無料ブログはココログ

« ミーハーですが金環日食 | トップページ | 古都鎌倉 no.5-4 鎌倉党武士団 長尾氏と長尾台砦址 »

古都鎌倉 no5-3 鎌倉武士団 村岡氏と2つの村岡城址

Map_2                                                     鎌倉党 五平氏の拠点MAP

■坂東平氏の祖 平良文
鎌倉権五郎の先祖は桓武天皇で、臣籍降下した後裔が関東に下ります。茨城・千葉が中心でしたが一部のものが武蔵・相模に進出します。それが平良文(村岡五郎)です。

平将門の時代で兄弟や同属は将門との戦いで滅びます。良文はまず群馬県熊谷市村岡に着任し緊張関係にあった武蔵の安定に力をつくします。その功で陸奥守に任官し鎌倉の村岡に居を移します。当時陸奥守は相模にいたそうです。こうして良文とその後継が鎌倉に根をはることになります。

        
■良文と一族の住まい
良文の住まいには複数の説がありますが代表的なものが現在の村岡御霊神社、村岡城址です。
当然引越しもするでしょうし、家族が増えて屋敷も増えるでしょうから転々としたのでしょう。良文の孫(or曾孫)と推定される鎌倉権五郎は村岡城址付近で生まれたようです。恐らくこの地に荘園があったはずで、現在は宅地化が進んでいますが水利もあり実りの大きい土地だったと思います。
  ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●村岡御霊神社

Photo
この神社の周辺に平良文と一族の住まいがあったと伝えられています。村岡御霊神社の南側は「宮前」の名が残っていて、宮前には一族で住まいしていたと伝えられています。

現在の柏尾川に掛かる橋が「古館橋」。この名前、想像力をかき立てます。

●参道 村の鎮守という印象。
Cimg7463_2
●階段の上が本堂です    Cimg7466_2

●平良文が勧進、御祭神は平氏のご先祖。没後権五郎も合祀されます。鎌倉氏にとって権五郎は英雄だったのでしょう。後裔は景政の「景」の字を代々使っています。有名なのは梶原景時です。今回鎌倉を調べるまで“鎌倉権五郎景政”の名すら知りませんでした。ぬかってました。

Cimg7470_2
●鎌倉権五郎の後三年の役に関わる伝承碑
Cimg7475_2
●旗立山の由来

同様な伝承が源氏山にもありますね。出陣の習慣だったのでしょう。源氏の白旗が掲げられると、伝播されていき各地から息せき切って武士たちが集まってきたのでしょう。
Cimg7479_2
村岡は五平氏が展開した拠点の中央に位置しています。一族の展開ぶりが感じられて面白い。また鎌倉街道が旗立山の東側を通っていました。石碑がありましたが説明版もなくどう理解したらよいかわかりません。
Cimg7485_2
鎌倉時代、村岡は街道の出入口で化粧坂や大仏切通に通じていました。新田義貞もここを通ったのですね。

●兜松
左のネットフェンスは神戸製鋼所の敷地ですが権五郎の伝承がありました。中には入れませんがネット越しです。
Cimg7487_2
Cimg7488_2
●古館橋 この橋を渡ると「梶原」に通じます。
Cimg7500_2
●旗立山の遠景 柏尾川より
Cimg7494_2
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●村岡城址
村岡御霊神社から北に1km弱に村岡城址公園があります。城は岬のような場所にあります。平良文がこの城跡から少し北の渡内にあったといわれています。遺構はほとんどありません。また村岡氏の実態も判然としません。
Cimg7149_2
●東郷平八郎元帥額書よる石碑
東郷家は村岡氏の後裔でありその縁だそうです。
Cimg7158_2
●城址から村岡御霊神社方面を眺める
向かって右の小山が、旗立山のはず。
Cimg7163
平良文は通称村岡五郎。村岡の名は次男がついだようで、三浦氏など大族が出ましたがあまり記録に残っていません。村岡本家という存在は早い時期になくなったのでしょう。村岡城は室町・戦国時代にも存続していました。最後は豊臣秀吉の北条攻めの後廃城となります。

  
【村岡御霊神社】
所在地  藤沢市宮前560

【村岡城址公園】
所在地  藤沢市村岡東3-28

                                                    きむらよしのぶ

 

« ミーハーですが金環日食 | トップページ | 古都鎌倉 no.5-4 鎌倉党武士団 長尾氏と長尾台砦址 »

古都鎌倉」カテゴリの記事

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

 坂東平氏の祖 平の良文の項の3行目 『群馬県熊谷市村岡』は『埼玉県熊谷市村岡』の間違いでは。
 熊谷市は埼玉県で、群馬県には存在しません。

ご指摘の通りです。失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/45421797

この記事へのトラックバック一覧です: 古都鎌倉 no5-3 鎌倉武士団 村岡氏と2つの村岡城址:

« ミーハーですが金環日食 | トップページ | 古都鎌倉 no.5-4 鎌倉党武士団 長尾氏と長尾台砦址 »