無料ブログはココログ

« 感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い | トップページ | 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (2)武蔵国分寺跡 »

このクールNO.1ドラマ 『薄桜記』 最終回

    BSの連続ドラマで、来クールからは総合テレビに登場します。こんな展開がでるようになるものなんですね。

    忠臣蔵のストーリーが背景にある時代劇で、NHKらしいストイックさと武家社会の倫理観を上手に表現した作品
    です。主人公丹下典膳演じる山本耕史さん、妻役の柴本幸さんを初めとして悪人がいないが泣かせるシーンが
    多い。

    この作品は前半から山場がある。旗本で剣客である丹下典膳が妻を守るために筋を通して左腕を失います

    そのことで改易され浪人となった典膳は市井の心ある人々とあらたなる人生をはじめますが、輪廻は断ち切れ
    ず人生を全うすることが出来ません。しかし最後の言葉は「死に場所を見つけた」でした。泣ける最後てした。
    

    絶品でした。
                                                      きむらよしのぶ

                          

« 感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い | トップページ | 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (2)武蔵国分寺跡 »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/47186147

この記事へのトラックバック一覧です: このクールNO.1ドラマ 『薄桜記』 最終回:

« 感謝と詫びの気持ち バスの乗り間違い | トップページ | 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (2)武蔵国分寺跡 »