無料ブログはココログ

« 『10年後の自分への手紙』が届きました | トップページ | 会社のみんなで初詣 豊川稲荷東京別院 »

東海道最大の宿場 大津 -古都大津no.5ー

■東海道最大の宿場 大津宿

10月に行われる大津祭。京都の祇園祭を継承して江戸時代に製作された13基の曳山が町をめぐります。

            ○大津祭 曳山


Cimg2671_2
            ○以前の投稿記事:http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/2010-26af.html)

曳山は江戸時代の大津町の財力をよくあらわしています。

大津籠城戦で灰燼に帰した大津町は城下町から役割を変えます。

①宿場町 ②湖上・街道を活用した物流・商業の基点 ③園城寺の門前町

こうして大津は大きな成長を迎えます。

宿場大津は東海道一の規模でした。

天保14年(1843年)当時、

   長さ 東西16町51間(約1838m)・南北1里19間(約3962m)、

   人口 14892人、家数3650軒、本陣2、脇本陣2、旅籠71軒。

中山道最大規模を誇った本庄宿が人口4554人・家数1212軒ですから全国でも有数の都市だったかもしれませんね。

■京都ー大津間の峠越え 車石

旧東海道を京都三条大橋から出発し山科駅周辺をすぎると追分という集落が登場します。この地が大津宿の京都側の境になります。

            ○横木町にある旧東海道map(国道一号線で旧東海道は切れています)

Mapcimg2333_2_2

追分の語源は道が二つに分かれるということで、大津市の追分は東海道と伏見街道の分岐点です。

            ○追分の石柱(みぎハ京みち、ひだりハふしみみちとの記載)

Cimg3295_2_2

豊臣秀吉により大津城が築かれたのですが、その理由がこの伏見街道に求められています。

坂本城があった頃は京都が政治の中心でしたが、秀吉は伏見→大坂に拠点を移します。その為街道整備が必要になりました。

大津から京都へは山中越を使っていましたが逢坂山を越えて伏見に出る方が便利になったのです。

追分は大津市街地とは峠をはさんだ立地で京都山科に近接しています。大津宿に属するのが不思議に感じていましたが、

おそらく街道分岐の追分の重要性があってのことだったのでしょう。

ところで大津ー三条間は日ノ岡、逢坂山を越えなければいけません。人馬はともかく物資輸送は大変でした。

そこで、車石という牛車を通す車道を整備しました。

            ○追分の閑栖寺に残る当時の街道(右が人馬道、左が車道)

Cimg3285_2_2

      車道を保存している場所はありますが、人馬道とセットで保存しているのは始めてみました。

      この幅の倍あったのが当時、この地域の東海道です。

Cimg3289_2_2

            ○横木にある車石の解説版

Cimg2334_2_2

追分から逢坂山、そして市街地のルートは国道と高速道路、鉄道が平行して走り当時の面影はありません。

■逢坂の関

逢坂山には逢坂の関の碑があります。

            ○逢坂山関址と解説版

Cimg2323_3_2

Cimg2324_2_2

逢坂の関は古代からの関所で、本格的に稼動したのは平安京の防衛施設としてです。

逢坂山の峠は近代にかなり掘り下げたようで当時の関所の場所はわかっていません。

この石碑は峠の一番高所にありますが、むしろ大津市街地に下りたあたりだったようです。

峠を下ると国道1号線と市街地に向かう道が分かれます。左側の下り坂が東海道で市街地に入っていきます。

■大津町

大津宿は大津百町とも呼ばれていて、文字通り百の町が存在しました。江戸時代は幕府の直轄地で

代官所が置かれていました。

宿場大津は3つの大きな通りで区分けされていて現在も変化はありません。

湖岸の埋め立てや周辺地域の開拓で町自体は拡大していますが、旧東海道、北国街道などを中心に

江戸時代の面影が残る町です。

Photo

江戸時代中期、寛保2年(1742年)写の「大津町古絵図」と見比べてみましょう。

Cimg2421

現在の地図で大津駅あたりは未開の土地でした。山側が開拓されているのがよくわかります。

京都側の境は追分でしたが、南(地図の左側)は馬場町、北(地図の右側)は尾花川町でしした。

●本陣跡、代官の墓所、近江別院

現在の京町1丁目交差点が当時は札の辻と呼ばれ、高札が掛かる行き止まりの三叉路でした。

今は浜大津まで道がつながっています。またこの周辺に本陣が置かれていました。

関が原の戦いの後、徳川家康は大津城で戦後処理をおこなっています。関が原で勝利した徳川家康は他の地域の戦闘指揮をしつつ、5日後に大津城に入りしばらく滞在します。

この間、石田三成が捕脱された城門前につながれ諸将の辱めをうける有名なシーンは大津城での出来事でした。
どの門だったのかと調べましたがわかりません。

大津城に家康が滞在したのは京極家が味方であるだけでなく、町衆に安心感があったからだと思っています。
大津は蓮如が本拠をおいた時期があり真宗強勢の町でした。この時代の法主教如は家康を支援しており町をあげての歓迎と安定を作り出していたのだと思います。

                                                                                                            きむらよしのぶ

« 『10年後の自分への手紙』が届きました | トップページ | 会社のみんなで初詣 豊川稲荷東京別院 »

古都大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/43824024

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道最大の宿場 大津 -古都大津no.5ー:

« 『10年後の自分への手紙』が届きました | トップページ | 会社のみんなで初詣 豊川稲荷東京別院 »