無料ブログはココログ

« 東京都三鷹市の史跡 新撰組局長近藤勇の生家と道場跡 | トップページ | 伊豆、沼津、小田原で史跡散歩してきました »

東京都板橋区の史跡 新撰組局長近藤勇の墓

JR埼京線板橋駅前に近藤勇の墓がある。今日は栃木県宇都宮市に朝から仕事で帰りに途中下車してみた。

既に数年前に訪れていますが、なんとなく。先週生家を訪ねたからかもしれません。

近藤勇の末路き哀れです。活躍した京の地を鳥羽伏見の敗戦で追われ江戸に戻ります。部隊を再編成し新政府軍を迎え撃つために、甲州に向かいますが敗戦します。再度兵をかき集め、下総の流山に屯集しますが、包囲され降伏します。

政府軍は大久保と改名していた近藤勇の正体を知り、流山から板橋宿に連行し尋問を開始する。
政府内では、降伏してきた勇の処遇に関して意見が分かれましたが最後この板橋で斬首されました。
敗軍の将というよりは罪人の扱いだったのです。

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

近藤勇の墓所は数箇所に存在します。理由は罪人扱いだったからです。先日訪れた生家の近くには勇の生家宮川家の菩提寺龍源寺があり、ここにも墓所があります。

○龍源寺

Cimg9534
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○板橋駅前 近藤勇の墓と斬首跡推定地
板橋に連行され数日間、取調べがあり政府軍内で処遇をめぐる対立の時間がありましたが、結局は宿場外れの刑場の露と消えます。その場所が板橋駅前にあたります。
Cimg9709
いくつかの資料を見ると、現在の墓は新撰組で同士だった永倉新八が後年設立した供養塔のような位置づけのようです。刑が執行されたのは現在の墓の位置から少し北に上った場所であったようです。

○近藤勇の墓 駅の東口を出るとほぼ正面に
1cimg9682
○墓域全体  
3cimg9688 
○近藤勇と土方歳三の墓となっています
2cimg9686
○永倉新八の墓
4cimg9691
○供養塔解説
6cimg9696
この墓から北に少し行くとこんもりとした堤防のような場所に至ります。その信号のある交差点あたりが板橋刑場の跡といわれています。なにも痕跡は残っていませんが、近藤勇が斬首されたのはこのあたりのようです。私としてはそのほうが感慨深い。
7cimg9703

今日はこれだけです。朝の出発が早かったから眠いこと。板橋宿も訪ねたいが遊んでばかりもいられないのです。                                              きむらよしのぶ

« 東京都三鷹市の史跡 新撰組局長近藤勇の生家と道場跡 | トップページ | 伊豆、沼津、小田原で史跡散歩してきました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46810074

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都板橋区の史跡 新撰組局長近藤勇の墓:

« 東京都三鷹市の史跡 新撰組局長近藤勇の生家と道場跡 | トップページ | 伊豆、沼津、小田原で史跡散歩してきました »