無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

静岡県沼津市の史跡 興国寺城跡 北条早雲の居城 

○北条早雲と興国寺城    

室町時代後期から江戸時代初期まで存在した興国寺城は駿河国東部の重要拠点でした。

成立の時期や築城者は不明ですが、城主で最も有名なのは伊勢新九郎盛時、のちの早雲庵宗瑞、通称北条早雲です(以降早雲)。早雲の出自は近年見直されています。徒手空拳で戦国を切り開き関東に勢力をはった梟雄と言われてきましたが、どうやら室町幕府の官僚で中央政庁との指示の元で、関東の安定に尽力した武将であったというのが定説となってきました。

興国寺城は駿河に赴き家督を含めた今川家の政権安定に寄与した褒美に早雲に与えられた城です。
 
興国寺城からは伊豆の山々がはっきりと見えます。以前の早雲、素浪人説ではこの景色を眺めながら、
伊豆進出の方法を練ったというところでしょうが、実態は異なるようです。

○早雲の伊豆侵攻

関東は幕府の初期の頃より鎌倉公方(通称)が統治をしていましたが、代を重ねるほどに京の将軍家と対立するようになってきます。永享の乱、享徳の乱を通じて幕府と鎌倉公方の争いを続き、一度鎌倉公方は断絶します。この時代、複雑です。新たに足利成氏が鎌倉公方となりますが、また幕府と揉め、鎌倉を追われ古河に逃れここで古河公方と名乗ります。またややこしいのですが、成氏を鎌倉から追い払った為に京からは次の公方を関東に差し向けるのですが、戦乱で鎌倉に入れず伊豆に滞在し堀河公方を名乗ります。

早雲が興国寺城に入ったのはこの時期で、関東には二人の公方が存在し争っていました。早雲が伊豆に乗り出したのは幕府との連携で、この事態の整理の為だったとの説が主流となっています。
ちなみに早雲が伊豆に占領した時点で興国寺城は今川家の所有に戻ります。このことを見ても早雲の単独行動ではなかったはずです。

○早雲以降の興国寺城

これ以降甲斐の武田、駿河の今川、相模の北条の攻防の地となり領主は何度も変わります。

最後は徳川時代初期。関ヶ原の戦い後天野康景が、1万石で入封するも部下を庇って城から出奔します。
そのため興国寺藩は改易となり慶長12年(1607年)3月に廃城となります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●興国寺城の立地
駿河の東部にあり愛鷹山が海に迫っていて甲州・関東からの兵を防ぐには絶好の立地です。
この城のことは司馬遼太郎の『箱根の坂』で初めて知りました。念願の訪問で感激していました。
Photo_2
(1)原駅から今回もランニング。興国寺城通りに入る。駅から徒歩で30分ほど。

Cimg9937_2
(2)この通りの突き当たりが城跡です。見えているあたりは三ノ丸跡。

Cimg9938_2
(3)縄張り
北曲輪を新幹線が通っていますが、縄張りははっきりと残っています。中世城郭としては秀逸です。
規模は小さいが、舌状の丘陵地と周囲の堀をうまく配置した城です。

2_2
(4)車で入れます。左右は三ノ丸跡です。

Cimg9944_2 
(5)段差が二の丸と三ノ丸の境

Cimg9946_2
(6)本丸と正面は天守台 土塁の高さは秀逸です

Cimg9948_2
(7)本丸跡には穂見神社

Cimg9950_2
(8)北条早雲碑

Cimg9954_2
(9)解説版

Cimg9955_2
(10)最後の城主天野三郎兵衛康景碑

Cimg9956_2
(11)部下を庇って城から逐電し、世を捨ててしまいました。素晴らしい人物でした。

Cimg9958_2
(12)天主から続く土塁 この先に西櫓台があります。

Cimg9963_2 
(13)天守台跡 天主はなかったのでしょうけど。

Cimg9965_2
(14)大空堀 かなりの規模です。中世の城郭では珍しい。

Cimg9966_2
(15)西櫓台から  空の先に見える山々は西伊豆。早雲が攻め込んだ韮山はあの山の向こうです。

Cimg9967_2
(16)天守台北側の大空堀

Cimg9973_2
関西では北条早雲の事跡に接することがありません。今回念願がかないました。また、興国寺城は名将早雲の居城として十分な特殊性を持っています。北条氏はその後独特の築城術で歴史的な城を残しますが、どうも早雲が果たした役割が大きいと思いました。
    (2012年8月25日撮影:訪問)

■興国寺城跡
 所在地  静岡県沼津市根古屋
 アクセス JR原駅より徒歩30分
                                                         きむらよしのぶ

神奈川県小田原市の史跡 石橋山の戦い 頼朝の敗戦

(前回より続くhttp://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-050c.html)


