無料ブログはココログ

« 第32回三浦国際市民マラソン ハーフを完走しました | トップページ | 薬剤師国家試験 大幅な合格率のダウン »

難波宮跡

上町台地は古代から大阪を形成した土地です。上町台地という言葉はもうピントこないかもしれません。

私の子供の頃は特徴の一つと認識していましたが、今はそんなことはなさそうです。大阪駅がある梅田周辺から御堂筋に沿って南下し難波にいたる細長い地域は、上町台地の西側に連なる“崖下の平地”のようなものです。平野の印象が強い大阪市内ですが本来は大阪湾に飛び出した半島状の土地からできています。

現在上町台地の北端には大阪城があります。

3月30日結婚式で森ノ宮に行ってきました。あいにくの天気でしたが久しぶりの森ノ宮です。子供の頃近辺に住んでいたことがあり懐かしい。唯、街の景色は一変していて感慨に浸ることもできません。

結婚式場の隣にあるのが『難波宮跡』です。歴史公園になっていてよく来たものです。宮跡ですから、遊具があるわけでもありませんが大極殿の礎石に歴史の中にいるような感覚をもったものです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■難波宮は上町台地の北端に位置する

大阪城の北側に大川・寝屋川が流れています。縄文時代は生駒山の麓まで海が広がり、古代に入り上町台地を境に西側は湖となりました。大阪城がある場所は河川が入り乱れていて港湾施設として重要な土地だったと思います。

伝承では仁徳天皇が都をおいたとされています。考古学的な発見はされていませんが、西日本や朝鮮半島との物流窓口となる拠点としては十分ありうると想像できます。

古墳時代の後半になり天皇を中心すると統治体制が進行していくなか、孝徳天皇は難波に遷都します。大化の改新はこの地で進行していきます。

「京」という都市設計のあった首都であったかどうかははっきりしませんが、統治機能としての「宮」は長い発掘調査ではっきりしています。

この時代にこれだけの規模の宮があったことが信じられません。この時代の推定人口は500万人弱。単純に現在の大阪市の人口に当てはめると10万人です。

・難波宮跡解説板

Img_3236_2
・大極殿跡
Img_3237
・大極殿跡から八角形の建物跡
Img_3239

・北側の大阪城を眺める
Img_3241

Img_3244

Img_3247
・大極殿跡から50mほど東の遺跡
Img_3230

■難波宮跡

所在 大阪市中央区法円坂

« 第32回三浦国際市民マラソン ハーフを完走しました | トップページ | 薬剤師国家試験 大幅な合格率のダウン »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/55628149

この記事へのトラックバック一覧です: 難波宮跡:

« 第32回三浦国際市民マラソン ハーフを完走しました | トップページ | 薬剤師国家試験 大幅な合格率のダウン »