無料ブログはココログ

« 静岡県韮山町の史跡 蛭ヶ小島 源頼朝流刑の地 | トップページ | 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 »

静岡県韮山町の史跡 北条氏館跡と山木兼隆屋敷跡 頼朝の挙兵

○頼朝と政子

頼朝は蛭ケ小島で17年が過ぎ地元の豪族である北条氏の嫁をもらう。この嫁、のちの尼将軍北条政子である。

政子の父時政は韮山の目代山木兼隆に政子を嫁がせようとするが、これを嫌った政子は館を抜けだし頼朝のもとに走ります。

頼朝は驚いたでしょう。山木判官の追求を恐れた二人は伊豆山権現に逃げ込み保護をうけます。その後頼朝は北条館に住み、政子は子を成します。当日の北条氏は韮山の小豪族で頼朝が頼りにするほどではなかったはずですが、流刑以来初めて基盤を持ったと言えます。

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●国史跡 北条氏館跡
狩野川沿いで守山のすそ野に屋敷跡はあります。発掘調査は継続しておこなわれています。鎌倉幕府の滅亡後北条一族の女性が鎌倉から韮山に戻ります。発掘の結果平安時代から室町時代にかけての生活の跡が見つかっています。(私が映り込んじゃいました) 

    解説版
Cimg9895_2
公園整備の予定ですが、今は放置状態です。

Cimg9891_2 
守山の遺跡群案内図
守山の周囲は北条氏に関連する遺跡がおおい。北条一族は長くこの地に住まいしたからだと思います。    

Cimg9896
上記地図の⑦に頼朝のはじめの妻である八重姫の入水伝承地がありました。

Cimg9908_2
また、②には北条政子の産湯之井戸があります。
井戸は個人のお宅にあるのでそっと写真だけいただきました。

Cimg9871
③成福寺は北条氏の別邸して頼朝・政子が住まいした跡のようです。

Cimg9856 
解説版

Cimg9862
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

○挙兵

家庭を持って3年後、頼朝のもとに彼の人生のみならず歴史をいっぺんさせる使者が訪れます。

蜂起を促す以仁王の令旨が届いたのです。1180年、流人となって20年後のことです。以仁王の令旨は各地の豪族に渡りますが時間差が生じ、その間に叛乱の計画は漏れてしまいます。以仁王は追い込まれて挙兵し滅亡します。


頼朝はこうした動きを一旦は静観をしますが、平家の追及の手が迫ることを知り、源家にゆかりの豪族に協力を要請し挙兵をします。

挙兵の第一矢は韮山の目代である山木判官兼隆に向けられます。目代屋敷を襲撃し兼隆を討ち取ります。

●山木判官兼隆屋敷跡
韮山の平地から少し上った丘にあったようです。現在は以下の看板が物悲しさを伝えています。

Cimg9852
その高台のあたりです

Cimg9850
わかりにくいので地図を用意しました。
Photo
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

山木判官を討ち取った頼朝軍は韮山から相模国土肥郷(現在の湯河原)を目指して出発します。


■北条氏館跡
 住所   静岡県伊豆の国市寺家13
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩15分

■山木判官兼隆館跡
 住所   静岡県伊豆の国市韮山山木807
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩20分

■成福寺(源頼朝・政子館跡)
 住所   静岡県伊豆の国市四日市981
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩9分

« 静岡県韮山町の史跡 蛭ヶ小島 源頼朝流刑の地 | トップページ | 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46874794

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県韮山町の史跡 北条氏館跡と山木兼隆屋敷跡 頼朝の挙兵:

« 静岡県韮山町の史跡 蛭ヶ小島 源頼朝流刑の地 | トップページ | 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 »