○土肥郷に軍を進める

挙兵した頼朝軍48人は現在の函南町を越えて熱海海岸に出たようです。山木兼隆を打ったのは8月17日。
8月20日には土肥郷(湯河原)に到達しています。しかし頼朝の挙兵は平家軍に知られ関東の諸将は迎撃にやってきます。平家軍3000名、頼朝軍300名。8月23日夜、遅れていた三浦軍が頼朝軍に合流するのを恐れた平家軍は豪雨の中、夜戦に乗り出します。

○石橋山の戦い

海岸線は平地がほとんどなく、谷を挟んで両軍は山の上に布陣します。兵力差は大きく、後方からは伊東祐親も軍を進め、頼朝軍は挟うちになります。衆寡敵せず、頼朝軍は分散して退却をします。
頼朝軍の先陣は佐奈田与一義忠。死を覚悟した与一は華美な装束で敵をひきつけ、剛勇俣野景久と組み、首をかききろうとするも血糊で刀の鞘が抜けず、背後から迫った敵に首を預けることになりました。
頼朝は僅かな従者ともに山中に退き、退却に成功する。石橋山の戦いは頼朝軍の大敗で終わります。
頼朝一行が洞窟に隠れていたのを、梶原景時が見逃す、有名な情景がこのときおこります(湯河原、ししどの窟)。

10年後、頼朝は三島、箱根、伊豆山を参拝し、途中この地を訪れ与一を思い出し涙したと伝えられています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

8月25日韮山から石橋山古戦場に立ち寄りました。車ではよく通るのですが、ぼやっとしていると気づかず行き過ぎることが多いので、今回は自分の足でいってみました。早川駅から往復5kmほどです。

(1)早川駅に到着 ホームの先に見えるのが石橋山古戦場
Cimg0023_2
(2)早川駅から135号線を南に進むとこの看板が登場します。歩くと30分弱です。
2cimg9989_2
(3)坂をのぼります
3cimg9994_2
(4)少し上ると右折します。その角にある看板です。錆具合がいい。
4cimg9995_2
(5)また坂が続きます。
6cimg0017_4
(6)この山は猿がいっぱいです。歩くのは危ないかも? 駐車場はあるので。
7cimg0017_3
(7)トンネルの上から。この絵柄きれいですね。
5cimg9997_2
(8)登りきると石碑が登場
9cimg9999_2 
(9)頼朝軍の先鋒 佐奈田与一討死の地
10cimg0002_2 
(10) 霊社への階段です。
11cimg0013_2
(11)佐奈田霊社の社殿

12cimg0009_2
(12)解説版
13cimg0005_2 
(13)与一塚 佐奈田与一を弔った塚
14_cimg0011
(14)解説版
20cimg0015_2_2
(2012年8月25日訪問:撮影)

■石橋山古戦場
 所在地  神奈川県小田原市石橋
 アクセス JR早川駅より徒歩40分(霊社には駐車場があります)
                                                                                                                          きむらよしのぶ

静岡県韮山町の史跡 北条氏館跡と山木兼隆屋敷跡 頼朝の挙兵

○頼朝と政子

頼朝は蛭ケ小島で17年が過ぎ地元の豪族である北条氏の嫁をもらう。この嫁、のちの尼将軍北条政子である。

政子の父時政は韮山の目代山木兼隆に政子を嫁がせようとするが、これを嫌った政子は館を抜けだし頼朝のもとに走ります。

頼朝は驚いたでしょう。山木判官の追求を恐れた二人は伊豆山権現に逃げ込み保護をうけます。その後頼朝は北条館に住み、政子は子を成します。当日の北条氏は韮山の小豪族で頼朝が頼りにするほどではなかったはずですが、流刑以来初めて基盤を持ったと言えます。

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●国史跡 北条氏館跡
狩野川沿いで守山のすそ野に屋敷跡はあります。発掘調査は継続しておこなわれています。鎌倉幕府の滅亡後北条一族の女性が鎌倉から韮山に戻ります。発掘の結果平安時代から室町時代にかけての生活の跡が見つかっています。(私が映り込んじゃいました) 

    解説版
Cimg9895_2
公園整備の予定ですが、今は放置状態です。

Cimg9891_2 
守山の遺跡群案内図
守山の周囲は北条氏に関連する遺跡がおおい。北条一族は長くこの地に住まいしたからだと思います。    

Cimg9896
上記地図の⑦に頼朝のはじめの妻である八重姫の入水伝承地がありました。

Cimg9908_2
また、②には北条政子の産湯之井戸があります。
井戸は個人のお宅にあるのでそっと写真だけいただきました。

Cimg9871
③成福寺は北条氏の別邸して頼朝・政子が住まいした跡のようです。

Cimg9856 
解説版

Cimg9862
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

○挙兵

家庭を持って3年後、頼朝のもとに彼の人生のみならず歴史をいっぺんさせる使者が訪れます。

蜂起を促す以仁王の令旨が届いたのです。1180年、流人となって20年後のことです。以仁王の令旨は各地の豪族に渡りますが時間差が生じ、その間に叛乱の計画は漏れてしまいます。以仁王は追い込まれて挙兵し滅亡します。


