無料ブログはココログ

« 東京都の史跡 大森貝塚 | トップページ | 静岡県韮山町の史跡 韮山城跡 北条早雲の関東進出 »

旧東海道五十三次を走る (5)保土ヶ谷宿から戸塚宿

(5)保土ヶ谷宿を出発 戸塚宿で終了   2012年9月2日

Photo_2     
    
権太坂をひいひい言って登り保土ヶ谷宿の境木立場で一休み。境木地蔵尊前は風も通ってほっとする平地。
地蔵尊前から出発するとまずは坂を下ります。


・焼餅坂 
江戸時代、この坂のロードサイドには焼餅を売るお店があったようです。ここから一気に下ります。
    Cimg0411_2_2
焼餅坂を下りまた坂を上ります。この辺りは上り下りが多い。しかし、丘の上の景色がよくて気持ちがいい。
丘を登り始めると両側に小さな森が登場します。一里塚の跡です。

・品濃一里塚
品濃一里塚は当時の状態のままで残っている数少ない塚です。一里塚は道の両側に塚を築きます。
Cimg0428_2_2
(南側から見た信濃一里塚。道が旧街道です。道幅も当時のままです)

片側だけ残っているものはありますが、品濃一里塚は両側が残っています。街道の道幅も当然当時のままですから立地や木陰で休憩するような雰囲気など味わい深い。一里塚は塚があるだけですから遺跡が出るようなものではありません。雰囲気を楽しみましょう。私はランニング途中なのでこのあたりで。
Map 
向かって左側が東塚。塚に上るのは先に進んで左折して回り込んだら公園入口が。西塚は直接上れます。
Cimg0419_2_2
西塚の標柱
Cimg0415_2_2
東塚の入口 岡の向こう側が街道です
 Cimg0427_2_2
西塚にある案内板
Cimg0417_2_2
さてゆるやかに坂を上り右折すると東戸塚駅です。
Cimg0429_2_2
今度は信濃坂 下り坂です。この間は尾根歩きのようで景色がよい。
Cimg0432_2_2
この先は階段と路線橋に変わっています。
Cimg0437_2_2
信濃坂下の説明版
Cimg0434_3_2路線橋から北側の東戸塚駅周辺を眺めます
Cimg0439_2_2
このあたりで半分が終了。ここから先は普通に街中を走っているような景色です。国道1号線を渡ります。
Cimg0441_2
説明版が充実しているのでルートを迷うことはありません。今回調べてきていないので助かりました。

不動坂の手前に天然記念物のモチノキがありました。見事でした。

Cimg0444_2
国道一号線沿いを走っていましたが、だけ併走する旧道に入ります。
Cimg0446_2
街道筋の旧家が登場します。ぼちぼち宿場です。
Cimg0448_2
旧道からこの川沿いを通って再び国道1号線に戻ります。
Cimg0450_2
国道1号線に戻り、あとはひたすら一号線。走りにくいのが難点です。
Cimg0452_2

ファミリーレストランの前に戸塚宿の江戸方見附跡を発見しました。全く愛想ないですが戸塚宿に到着です。
Cimg04582

戸塚宿はなんどか来ていますが、見附から眺めるのは初めてです。

    

■日本橋 → 戸塚宿 10里18町(41.2km)

« 東京都の史跡 大森貝塚 | トップページ | 静岡県韮山町の史跡 韮山城跡 北条早雲の関東進出 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46981675

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道五十三次を走る (5)保土ヶ谷宿から戸塚宿:

« 東京都の史跡 大森貝塚 | トップページ | 静岡県韮山町の史跡 韮山城跡 北条早雲の関東進出 »