無料ブログはココログ

« 旧東海道五十三次を走る (8)平塚宿から大磯宿 27町 2.9km | トップページ | 将軍足利義尚陣没の地 『鈎(まがり)の陣』跡 »

東海道八番目の宿場 大磯宿

Img_1394
平塚宿を出るとすぐ大磯宿につきます。その距離3km。川を境に宿場が並んでいます。平塚・大磯は古代から相模国の中心で国府がおかれたようです。平塚の相模国府跡は発掘により確かめられています。その後大磯の丘陵に一時国府が移動したとの推定もされています。

茅ヶ崎・平塚は土地が低く縄文時代には海岸線がかなり現在の陸地に入りこんでいました。この地に国府推定地があるのはそうした立地によると思います。

小さな宿場です。まずは大磯駅に向かいます。こちらの駅は初めて。走ってますけどね。
Img_1395_2
駅前には有名なエリザベスサンダースホームがあります。沢田美喜の努力には頭が下がります。
Img_1397
残念ながら残っているものが少なく、説明版がほとんどでした。
Img_1400

Img_1404

Img_1402
小島本陣跡
Img_1406

Img_1418
汗だくなので立ち寄りは遠慮しました。
Img_1416
上方見附の説明版
Img_1420

ちょっと愛想がない記事になってしまいました。
(撮影日 2013年7月20日)                                                               きむらよしのぶ

« 旧東海道五十三次を走る (8)平塚宿から大磯宿 27町 2.9km | トップページ | 将軍足利義尚陣没の地 『鈎(まがり)の陣』跡 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/57662965

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道八番目の宿場 大磯宿:

« 旧東海道五十三次を走る (8)平塚宿から大磯宿 27町 2.9km | トップページ | 将軍足利義尚陣没の地 『鈎(まがり)の陣』跡 »