無料ブログはココログ

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (3)武蔵国分尼寺跡 | トップページ | 国分寺市重要史跡 『伝鎌倉街道』 »

史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (4)参道口

Photo_3                                            (武蔵国分寺周辺地図)

●珍しい道路跡 「参道口」

武蔵国分寺跡国分尼寺跡の間に東山道武蔵路が走っていました。南に向かうと武蔵国府がありました。
参道口は古代の三叉路で、北に向かう道は武蔵国分寺に向かいま、西北に向かう道は東山道武蔵路か国分尼寺に、南東に向かう道は武蔵国府に向かっていたようです。国府と国分寺を繋ぐ道の遺跡は全国でも例がありません。また、北に向かう道の両脇から門柱状遺構が発見されました。これも珍しい。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

武蔵国分寺の中門址を通り南下します。突き当たりが東八道路です。信号がなく直進は出来ません。東八道路を左折してすぐの信号で対岸に渡りこの道の続きを進みます。
Cimg2214
東八を超えて、国分寺からの直線の道に戻ったら、すぐ遺跡公園が出てきます。『万作の木公園』の由来は何なのでしょうか。かわいらしいですね。

Cimg1798
道の色が変わっています。これが発掘された参道跡です。向かって右が国分寺へ。直進は東山道武蔵路か国分尼寺に。
Cimg2241
解説版
Cimg2226
解説版の解説部分
Cimg2226_2
解説版 発掘現場と参道口の相関関係地図
    Cimg2232
解説版 周辺地図と参道口の全体図
2_cimg2226
武蔵国分寺方面への道 正面のお宅も気の毒ですね。道幅は以外に狭い。両脇の門柱状遺構跡です。
大きな門ではなかったのでしょう。
Cimg1813
Cimg2236
門柱状遺構の推定図
こうした門の情報を持たないのでよくわからない。
Cimg2236_2 
南側です。
Cimg2237   

■武蔵国分寺跡 参道口
所在地  府中市栄町3
アクセス 北府中より徒歩7分
                                                    きむらよしのぶ

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (3)武蔵国分尼寺跡 | トップページ | 国分寺市重要史跡 『伝鎌倉街道』 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/47263578

この記事へのトラックバック一覧です: 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (4)参道口:

« 史跡 武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 (3)武蔵国分尼寺跡 | トップページ | 国分寺市重要史跡 『伝鎌倉街道』 »