頼朝はこうした動きを一旦は静観をしますが、平家の追及の手が迫ることを知り、源家にゆかりの豪族に協力を要請し挙兵をします。

挙兵の第一矢は韮山の目代である山木判官兼隆に向けられます。目代屋敷を襲撃し兼隆を討ち取ります。

●山木判官兼隆屋敷跡
韮山の平地から少し上った丘にあったようです。現在は以下の看板が物悲しさを伝えています。

Cimg9852
その高台のあたりです

Cimg9850
わかりにくいので地図を用意しました。
Photo
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

山木判官を討ち取った頼朝軍は韮山から相模国土肥郷(現在の湯河原)を目指して出発します。


■北条氏館跡
 住所   静岡県伊豆の国市寺家13
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩15分

■山木判官兼隆館跡
 住所   静岡県伊豆の国市韮山山木807
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩20分

■成福寺(源頼朝・政子館跡)
 住所   静岡県伊豆の国市四日市981
 アクセス 伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩9分

静岡県韮山町の史跡 蛭ヶ小島 源頼朝流刑の地

韮山町は人口2万人弱の静かな街です。旧石器時代から人類の痕跡があり、弥生時代後期には水田を伴う山木遺跡が発掘されています。古代から人が住むのに適した場所だったのでしょう。平安の世になり武士が台頭し、幾多の著名人が韮山と関わっています。


      鎌倉幕府を開き初の武家政権を樹立した源頼朝、

      頼朝と共に蜂起した北条一族

      関東に打って出て戦国の幕を開けた北条早雲、

      江戸末期の幕府官僚で、科学技術の先鞭をつけた坦庵江川太郎左衛門

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

韮山はこれまで機会がなく、大河ドラマで蛭ケ小島が登場したこともあり思い切って足を延ばしました。
三島から伊豆箱根鉄道駿豆線に初めての乗車です。

Cimg9712_2
韮山駅を降りて振返ると富士山です。すばらしい天気です。

Cimg9729_2 
さっそく地図を入手。ルートは決めていますが現地にやってくると新たなツールが手に入っていいですね。

○伊豆の国市歴史巡りまるごとマップ1※中心部のみ

Cimg0156_2
○伊豆の国市歴史巡りまるごとマップ2※中心地のみ

Cimg0154_2
    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

守山山頂から韮山の町内を眺める。

Cimg9905_2
まずは頼朝の時代を紹介してみます。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

○流刑の頼朝

平治の乱で敗戦し、源家の跡継ぎである頼朝は伊豆の「蛭島」に流されます。平清盛の母池禅尼の口添えで死を免れたことは有名です。頼朝がこの地にいたのは15歳から34歳までです。
①蛭ヶ小島の所在

この時代資料が少ない。頼朝の流刑地が伊豆なのは間違いないのですが蛭ケ小島は伝承の粋を出ない。
北条一族の地盤や山木判官の館跡などを鑑みると現在の韮山町のどこかであるのは間違いなさそうです。

蛭ヶ小島公園
Cimg9735
石柱

Cimg9756
解説版

Cimg9754
古碑

Cimg9755_2
②流刑地が伊豆だった影響

伊豆に流された理由ははっきりしません。平家の監視が行き届く場所だったのでしょうが痕跡が見つかりません。
    
視点を変えますが、当時の日本の人口は600万人程度と推定されます。現在の1/20です。韮山町の現人口に単純に掛けると1000名程度がこの地の人口だったという点です。家屋にすると200程度だったのかもしれません。

当然、顔と名前は一致するでしょうし、日常の少しの変化も認識し合えると思います。監視下におくにはちょうどよい規模だったのかもしれません。しかし、源氏の基盤は東国なのになぜ伊豆たっだのかは謎です。
近畿圏であれば、頼朝が蜂起することは出来なかったかもしれません。

③20年をいかに過ごしたか

進行中の大河ドラマでは、伊東祐親の娘八重姫との間に子供が生まれています。この子は平家の咎めを恐れた祐親が殺害します。悲しい物語です。ちなみに峰竜太はよい芝居でした。ところで頼朝と八重姫はどこで接点があったのでしょう?

