無料ブログはココログ

« 旧東海道 大津宿ー京都三条 歴史散歩ランニング | トップページ | 積雪 »

滋賀県大津市の史跡 瀬田丘陵生産遺跡群 山ノ神遺跡

大津市の勢多丘陵では古代の製鉄、製陶にかかわる遺跡群が見つかっています。

時期は7世紀半ば頃のものが多く、おそらく「近江大津宮」建設の資材生産拠点と想像できます。

埋蔵文化財センターの常設展に立ち寄り、帰路遺跡に足を運びました。

埋め戻されていますので、遺跡公園として保存はされていません。

■石碑と解説版

Cimg2383_2

瀬田史跡会が設立した石柱です。有志の集いなのかな?

Cimg2382_2_2   

山ノ神遺跡では宮殿の屋根飾りの鴟尾(しび)4基がほぼ完全な形で出土しています。

鴟尾を焼いた4基の須恵器窯も発見されています。

山ノ神遺跡は「瀬田丘陵生産遺跡群」として

草津市の野路小野山製鉄遺跡、

源内峠遺跡(瀬田南大萱町)とともに史跡指定されています。

●瀬田丘陵生産遺跡群 山ノ神遺跡

所在地 大津市一里山三丁目

Map

アクセス JR瀬田駅より徒歩15分

« 旧東海道 大津宿ー京都三条 歴史散歩ランニング | トップページ | 積雪 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/43707947

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県大津市の史跡 瀬田丘陵生産遺跡群 山ノ神遺跡:

« 旧東海道 大津宿ー京都三条 歴史散歩ランニング | トップページ | 積雪 »