無料ブログはココログ

« 旧東海道五十三次を走る (1)日本橋から品川宿 | トップページ | 旧東海道五十三次を走る (2)品川宿から川崎宿 »

東海道 一番目の宿場 品川宿

八ツ山橋を越えて京急電鉄の踏切を過ぎたあたりから品川宿です。日本橋からわずか二里、江戸郊外の行楽地といった宿場です。京急北品川駅から青物横丁駅の間がだいたい宿場だったようです。

Cimg0089_2
町は道幅の拡張もなく商店街として賑やかです。下町の商店街としてなにやら宿場の時代を創造させてくれます。宿場の入口にある「まち歩きマップ」です。街をあげて一生懸命のようです。
  
Cimg0092_2
品川は江戸中だと思っていましたが違ったんですね。だから、幕末の志士たちはこの町に集まったのだと知りました。ちなみに江戸に向かう大名は品川で装束を整えて江戸入りしたようです。江戸から出る時はどんな使い方をしたのでしょうか?

Cimg0094_2
幕末に志士たちが集まった有名な土蔵相模の跡です。北に吉原という歓楽街がありましたが、品川にも岡場所があったようで、繁栄したのはたぶんそれが理由でしょう。

Cimg0101_2
Cimg0098_2

問答河岸 三代将軍徳川家光と沢庵和尚の問答が有名ですね。脇の道は下りになっています。今は埋め立てられていますが、江戸時代は宿場の家々のすぐ裏は海岸線でした。

Cimg0097_2
台町横町
幕末に海岸線防衛の為に「台場」が築かれました。第三台場、第四台場は現存します。この通りを進むと台場という住所が出てきます。埋め立てられましたが痕跡があります。またゆっくりやってきます。          

Cimg0103_2
Cimg0102_2
品海公園
昔は一里塚があったようです。日本橋から2里ですから8kmです。

Cimg0105_2
本陣跡 公園になっています

Cimg0108_2 
品川橋 目黒川に掛かっています。ここが北品川と南品川の境目です。

Cimg0112_2
南品川の解説版

Cimg0117_2 
新撰組もよく利用した幕府御用宿釜屋跡

Cimg0124_2
立会川駅前の坂本竜馬像

Cimg0126_2 
浜川砲台跡 竜馬がらみの史跡です。

Cimg0130_2
この宿場でもっとも印象的なのは、宿場場外れの「鈴ヶ森刑場」です。

Cimg0142
丸橋忠弥、天一坊、白井権八など芝居にもなった有名人が多数この地で処刑されています。東海道に面した処刑場で見せしめ意味が大きかったのでしょう。

Cimg0139 
品川宿はまだまだ攻め応えがありそうですがまた今度です。
    (2012年08月26日撮影:訪問)              

                                                   きむらよしのぶ

« 旧東海道五十三次を走る (1)日本橋から品川宿 | トップページ | 旧東海道五十三次を走る (2)品川宿から川崎宿 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46927391

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道 一番目の宿場 品川宿:

« 旧東海道五十三次を走る (1)日本橋から品川宿 | トップページ | 旧東海道五十三次を走る (2)品川宿から川崎宿 »