というのは伊藤祐親の屋敷は現在の伊東市なわけで蛭ヶ小島からは山越えで亀石峠を越えて5、6時間は掛かります。流人の行動制限ですが、どうも伊豆の国を出なければよいという程度の緩やかな監視体制だったようです。一門を弔いながら僧のような生活を送ったわけではなく、狩り楽しむなどゆったりした時間をすごしていたようです。
また北条政子を妻に迎えた時期は伊豆山権現で生活をしていたようですから、私が想定した流人生活とはかけ離れているようです。もちろん領地はありませんが、頼朝の乳母などからの支援もあったようですから貧しい生活ではなかったようです。

20年間も流人の生活を送った人間が時の政府に叛旗を翻すのはどんな心持だったのでしょうか?
もしずっと機会をうかがっていたとすればトンでもない我慢だったといえます。

頼朝が史上有数の成功を収めたのは、この“20年の我慢”に尽きると思います。

長くなりました。続きは次回。

■蛭ヶ小島公園
所在地  静岡県伊豆の国市土手和田
アクセス 伊豆箱根電気鉄道 韮山駅より徒歩10分
                                                         きむらよしのぶ
    

滋賀県野洲市の史跡 平氏最後の地(平宗盛胴塚)

1185年壇ノ浦の戦いの勝利で源氏の世が始まる。政治の主体が京から地方に移り(鎌倉)、武家が中心の政権が成立する。

それまでの平清盛政権は朝廷に入り込んで従来の枠組みを活用したが、頼朝は朝廷の制度を活用しつつも、新たな統治体制を持ち込みました。それは別の機会に。

壇ノ浦では安徳天皇、二位の局、大将平知盛など平家の主だったものは入水し命を絶ち自ら平家の栄光を閉じました。

この時期平家の棟梁は清盛の三男宗盛でした。宗盛は息子の清宗と海上をさまよっているところを捕虜になります。この絵柄、美しくはありません。一旦京で大路を引き回されまずか、義経に連行され鎌倉に送れます。この際命乞いをする姿を吾妻鏡、平家物語は伝えています。

恐らく死罪は決定していたと思います。再び、京に送られた宗盛・清宗親子は現在の野洲で斬首されます。

夏休みに近江八幡でオートキャンプをした帰りに立ち寄りました。よく通るのですがつい忘れます。
場所は源義経の元服の地、鏡の里のすぐそばです。
    (過去の投稿:http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-df88.html)

○地図
        Photo_2
○中仙道からの入口
Cimg9111
○こんなとこを通ります。さびしげです。
Cimg9107
○胴塚です
Cimg9104 
○平家終焉の地とは言い過ぎですが 解説版
Cimg9101
○こんな伝承もあります
Cimg9106

■平宗盛胴塚
  住 所  滋賀県野洲市大篠原
  アクセス  JR野洲駅下車 バス 「大篠原」下車、徒歩20分
         車 名神栗東ICまたは竜王ICから15分  駐車場 普通車3台分あり
  
                  (2012年8月12日撮影)

                                                      きむらよしのぶ

京都市の史跡 史跡御土居3(北区紫竹上長目町・堀川町、上京区寺町広小路)

豊臣秀吉がつくったお土居。平安京遷都以来、京都の町を公式に変化させたのはこのお土居だけです。
今となっては京都の町を土塁が囲んでいる絵柄は想像できません。お土居は史跡指定箇所が9、指定外が2箇所残っています。既に3箇所訪問済みで今回新たに2箇所訪問しました。

    以前の記事 京都市の史跡 史跡御土居(中京区西ノ京)
             http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-3ac1.html

              京都市の史跡 史跡御土居2(上京区馬飼町·平野鳥居前町)
             http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-7f90.html

○上京区寺町広小路上ル 京都府立病院医大前何度も通っていますが全く気がつきませんでした。

Cimg9135
    解説版
    隣接する廬山寺にも残っていますがよりませんでした。

Cimg9131
    この日も当然、ランニングですのでこのまま河原町通りを北上していきます。

    ○北区紫竹上長目町・堀川町
    北東隅にあたり角であることがよくわかります。

Photo
    解説版

Cimg9143
    川端沿いの面です。かなり削られているのでしょうね。
Cimg9137
    角を曲がって北西に折れた部分です。
Cimg9144
    堀川通りに面した石柱
Cimg9149
    堀川通り対岸に残るお土居

Cimg9154
    埋まっていますが、、、石柱 趣きありますね。
Cimg9157
当時の京都は小さい町だったんですね。御園橋が入らないとは。今回はこれだけ。

アッブするのに手間取り今頃です。(2012年8月13日訪問:撮影)             きむらよしのぶ

 
   

史上最大の決戦地 天下分け目の関ヶ原古戦場

日本人は決して好戦的な民族ではないが、歴史の転換期には存亡をかけた多くの戦いが行われてきた。

岐阜県不破郡関ヶ原町は国家の存亡を決めた2つの大きな戦いが行われた場所です。一つは壬申の乱。
弘文天皇軍と大海人皇子軍の一戦が行われ、美濃からの援軍を得て大海人軍は勝利し近江に進軍。
近江朝は防戦の甲斐なく滅亡する。国内で反乱軍が勝利した珍しい例です。

