無料ブログはココログ

« 横浜市歴史資料館 企画展『生麦事件と横浜の村々』 | トップページ | このクールNO.1ドラマ 『薄桜記』 最終回 »

感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い

    “難儀やなぁ”と思うことがありました。小さなことですが一事が万事です。自宅近くの停留所からバスにより、
    二つ目の停留所で小さな事件がありました。近所の中学のソフトボール部の子達が乗り込んできて15名ほどが
    乗車したところで誰かが乗り間違いに気がつきました。先生かも生徒かもしれませんが乗車している私にはわ
    かりません。乗った子達は16名。みんなパスモを使っているので返金には時間が掛かりました。

    子達以外に乗車しているのは5名程度だったと思います。

    乗務員は勝手に返金することは出来ないようで本部に確認して進めていきます。そんな途中先生が手数を掛け
    ていることに恐縮したのか「私が払います」とおっしゃいました。乗務員さんは取り上げず、粛々と処理を進めて
    いきました。


    手続きが終わりました。実に10分が経過しています。


    窓の外では先生と子供たちがわいわい言っています。


    子供たちが乗務員や乗車した客に侘びのアクションはしめしませんでした。

    先生からの侘びのアクションもありませんでした。



    こんな子供時代を送っていて、面白い大人にはならんわなぁ

    
    難儀やなぁ~
 
                                                  きむらよしのぶ

« 横浜市歴史資料館 企画展『生麦事件と横浜の村々』 | トップページ | このクールNO.1ドラマ 『薄桜記』 最終回 »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/47184017

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い:

« 横浜市歴史資料館 企画展『生麦事件と横浜の村々』 | トップページ | このクールNO.1ドラマ 『薄桜記』 最終回 »