無料ブログはココログ

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (1)東山道武蔵路跡 | トップページ | 江戸四宿 千住宿 »

茨城県の史跡 古河公方館跡

今日は朝から北関東で仕事です。移動時間を利用して古河市に立ち寄りました。古河市は坂東平野の真ん中にあります。水運がよいのも特徴で渡良瀬川、利根川を利用すれば関東各地への展開が可能でした。関東のヘソといった場所ですね。このブログで初めての茨城県の史跡です。今日古河駅に着くまで栃木県だと思っていました。歴史的にも茨城県、栃木県、群馬県に関係しています。現在の市外局番は栃木県扱いで茨城県内
    の他地域は県間の通話扱いになっています。おもしろいですね。

・古河駅前の案内図Cimg0837

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

○古河公方の成立と滅亡
   
関西育ちの人間には室町時代の関東の勢力図は、理解するのが難しい。わかりにくくしているのが「公方」という存在です。歴史上は鎌倉時代から使われたようですが、定義は時代によって変わります。足利尊氏は政権を京都と鎌倉のどちらにおくかを大変迷ったようです。結局、京都で幕府を開くのですが、勢力の基盤である関東を別の組織で統治することを決めます。鎌倉府の成立です。尊氏の次男基氏を関東公方として鎌倉に送り、甲斐以東(のちに東北も追加する)を統治させます。私はこの尊氏の決断がいまだに理解できません。先々問題が起こることは目に見えていると思うのですが。関東公方は地域統治の全てを行いますから、日本を分割するようなものです。かならず、組織ストレスが起こります。


関東公方は基氏の子孫たちが継承していきますが、次第に京の幕府と対立するようになり、鎌倉公方四代持氏は幕府と決裂し兵を起こします。鎌倉公方を補佐する関東管領上杉憲実は幕府側につき持氏と対立し持氏は自害し鎌倉府は滅びます。

○鎌倉府の再興と古河公方の成立

その後、この時の勢力争いは関東を混乱に招きます。幕府は持氏旧臣の鎌倉府の再興の願いを受けて鎌倉府を再興する。持氏の遺児成氏を五代鎌倉公方としました。しかし、これでも関東の諸豪族と関東管領などの緊張関係が続き、成氏はついに関東管領上杉憲忠を謀殺しあたらな乱が勃発します。戦乱が続きますが、成氏が鎌倉を離れている間に今川家が鎌倉を襲い、成氏は古河に本拠を移します。


このように古河公方はあたらに発生したものではなく、鎌倉府が流浪を始めた第一番目の“移動政府”と理解するのが妥当です。

室町時代の後半は戦国時代となりますが、関東の戦国の扉を開けたのは北条成氏でした。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
    ○古河公方館跡
Cimg0849_2
   
足利成氏が古河に本拠を置いた時の館跡です。2年後に古河城を築き移ります。それ以降の館跡の状態はわからないことが多いのですが、豊臣秀吉の時代に当時の公方がこの館に移されたようですので、なんらかの形で拠点はあったのでしょう。

ちなみに古河の町は渡良瀬川の流れが大きく変わった為、江戸時代の城下町も残っていません。従って公方館も残っていません。

・公園に入ると公方広場なるアプローチがありました 
Cimg0841_2
右に続く通路を歩くと
Cimg0844_2
館跡へのアプローチです。民家が再現保存されていました。撮り忘れました
Cimg0846_2
突き当たりに石柱がありました。この石柱のたたずまいは好きですね
Cimg0850_2
解説版です
Cimg0855_2     
もう一つの石柱です
Cimg0852_2
石柱の後ろには土塁と空堀がありました
Cimg0862_2
周囲には沼地が広がります。周囲を沼地に守られた小高い岡が本丸に擬される部分です。
Cimg0867_2
光が緑を細かく照らしています。そろそろ秋ですね。
Cimg0858_2
縄張りを想像させる地形はたくさん残っていますから、足を運ぶ値打ちはあります。この後の古河城は渡良瀬川の土手や河川敷になっています。
   
・中世の古河城本丸跡
Cimg0872
念願の古河を訪問。成氏が古河に御所を移動させた為、幕府はあたらに公方を関東に送りますが、関東に入ることも出来ず、伊豆の韮山(北条)にとどまり堀越公方となります。私の旅もやっと韮山の公方に至りました。

堀越公方を襲撃し、これを追ったのは伊勢新九郎、北条早雲です。これはのちほど。

 ■古河公方館跡
   所在地    茨城県古河市鴻巣 古河総合公園内
   アクセス JR古河駅よりタクシーで10分
                                                         きむらよしのぶ

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (1)東山道武蔵路跡 | トップページ | 江戸四宿 千住宿 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/47026282

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県の史跡 古河公方館跡:

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (1)東山道武蔵路跡 | トップページ | 江戸四宿 千住宿 »