二つ目は徳川家康と石田三成を主軸として行われた天下分け目の攻防戦です。国内を二分したこの戦闘はたった一日で勝敗が決まります。これも珍しいことです。

会社のメンバーと久しぶりに古戦場を訪ねました。子供の頃から何度も足を運んでいますが最後は10年ほど前か?! 今回訪問したのは地図に青いラインを引いた場所だけです。天気が今一歩だったので自転車で大急ぎでまわりました。

●関ヶ原古戦場MAP(関ヶ原町観光ガイドブックより)

Photo_3
関ヶ原は江戸時代から政権発足の聖地として大事にされいて保存が行き届いています。交通の要衝であるので町ぐるみの保存は大変だったと思います。現在は町全体が史跡指定されています。まずは関ヶ原町歴史民俗資料館で全体像を確かめてからスタートしました。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・関ヶ原の立地
山に挟まれた土地で真ん中を中仙道が通っています。北西部の標高が高く石田三成が陣を敷いた笹尾山が扇状地の入口のような場所になります。ということでまずは北部の烽火場に向かいました。

○岡山(丸山)烽火場/黒田長政・竹中重門陣跡
  関ヶ原の本戦は東軍先方の福島正則を出し抜き、西軍に踊りかかった松平忠吉・井伊直政軍が火蓋を切りました。恐らく、この小競り合いを受けて全軍に合図を送ったのがこの烽火場です。東軍内で謀才を発揮した黒田長政と豊臣秀吉の謀将で有名な竹中半兵衛の嫡男重門が烽火をあげたことに時代の変化を感じます。
    

①関ヶ原バイパスから山に入る。5分程度でこの看板が。熊が出るらしい?!

Cimg9010
②上りきると石柱が。

Cimg9014
③解説版

Cimg9016
④戦場を眺める。正面やや右の小山は南天満山でしょう。宇喜田秀家陣跡です。 

Cimg9028
○ちなみに開戦地。雷の音が凄く離れた場所から写真だけです。

Cimg9074
しかしこの古戦場は大変狭い。両軍の動員戦力は諸説ありますが少なく見積もっても10万人が動員されたはず。平地戦には参加しなかった毛利軍・長宗我部軍を除いても7~8万人。特に前線はぎっしりだったのではと思います。こんなことを考えながら、戦場に下りて前線に向かいます。

○笹尾山・石田三成陣跡
関ヶ原は笹尾山付近からの川で出来た平野のようで扇状地の頂に陣跡があります。絶好の立地でした。

西軍には負ける理由がたくさんありますが、一番は主将が定まっていないことです。名目の大将は毛利輝元、実質の指導者は石田三成。こんなことでは生死をかけた戦いなどできるはずもありません。
三成軍は島左近、舞兵庫と、聞こえた武将が奮闘するが友軍の裏切りが発生し敗戦を迎えます。
①陣を正面より 先鋒島左近の陣跡です。
Cimg9043
②馬防ぎ

Cimg9053
③島左近陣地 解説版

Cimg9051
④三成陣地の石柱 寂しげです

Cimg9063
⑤解説版

Cimg9062
⑥展望台? 戦場が一望できます。

Cimg9059
⑦陣形図

Cimg9066   
三成の陣の正面にあるのが「決戦地」です。西軍諸将の裏切りで勢いづいた東軍は最後まで奮戦する
三成軍に向かいます。悲しい末路ですね。私は関西人なのでどうしても西軍贔屓です。

○決戦地
 ①石柱

Cimg9034
 ②解説版

Cimg9039
さて決戦地の南東600mほどに陣場野があります。徳川家康の最後の陣跡です。

○床几場・徳川家康最後陣跡
 この場所に来るたびに徳川家康の凄さを感じます。開戦時家康の本陣は桃配山にありました。
 この陣場野とは2kmもあります。朝8時頃開戦し、まもなく戦闘の真っ只中に本軍を進めるのです。
 このあたりの呼吸が家康に天下をとらせたのだと思います。

江戸時代この地は聖地として大事にされました。領主である竹中家に命じて土塁を作らせています。
①解説版

Cimg8985
②陣場野

Cimg8989
ということは家康が黒田長政の手を握って感謝を述べたのはこの場所なんでしょうね。

さて今回はこれでおしまいですが、最後に島津義弘の陣跡を通りました。

    
○島津義弘陣跡
 雷がなっているので写真のみです。西軍の敗戦が決定し島津軍は敵中突破し本国に退却します。
名高い「島津の退き口」が始まります。ほぼ正面には家康の本軍があります。陣場野直前で方向を替え伊勢街道に向かいます。戦国の華ですが取材が不十分なのでまた今度にします。

