無料ブログはココログ

« 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 | トップページ | フジサンケイクラシック2012 富士桜カントリーに行ってきました »

静岡県沼津市の史跡 興国寺城跡 北条早雲の居城 

○北条早雲と興国寺城    

室町時代後期から江戸時代初期まで存在した興国寺城は駿河国東部の重要拠点でした。

成立の時期や築城者は不明ですが、城主で最も有名なのは伊勢新九郎盛時、のちの早雲庵宗瑞、通称北条早雲です(以降早雲)。早雲の出自は近年見直されています。徒手空拳で戦国を切り開き関東に勢力をはった梟雄と言われてきましたが、どうやら室町幕府の官僚で中央政庁との指示の元で、関東の安定に尽力した武将であったというのが定説となってきました。

興国寺城は駿河に赴き家督を含めた今川家の政権安定に寄与した褒美に早雲に与えられた城です。
 
興国寺城からは伊豆の山々がはっきりと見えます。以前の早雲、素浪人説ではこの景色を眺めながら、
伊豆進出の方法を練ったというところでしょうが、実態は異なるようです。

○早雲の伊豆侵攻

関東は幕府の初期の頃より鎌倉公方(通称)が統治をしていましたが、代を重ねるほどに京の将軍家と対立するようになってきます。永享の乱、享徳の乱を通じて幕府と鎌倉公方の争いを続き、一度鎌倉公方は断絶します。この時代、複雑です。新たに足利成氏が鎌倉公方となりますが、また幕府と揉め、鎌倉を追われ古河に逃れここで古河公方と名乗ります。またややこしいのですが、成氏を鎌倉から追い払った為に京からは次の公方を関東に差し向けるのですが、戦乱で鎌倉に入れず伊豆に滞在し堀河公方を名乗ります。

早雲が興国寺城に入ったのはこの時期で、関東には二人の公方が存在し争っていました。早雲が伊豆に乗り出したのは幕府との連携で、この事態の整理の為だったとの説が主流となっています。
ちなみに早雲が伊豆に占領した時点で興国寺城は今川家の所有に戻ります。このことを見ても早雲の単独行動ではなかったはずです。

○早雲以降の興国寺城

これ以降甲斐の武田、駿河の今川、相模の北条の攻防の地となり領主は何度も変わります。

最後は徳川時代初期。関ヶ原の戦い後天野康景が、1万石で入封するも部下を庇って城から出奔します。
そのため興国寺藩は改易となり慶長12年(1607年)3月に廃城となります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●興国寺城の立地
駿河の東部にあり愛鷹山が海に迫っていて甲州・関東からの兵を防ぐには絶好の立地です。
この城のことは司馬遼太郎の『箱根の坂』で初めて知りました。念願の訪問で感激していました。
Photo_2
(1)原駅から今回もランニング。興国寺城通りに入る。駅から徒歩で30分ほど。

Cimg9937_2
(2)この通りの突き当たりが城跡です。見えているあたりは三ノ丸跡。

Cimg9938_2
(3)縄張り
北曲輪を新幹線が通っていますが、縄張りははっきりと残っています。中世城郭としては秀逸です。
規模は小さいが、舌状の丘陵地と周囲の堀をうまく配置した城です。

2_2
(4)車で入れます。左右は三ノ丸跡です。

Cimg9944_2 
(5)段差が二の丸と三ノ丸の境

Cimg9946_2
(6)本丸と正面は天守台 土塁の高さは秀逸です

Cimg9948_2
(7)本丸跡には穂見神社

Cimg9950_2
(8)北条早雲碑

Cimg9954_2
(9)解説版

Cimg9955_2
(10)最後の城主天野三郎兵衛康景碑

Cimg9956_2
(11)部下を庇って城から逐電し、世を捨ててしまいました。素晴らしい人物でした。

Cimg9958_2
(12)天主から続く土塁 この先に西櫓台があります。

Cimg9963_2 
(13)天守台跡 天主はなかったのでしょうけど。

Cimg9965_2
(14)大空堀 かなりの規模です。中世の城郭では珍しい。

Cimg9966_2
(15)西櫓台から  空の先に見える山々は西伊豆。早雲が攻め込んだ韮山はあの山の向こうです。

Cimg9967_2
(16)天守台北側の大空堀

Cimg9973_2
関西では北条早雲の事跡に接することがありません。今回念願がかないました。また、興国寺城は名将早雲の居城として十分な特殊性を持っています。北条氏はその後独特の築城術で歴史的な城を残しますが、どうも早雲が果たした役割が大きいと思いました。
    (2012年8月25日撮影:訪問)

■興国寺城跡
 所在地  静岡県沼津市根古屋
 アクセス JR原駅より徒歩30分
                                                         きむらよしのぶ

« 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 | トップページ | フジサンケイクラシック2012 富士桜カントリーに行ってきました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/46852999

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県沼津市の史跡 興国寺城跡 北条早雲の居城 :

« 神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦 | トップページ | フジサンケイクラシック2012 富士桜カントリーに行ってきました »