。蚊の攻撃がすさまじく大急ぎで退散しました。

山門を出て東に500mほど進むと、源氏の館跡が出てきます。ここも伝承の域を出ません。また新田義貞が生まれた館の候補の一つのようです。
義貞は傍系の里見家から養子に入った説もありますから

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●台源氏館跡
Img_4331

「台」の意味を探していましたらこの土地が台地あることが理由のようです。台地の上にいる源氏の館ということ。
Img_4329
石柱と解説板以外に当時を想起させるものはありません。

Img_4327
区画の横には畑が広がっています、穏やかです。
Img_4334

■円福寺 台源氏館跡

所在地 群馬県太田市別所町
                                          木村嘉伸

« 九度山町 真田昌幸蟄居の跡 真田庵  | トップページ | 高尾山に行ってきました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/57178479

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県太田市の史跡 新田荘遺跡 円福寺・台源氏跡:

« 九度山町 真田昌幸蟄居の跡 真田庵  | トップページ | 高尾山に行ってきました »