Cimg9070

ということで大急ぎの関ヶ原散歩でした。(2012年8月11日訪問:撮影)

ちなみにもう一つ。関ヶ原はパンフレットがかなり充実しています。別のMAPも乗せておきます。
今回まわった場所です。
Cimg0162_2                                                          きむらよしのぶ

東京都調布市の史跡 扇谷上杉家の中世城郭 国史跡深大寺城跡

深大寺城は武蔵野の風情を残す、厄除で有名な深大寺のすぐそばにある城郭です。成立の時期や築城者も不明ですが、1490年頃には存在したことが古文書に見られます。

1500年代に入り、相模を平定した北条氏と扇谷上杉氏の攻防は南武蔵で激しさを増します。扇谷上杉朝興は北条氏を迎え撃つ前線基地として一旦廃城になっていた、深大寺城を修復します。

1530年扇谷上杉朝興は深大寺城に入り、多摩川をはさんで対岸の小沢城に入った北条氏3代目北条氏康と合戦となります。この戦いは多摩川河畔で行われ北条軍は大勝します。この戦は後の名将北条氏康にとって初陣でした。

扇谷上杉家は河越城を本拠にし多摩川を防衛ラインとしていた為、深大寺城は重要な拠点でしたが、江戸城が北条氏綱に奪われ、深大寺城を迂回して長躯河越城を攻めたため深大寺城は立地上意味がなくなり、廃城となりました。

その後も再利用されることもなく置かれたため、開発の波にさらされることなく現在に至った珍しい城です。
特に、上杉家の築城の考え方が垣間見れます。縄張りも特徴的で規模も大きく特徴的です。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

○深大寺城跡の立地 青い囲みが城跡です。武蔵野台地の南端の舌状台地にあります。

2
○城跡 白い囲みが縄張り。青であわせればよかったのに失敗しました。 
Photo
○城跡へ 水生植物園のゲートが入口です。
Cimg6082
○城があった頃はこの水生植物園が泥田ないし堀の役割をしていたはずです。
  向かって右の森が城跡の土塁。
Cimg6077
○ 第一郭 石柱 植物園から土塁を上ると第一郭が広場になっています。
Cimg6033
○解説版 縄張りを眺めながら土塁周辺を回ってみます。
Cimg6030
○第一郭の奥から第二郭を眺める
Cimg6038
○第一郭と二郭の間の堀と土塁
Cimg6045
○土塁と堀の解説版
Cimg6046
○第二郭 広場の中央に建物跡があります。
Cimg6053
○建物跡の解説版
Cimg6074
○南側の土塁跡
Cimg6057
第三郭はテニスコートになっています。城郭としては大きく、相当な城兵を入れることが出来ます。       

■深大寺城
所在地  東京都調布市深大寺元町2丁目
アクセス  京王つつじヶ丘駅並びに調布駅、中央線三鷹駅・吉祥寺駅全て深大寺行き

                                                          きむらよしのぶ

伊豆、沼津、小田原で史跡散歩してきました

    今日8月25日は念願だった三箇所に史跡探訪ランをしてきました。伊豆の韮山町と沼津の興国寺城跡、
    最後は小田原の石橋山古戦場です。最後は落ちゆく太陽と追い掛けてくる山猿との競いあいでなん
    とか予定をクリアー!

Photo

    韮山は源頼朝が20年に渡り流された蛭ケ小島があり、北条氏の出身地でもあります。
また、北条早雲が晩年をすごした韮山城跡も整備されて残っています。

    沼津の興国寺城は伊勢新九郎(のちの早雲)の最初の居城です。

    最後の石橋山古戦場は、源頼朝が山木判官を襲撃し挙兵し最初に討伐軍と戦った戦場です。寡兵の
    頼朝軍は大敗を喫します。


    それぞれ歴史上重要ですが、なかなか機会がなく今日は思い切って足を伸ばしました。ネタが多いので
    順次アップしていきます。                                 きむらよしのぶ




東京都板橋区の史跡 新撰組局長近藤勇の墓

JR埼京線板橋駅前に近藤勇の墓がある。今日は栃木県宇都宮市に朝から仕事で帰りに途中下車してみた。

既に数年前に訪れていますが、なんとなく。先週生家を訪ねたからかもしれません。

近藤勇の末路き哀れです。活躍した京の地を鳥羽伏見の敗戦で追われ江戸に戻ります。部隊を再編成し新政府軍を迎え撃つために、甲州に向かいますが敗戦します。再度兵をかき集め、下総の流山に屯集しますが、包囲され降伏します。

政府軍は大久保と改名していた近藤勇の正体を知り、流山から板橋宿に連行し尋問を開始する。
政府内では、降伏してきた勇の処遇に関して意見が分かれましたが最後この板橋で斬首されました。
敗軍の将というよりは罪人の扱いだったのです。

