無料ブログはココログ

« 東京都調布市の史跡 扇谷上杉家の中世城郭 国史跡深大寺城跡 | トップページ | 京都市の史跡 史跡御土居3(北区紫竹上長目町・堀川町、上京区寺町広小路) »

史上最大の決戦地 天下分け目の関ヶ原古戦場

日本人は決して好戦的な民族ではないが、歴史の転換期には存亡をかけた多くの戦いが行われてきた。

岐阜県不破郡関ヶ原町は国家の存亡を決めた2つの大きな戦いが行われた場所です。一つは壬申の乱。
弘文天皇軍と大海人皇子軍の一戦が行われ、美濃からの援軍を得て大海人軍は勝利し近江に進軍。
近江朝は防戦の甲斐なく滅亡する。国内で反乱軍が勝利した珍しい例です。

二つ目は徳川家康と石田三成を主軸として行われた天下分け目の攻防戦です。国内を二分したこの戦闘はたった一日で勝敗が決まります。これも珍しいことです。

会社のメンバーと久しぶりに古戦場を訪ねました。子供の頃から何度も足を運んでいますが最後は10年ほど前か?! 今回訪問したのは地図に青いラインを引いた場所だけです。天気が今一歩だったので自転車で大急ぎでまわりました。

●関ヶ原古戦場MAP(関ヶ原町観光ガイドブックより)

Photo_3
関ヶ原は江戸時代から政権発足の聖地として大事にされいて保存が行き届いています。交通の要衝であるので町ぐるみの保存は大変だったと思います。現在は町全体が史跡指定されています。まずは関ヶ原町歴史民俗資料館で全体像を確かめてからスタートしました。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・関ヶ原の立地
山に挟まれた土地で真ん中を中仙道が通っています。北西部の標高が高く石田三成が陣を敷いた笹尾山が扇状地の入口のような場所になります。ということでまずは北部の烽火場に向かいました。

○岡山(丸山)烽火場/黒田長政・竹中重門陣跡
  関ヶ原の本戦は東軍先方の福島正則を出し抜き、西軍に踊りかかった松平忠吉・井伊直政軍が火蓋を切りました。恐らく、この小競り合いを受けて全軍に合図を送ったのがこの烽火場です。東軍内で謀才を発揮した黒田長政と豊臣秀吉の謀将で有名な竹中半兵衛の嫡男重門が烽火をあげたことに時代の変化を感じます。
    

①関ヶ原バイパスから山に入る。5分程度でこの看板が。熊が出るらしい?!

Cimg9010
②上りきると石柱が。

Cimg9014
③解説版

Cimg9016
④戦場を眺める。正面やや右の小山は南天満山でしょう。宇喜田秀家陣跡です。 

Cimg9028
○ちなみに開戦地。雷の音が凄く離れた場所から写真だけです。

Cimg9074
しかしこの古戦場は大変狭い。両軍の動員戦力は諸説ありますが少なく見積もっても10万人が動員されたはず。平地戦には参加しなかった毛利軍・長宗我部軍を除いても7~8万人。特に前線はぎっしりだったのではと思います。こんなことを考えながら、戦場に下りて前線に向かいます。

○笹尾山・石田三成陣跡
関ヶ原は笹尾山付近からの川で出来た平野のようで扇状地の頂に陣跡があります。絶好の立地でした。

西軍には負ける理由がたくさんありますが、一番は主将が定まっていないことです。名目の大将は毛利輝元、実質の指導者は石田三成。こんなことでは生死をかけた戦いなどできるはずもありません。
三成軍は島左近、舞兵庫と、聞こえた武将が奮闘するが友軍の裏切りが発生し敗戦を迎えます。
①陣を正面より 先鋒島左近の陣跡です。
Cimg9043
②馬防ぎ

Cimg9053
③島左近陣地 解説版

Cimg9051
④三成陣地の石柱 寂しげです

Cimg9063
⑤解説版

Cimg9062
⑥展望台? 戦場が一望できます。

Cimg9059
⑦陣形図

Cimg9066   
三成の陣の正面にあるのが「決戦地」です。西軍諸将の裏切りで勢いづいた東軍は最後まで奮戦する
三成軍に向かいます。悲しい末路ですね。私は関西人なのでどうしても西軍贔屓です。

○決戦地
 ①石柱

Cimg9034
 ②解説版

Cimg9039
さて決戦地の南東600mほどに陣場野があります。徳川家康の最後の陣跡です。

○床几場・徳川家康最後陣跡
 この場所に来るたびに徳川家康の凄さを感じます。開戦時家康の本陣は桃配山にありました。
 この陣場野とは2kmもあります。朝8時頃開戦し、まもなく戦闘の真っ只中に本軍を進めるのです。
 このあたりの呼吸が家康に天下をとらせたのだと思います。

江戸時代この地は聖地として大事にされました。領主である竹中家に命じて土塁を作らせています。
①解説版

Cimg8985
②陣場野

Cimg8989
ということは家康が黒田長政の手を握って感謝を述べたのはこの場所なんでしょうね。

さて今回はこれでおしまいですが、最後に島津義弘の陣跡を通りました。

    
○島津義弘陣跡
 雷がなっているので写真のみです。西軍の敗戦が決定し島津軍は敵中突破し本国に退却します。
名高い「島津の退き口」が始まります。ほぼ正面には家康の本軍があります。陣場野直前で方向を替え伊勢街道に向かいます。戦国の華ですが取材が不十分なのでまた今度にします。

Cimg9070

ということで大急ぎの関ヶ原散歩でした。(2012年8月11日訪問:撮影)

ちなみにもう一つ。関ヶ原はパンフレットがかなり充実しています。別のMAPも乗せておきます。
今回まわった場所です。
Cimg0162_2                                                          きむらよしのぶ

« 東京都調布市の史跡 扇谷上杉家の中世城郭 国史跡深大寺城跡 | トップページ | 京都市の史跡 史跡御土居3(北区紫竹上長目町・堀川町、上京区寺町広小路) »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46847166

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最大の決戦地 天下分け目の関ヶ原古戦場:

« 東京都調布市の史跡 扇谷上杉家の中世城郭 国史跡深大寺城跡 | トップページ | 京都市の史跡 史跡御土居3(北区紫竹上長目町・堀川町、上京区寺町広小路) »