無料ブログはココログ

« 火怨・北の英雄 アテルイ伝 | トップページ | 東京都新宿区千駄ヶ谷 沖田総司 終焉の地 »

栃木県足利市の史跡 足利氏宅跡(鑁阿寺)

Cimg0694_2
源氏の嫡流で室町幕府を成立させた足利氏の館跡です。八幡太郎源義家の三男義国が足利を領したことから源家足利氏がスタートします。

源義国は荒々しい気質だったようで生涯いろんなところでぶつかり、源家の主流から外れ足利に居を移し下野国の開拓に生涯を傾けます。足利荘は彼の時代に成立します。

義国の長男は新田荘を相続し、二男義康が足利荘を引き継ぎます。義康は院のおぼえもよく将来を嘱望されていましたが31歳の若さでなくなります。

足利を世に出したのは義康の子義兼です。早い時期から源頼朝と接触し蜂起の初期から参加します。政子の妹を妻にしたことで将軍の一門の扱いをうけます。
その後、北条氏とも縁戚となり幕府の有力大名となっていきます。

この場所に館があったのは義兼の代までのようです。義兼は全国に所領があり普段は幕府の重鎮として鎌倉に在住しています。本拠地ではあるものの足利に足を運ぶことは少なくなったはずです。義兼の次代義氏は鎌倉で生まれ鎌倉育ちだと思います。こうした背景から本拠の邸宅を整理し伽藍となしたのが現在の鑁阿寺です。

寺となっていますが周囲を堀と土塁をめぐらし中世の館の面影を伝えています。日本城郭協会が設定した日本100名城の一つです。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新田荘にはこの時代の城郭をがいくつか残ります。興味のある方にはたまらないはず。ちなみに私ははまっています。

3_2
縮尺はバラバラですが当時の気分を表す3つの城郭です。余談でした。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

参道を通り正面から眺めていきます。
Cimg0663

Cimg0659_2
Cimg0676_2
Cimg0665_2
Cimg0678_2
寺内に入り山門を振り返りました。
Cimg0649_2
Cimg0655
重要文化財の本堂です。
Cimg0644_2
Cimg0625_2
伽藍の屋根には二両引きの足利家の紋が鮮やかに。
Cimg0645_2
こちらも重文の経堂
Cimg0612_2
大銀杏がなかなかよい
Cimg0642_2


Cimg0640_2
西門
Cimg0637_2_2
東門
Cimg0633_2
平安時代の足利を想像することは難しい。しかしこの地から興った武士団の一人が京都に上って天下を制したと思うと感じさせるものがあります。

■足利市邸宅跡 鑁阿寺

 栃木県足利市

                                          木村嘉伸

« 火怨・北の英雄 アテルイ伝 | トップページ | 東京都新宿区千駄ヶ谷 沖田総司 終焉の地 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/48994119

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県足利市の史跡 足利氏宅跡(鑁阿寺):

« 火怨・北の英雄 アテルイ伝 | トップページ | 東京都新宿区千駄ヶ谷 沖田総司 終焉の地 »