無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

京都の重要文化財 花街島原の「角屋」と「輪違屋」

長く近くに住んでいて、前を通ることも多かったですが一度も入りたいと思いませんでした。近所に来たついでに立ち寄りました。はるみちゃんは角屋から七条通りに向かったあたりの生まれでこの界隈で遊んだ記憶があり懐かしそうでした。


角屋は揚屋とよばれる江戸時代から始まる料亭のようなもので、当時の料亭は文化の発信の地でもあり時代の名士にも気に入られ歴史に名を残しました。京都は寺と御所以外で残っているものが少なく、こうした施設が残っているのは珍しい。

建物の見学は1階がベースでオプションが2階になっていました。2階の見学はツアー解説がつきます。
私たちはこのルールがわからうちに、観光地らしく地元のおばちゃんたちに背中を押されてオプションのチケットも購入。一人1800円。高い。

解説は「角屋もてなしの文化美術館」の館長さんだか理事長さんだかとのことでしたが、何度も腕時計を見られて早口でお年寄りも置き去りでした。“もてなし文化”なんだしね。

館内は撮影制限がありますので、可能なものだけ撮影してきました。2階と1階に新撰組の刀傷がありましたが伝承なのか実態はわかりません。絵はよいものが多かったです。じっくりと勝手に見て回る方が値打ちがあります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■島原

Cimg9586_980x726

くるっと外周をまわっても30分足らずです。京都には珍しく建物が残っています。有名な「角屋」です。好みはありますが、一度は足を運ぶべきですね。

○西門跡から旧郭に入ります。
Cimg9522_980x735
     ○角屋に向かいますが、途中に東鴻臚館址の標柱がありました。
Cimg9527_980x715
鴻臚館は古代の迎賓館で外国使節の宿泊所でした。千本通りは平安京の中央大通りにあたる朱雀大路にであり、大路の左右に鴻臚館が設置されていました。

○東鴻臚館址から正面を眺めます。突き当りは島原大門です。
Cimg9531_980x721
     手前の角の案内柱です。
Cimg9530_980x706
この角を右折すると角屋の解説板があります。標柱の表現は違和感があります。
Cimg9536_980x754
角屋は現在の料亭にあたる揚屋という施設です。江戸時代から続く花街の文化を垣間見ることができます。
私はお茶屋さんには2度ほどしか揚ったことがないので現在との比較は難しいのですがスケールは違うと感じました。さて、角屋に入ります。
Cimg9539_980x731
■外観

Cimg9547_980x734 

角屋おもてなしの文化美術館の入り口です。

Cimg9585_980x735
当時の門の内側です。暖簾が展示してありました。
Cimg9584_980x735
袖にある上がり框から玄関まわりを
Cimg9558_980x735
撮影は1階の一部だけです。2階は撮影禁止でした。ということで撮影できたところを。
Cimg9570_980x735
Cimg9559_980x735

Cimg9579_980x735
Cimg9553_980x715
Cimg9557_980x735
角屋を出て、大門に向かう途中にお茶屋の「輪違屋」さんがあります。こちらは置屋も兼ねておられるので
     太夫さんを抱えておらます。建物は京都市の指定登録文化財です。
Cimg9601
さて大門を出て堀川に向かいます。
Cimg9613_980x728
大門です。
Cimg9616_980x735
                                                 きむらよしのぶ

京都中央卸売市場85周年 市場まつり

昭和2年に日本で最初の中央卸売市場として誕生した「京都市中央卸売市場」が85周年を迎えたPRするためのイベント。
約15種類の鍋料理や全国の産地から集まった青果物、水産物の即売、バナナの
叩き売り、みかんのつかみ取り、まぐろの解体・即売、あんこうの吊るし切りなんかをやっていました。
■とりなべ

Cimg9509_2

会場はこんなかんじです

Cimg9511
    あんこうのつるし切り
Cimg9516
家を出るのが遅くなって、イベントは終了ムードでした。近所に長く住んでいましたが今日が初めて。
朝ごはんを食べずに複数の鍋を食べるつもりがいいかも。はるみちゃんはバナナのたたき売りで房100円で買っていました。

                                                    きむらよしのぶ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »