無料ブログはココログ

« 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 | トップページ | 「よく戻ってきた・・・」といってくれてました »

神戸市 平氏の遺跡 大輪田の泊

前回の記事:http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-b851.html
    (神戸市平氏の遺跡)からつづく

有馬街道をまっすぐ下って山陽鉄道・高速を越えると東川崎町に入ります。川の先(崎)の川は湊川だったはずです。
石井川と天王川が合流して湊川になるのですが、過去の湊川は大変な暴れ川で流路を何度も変え田畑を荒らしました。この地域は山が迫り、流れの速い川が暴れる扇状地でした。清盛はこのあたりもコントロールするすべを考えたのでしょうか。東川崎は岬のように道路が丸く通っています。昔はこの先は海たったのでしょう。

Photo

 東川崎から西出・東出町を抜けると島上町に至ります。この島が経ヶ島だといわれています。経ヶ島の場所の特定することは困難ですが、歴史館の掲示パネルがわかりやすいので載せておきます。当時の海岸線、湊川の流路もわかりやすく説明しています。

Cimg4289_2

現在の大輪田泊遺跡には防波堤や突堤の基礎部分の石材が置かれています。かなり大きな石ですが、これが海中に3~4段積み重ねて堤を構築したようです。当時の技術力を想像させてくれます。技術的な解説を聞きたいものです。

○大輪田泊の石椋   発見場所とは少し離れた場所とのことです

Cimg4276_2

○解説版

Cimg4278_2

最後に福原京ですが、わずか半年の都ですので実態や遺跡はほとんど残っていません。歴史館のパネルだけUPしておきます。

Cimg4284_2

今回はここまでです。久しぶりの大学の同級生と一日中歴史話をするという楽しい時間をすごせました。
もうしゃべり出したらきりがありませんね。またやりたいなぁ。面白かった。
                                                 きむらよしのぶ

« 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 | トップページ | 「よく戻ってきた・・・」といってくれてました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

福原京・大輪田泊行脚ほんとに楽しかったですね。至福の時間を過ごせました。木村氏が歴史上の人物や状況を語るとき、眼の前にまるでその人物がいるかのように、そこで合戦がおこなわれているように、時空を超えてしまうように面白かったです。・・・復帰されましても、身体くれぐれもご自愛ください。それにしても「小谷城の鹿話」は可笑しかったなあ(笑)。

またやろう。ゼミ旅行やないけど事前にネタをしこんでな。やっぱり人間の原点は歴史やなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/44315213

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市 平氏の遺跡 大輪田の泊:

« 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 | トップページ | 「よく戻ってきた・・・」といってくれてました »