無料ブログはココログ

« 京都四条縄手 壱銭洋食 | トップページ | 京都市の史跡 『此附近 名和長年戦死之地』 »

京都市の史跡 太閤秀吉の古跡 聚楽第址 1

聚楽第の場所をイメージしたくて行ってみました。

太閤秀吉が政権をおいた、政庁の址です。

期間は10年弱。それだけに資料に残っていません。

跡を継いだ秀次の没落と共に聚楽第は徹底的に破壊されましたので、

遺物もありません。

縄張りはいろいろと調べた上の推定図です。

以下の地図の青囲みの部分が聚楽第の址です。

Photo

想像していたより規模は小さい。天守があがっていたとの記録もあるが、小さなものだったのでしょう。

今日は自転車でおおまかにまわってみました。

史跡の石柱を2箇所確認しました。

地図上① 西側の濠のあたり。自転車はレンタルしました。珍しい。

Cimg0178

地図上① 東側の濠のあたり。

Cimg0181

 「此附近」 という石柱が大正時代からありますが、好きな表現です。はっきりしないし、細かいことにはこだわっていないうなスタンスで、京都人らしい。

Cimg01852

ちなみに、この地は平安京の初期の平安宮の跡でもあります。

平安京は比較的早く、右京が衰退していきます。

太閤が京都に入った頃は野原だったかもしれませんね。

ちなみに此の地に向かう途中に、聚楽第前の政庁跡を見つけました。

Cimg0214

Cimg0215

□妙顕寺城跡

所在地 押小路油小路西入る

時間かけて調べてみます。

木村嘉伸

« 京都四条縄手 壱銭洋食 | トップページ | 京都市の史跡 『此附近 名和長年戦死之地』 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/41635281

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市の史跡 太閤秀吉の古跡 聚楽第址 1:

« 京都四条縄手 壱銭洋食 | トップページ | 京都市の史跡 『此附近 名和長年戦死之地』 »