無料ブログはココログ

« 五山の送り火 大文字山に登る | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 近江国庁跡 »

能代商・保坂投手 負けてすばらしいスピーチでした。

第93回全国高校野球選手権大会、16日の能代商(秋田)は如水館(広島)に 延長サヨナラで敗れた。
両者譲らずの好ゲームでした。能代商は再三のピンチを好守でしのぎ、12回に相手のエラーから1点を勝ち越したが、その裏に2点を奪われ試合を決められた。

12回を一人で投げ切ったのが能代商のエース・保坂くん。

スピードがあるわけではないが、制球とコンビネーションで巧にしのいでいたのですが。。。

会見では淡々とですが、気持ちのあるコメントをしていました。

以下、

「悔しいけど、今出せる力を全部出せたので、思い残すことは何もないです。

(延長12回裏のサヨナラ打は)自分の渾身の球だったので、(それを打って)すごいなと思いました。

延長に入ってからも満足した球を投げられました。みんな気持ちを出して戦っていたので、自分も気持ちを出して投げていました。

(9回、10回は味方のホームへの好送球でタッチアウトとなったが)正直、(ヒットを打たれて)
終わったかと思ったけど、みんながあきらめないでつないでくれました。

初戦で神村学園(鹿児島)を破って、まずは初戦突破を達成し、2回戦も勝つことができた。

(この1年間)全国制覇という目標に向かって、野球ができたのは幸せでした。

去年の悔しい経験があったからこそ、今の自分がいる。すべての人に感謝したいです」

この夏の大会は好ゲームが多い。やりきることが大事だよな。

木村嘉伸

« 五山の送り火 大文字山に登る | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 近江国庁跡 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/41250834

この記事へのトラックバック一覧です: 能代商・保坂投手 負けてすばらしいスピーチでした。:

« 五山の送り火 大文字山に登る | トップページ | 滋賀県大津市の史跡 近江国庁跡 »