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

近藤勇の墓所は数箇所に存在します。理由は罪人扱いだったからです。先日訪れた生家の近くには勇の生家宮川家の菩提寺龍源寺があり、ここにも墓所があります。

○龍源寺

Cimg9534
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○板橋駅前 近藤勇の墓と斬首跡推定地
板橋に連行され数日間、取調べがあり政府軍内で処遇をめぐる対立の時間がありましたが、結局は宿場外れの刑場の露と消えます。その場所が板橋駅前にあたります。
Cimg9709
いくつかの資料を見ると、現在の墓は新撰組で同士だった永倉新八が後年設立した供養塔のような位置づけのようです。刑が執行されたのは現在の墓の位置から少し北に上った場所であったようです。

○近藤勇の墓 駅の東口を出るとほぼ正面に
1cimg9682
○墓域全体  
3cimg9688 
○近藤勇と土方歳三の墓となっています
2cimg9686
○永倉新八の墓
4cimg9691
○供養塔解説
6cimg9696
この墓から北に少し行くとこんもりとした堤防のような場所に至ります。その信号のある交差点あたりが板橋刑場の跡といわれています。なにも痕跡は残っていませんが、近藤勇が斬首されたのはこのあたりのようです。私としてはそのほうが感慨深い。
7cimg9703

今日はこれだけです。朝の出発が早かったから眠いこと。板橋宿も訪ねたいが遊んでばかりもいられないのです。                                              きむらよしのぶ

東京都三鷹市の史跡 新撰組局長近藤勇の生家と道場跡

新撰組局長近藤勇の生家跡と道場の跡に立ち寄りました。

仕事の途中で通りかかりました。三鷹市の外れで調布市に隣接した場所です。このあたりは深大寺や野川公園など武蔵野の風情を感じさせる空間がたくさんあります。一度ゆっくり走ってみたいのですが予定が逢いません。今日も車で通って写真だけとってきました。

○地図

Map
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

近藤勇は1834年にこの地で生まれ1849年、15歳で天然理心流試衛館に入門します。天然理心流は二代の死去後分裂をします。宗家を継いだのは近藤周助で勇は周助に弟子入りし見込まれて養子となり三代となります。入門後すぐに養子となったようですので、この地を離れ江戸市谷甲良屋敷に移ったのでしょう。
(試衛館の過去記事:http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-5d1d.html)

1860年万延元年に宗家を継ぎ、長女も生まれます。1863年に上洛をしますが、それまでの3年間が最も穏やかな時期だったと思います。勇がこの地に立ち寄ったのは1868年甲州鎮撫に向かう途中であったはずです。甲州で破れ下総流山で出頭し縛につきます。悲しい人生ですね。

■近藤勇 生家跡
 生家と道場は後世の門人たちが守っていたようですが、太平洋戦争中に調布に飛行場ができる際に撤去や取り壊しをうけました。生家跡には井戸が残っています。

Cimg9501
    ○案内板

Cimg9502
    ○宮川家(勇の生家)の復元図

Gcimg9502
    ○産湯の井戸

Cimg9505
    ○案内板

Cimg9507
生家跡の通りの向こうにあるのが道場跡です。もっとも、勇の跡を継いだ勇五郎の時代のものです。
現在もお住まいですから迷惑かけてはいけないのでさらっと帰りました。

    ○道場跡

Cimg9494
    ○現在もかなりの敷地です。

Cimg9499
    ○案内板  昭和50年代まで道場として使用されていたとのことです。

Cimg9491

■ 近藤勇 生家跡
住所 調布市野水1-6-8
アクセス 西武多摩川線多磨駅から徒歩15分
                                                       きむらよしのぶ
    

横浜市の史跡 三殿台遺跡

鎌倉の予定だったが、なんとなく気が乗らずとりあえず走れるかっこで横浜駅についた。以前から行きたかった三殿台遺跡に向かう。距離どころか場所もアバウトだがとりあえずスタート。結局三殿台遺跡から金沢文庫まで18kmあまりのRUNでヘトヘトになりました。暑い一日でした。顔も真っ赤です。
    
///////////////////////////////////////////////////////////////////

三殿台遺跡ですが、縄文時代から古墳時代にまでの住居が発見されている遺跡です。
発見住居の数は約250という全国レベルの遺跡です。発掘は約50年前、私が生まれた頃です。
標高55mの高台にあり、周囲を見渡せる位置です。縄文海進の時期は台地の裾野まで海が迫っていたはずです。横浜には都筑区の大塚・歳勝土遺跡もあり、縄文・弥生の生活空間を理解するには抜群の遺跡です。

