無料ブログはココログ

« 京都市の寺院 雪の岩屋山志明院 | トップページ | 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 »

滋賀県守山市の史跡 下之郷遺跡 弥生時代の巨大集落跡

滋賀県守山市は江戸時代、中仙道の宿場町として大変賑わいました。いずれ宿場町も調べてみますが今回は時代をずっとさかのぼって弥生時代の守山に足を運びました。なぜなら、弥生時代を代表する3つの遺跡があるからです。

       服部遺跡
       伊勢遺跡
       そして
       下之郷遺跡

服部遺跡は残念ながら野洲川に沈んでいますが、伊勢遺跡・下之郷遺跡は保存されています。bjリーグの試合が近かったので下之郷遺跡に大急ぎで立ち寄りました。この施設は見ごたえありました。規模も大きくざっと回るだけでも40分程度かかりました。

  ※以下の画像はすべてクリックすると拡大します。

○場所

Map

○保存施設

Cimg4075_2

○史跡公園平面図

Cimg4104_2

●下之郷遺跡

今から約2200年の「村」のあとです。それも巨大な集落で全国で三番目の規模(現時点)です。
(吉野ヶ里遺跡、唐古鍵遺跡に続く大きさ)

Cimg4081_2 既に60回を超える発掘調査が行われています。


下之郷遺跡は野洲川が形成した扇状地の突先にあり下流域の水田をコントロールする立地になっています。
掲示パネルがわかりやすい。

Cimg4080_2

パンフレットに村の景観を復元したイラストがありました。樹木の生い茂った豊かな村だったのでしょう。

Cimg4094_2

特徴を列記します。

①多重環濠集落であること   少なくとも3重の土塁がありました。

○保存施設内の環濠跡 手前の席でビデオ説明がありました。内容は濃い。

Cimg4105_2

○公園内の環濠跡

Cimg4121_2

②戦闘のあった可能性     多数の武器類 楯の発掘は珍しいですね。

Cimg4082_2

③幅広い生活のあと       多種多様な土器・木製品

Cimg4096_2

Cimg4097_2

④竪穴住居が存在しない    渡来系の影響かな

    
これ以外にも、環濠内の堀でフナを食用に放流していたこと、米は熱帯ジャポニカが発見がされたりと、かなり幅広い弥生文化が楽しめます。
時間があれば守山市の埋蔵文化財センターに立ち寄ればベストでしょう。

■ 下之郷遺跡

所在地  滋賀県守山市下之郷町
アクセス JR守山駅から近江鉄道バスで「下之郷東」下車すぐ

« 京都市の寺院 雪の岩屋山志明院 | トップページ | 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/44280949

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県守山市の史跡 下之郷遺跡 弥生時代の巨大集落跡:

« 京都市の寺院 雪の岩屋山志明院 | トップページ | 神戸市 平氏の遺跡 祇園遺跡・雪見御所 »