○横浜地下鉄蒔田駅から遺跡に向かい、坂を上ると遺跡の入口です。

Cimg9352○のぼるとこんな感じです。
Cimg9357
○遺跡公園の入口

Cimg9363
○台地の上から根岸の港あたりを眺めます。

Cimg9405
○施設内の展示模型。真ん中に遺跡があります。
Cimg9382
○遺跡内 三つの時代の住居が復元されています。
Cimg9401   
○案内看板1
Cimg9390
○案内看板2
Cimg9393
○案内看板3
Cimg9400
○遺構の案内板
Cimg9379
○周辺には貝塚もあります。
Cimg9364
こちらの施設はなかなか熱心な活動をされています。遺跡跡でキャンプの企画も進めておられました。
火起しはよくありますが珍しい。事前の学習が出来ていないのでこのあたりで。

◆三殿台遺跡

所在地  横浜市磯子区岡村4-11-22

交通    市営地下鉄「蒔田」駅南口から徒歩20分
                                                        きむらよしのぶ

米軍横田基地 フレンドシップフェスティバル2012

    8月18日(土)と19日(日)は横田基地のフレンドシップです。午前中で仕事を終えていけるもので向かいました。
Cimg9336
 
    朝は雷がなっていて、雨も振っていましたが到着したらものすごい晴天で暑いのなんの・・・。

    私は航空基地は始めてです。
○リーフレット

Cimg9345
Cimg9347

○昼食はピザとステーキです。おなじみです。
Cimg9200
○航空機ショーみたいです

Cimg9224
○落下傘降下
Cimg9208
○輸送機内 見学できまる

Cimg9234
○映画でみたような。

Cimg9269_2
○記念撮影も協力的です。

Cimg9240
○ステージは“マイケル”がムーンウォークを踊っていました
  
Cimg9317   

    堪能しました。
                                                 きむらよしのぶ


広島原爆投下から67年 報道が少なすぎるのでは!?

今日8月6日は67年前に広島に原爆が投下された日です。

原爆投下を決めた、時の米国政府、米軍トップをいささかも

許すことが出来ない。人類史に残る悪行だあると思う。

現在オリンピックのまっただなかです。だからわからないではないが

報道が少なすぎるのだはないかとおもいます。

戦後、米国の傘の下に入り原爆の評価をせずに今日に至っています。

戦争に出た方も存命の方が少なくなってきました。

この一年で亡くなられた被曝者は5729名だとのこと。

政治的には米国との関係だ難しいだろうけど、

歴史的判断は国をあげてすべき時期にきていると思う。

木村嘉伸

フジテレビ ボクらの時代 野口みずき×有森裕子×増田明美

    日曜日の朝7時からの30分の番組です。こういう番組大好きです。ここに高橋尚子が入れば日本の女子
    マラソンを作った顔が集まります。大学の体育会のボランティア(というか命令)で大阪女子マラソンの沿道
    警備をしたことがあり、ナマ増田明美をみた記憶があります。

    有森裕子は元リクルート所属でもあるし一番馴染みがあり、濃厚な生き様やわかりやすいアウトプットが
    大好きです。彼女の語りを聞いていると自分の周りに起こる出来事をよく内省していることがわかります。

    もちろん話す機会が多いのでこなれているのは事実でしょうが、起こった事象の見方がすばらしいといつ
    も感心しています。今日もいい話をしていました。バルセロナオリンピックの29km過ぎ、3位集団から抜
    け出し一人先頭のエゴロワを追った姿は見ていて熱い気持ちになったものです。

    現在7時40分、最近は5時半頃に目が覚めるので朝が長い。6時には朝食をとっているので10時頃には
    お腹がすく。元気な証拠です。今日はレポート作成やらの仕事。はよ終えて走らないと。

文京区役所 文京シビックセンター 職員食堂

     労働法の改正で派遣事業の説明会があり文京シビックセンターに行きました。私が行く必要はないが、
     シビックセンターには機会がなく初めてなので行って来ました。ご機嫌です。
   ○文京シビックセンター
    最上階の展望が有名です。周囲に高い建物もなく見事な展望です。

Cimg8718
   ○東京スカイツリー

Cimg8690
   ○足元を眺めると屋上に庭のあるビルがありました。

Cimg8672
     セミナー終了後25階の展望室に行きました。この階椿山荘のレストランが目的でしたが結構並んでいた
     為あきらめました。次に向かったは13階の職員食堂です。

   ○職員食堂
     都内の公共施設の食堂はユニークなものが多い。この食堂もメニューに一工夫あってなかなかよい。

Cimg8713
   ○食堂の窓の外はラクーアです

Cimg8706 
    ○メニュー

1_3_cimg8709
2_3_cimg8710
3_3_cimg8711
     食堂のスペースはこじんまりとしています。景色も面白いから機会があればよってみればよいかも。

                                              きむらよしのぶ
   

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »