無料ブログはココログ

« なでしこジャパンへのプレゼント 熊野筆とアウディのリース | トップページ | なでしこジャパン 国立競技場に2万2000人を集める »

誤って「毒薬」調剤、女性死亡=薬剤師ら書類送検―埼玉県警

時事通信 8月19日(金)12時57分配信

 毒薬に指定されているコリンエステラーゼ阻害薬を誤って調剤し、女性を死亡させたとして、埼玉県警捜査1課は19日、業務上過失致死などの疑いで、小嶋薬局本店サンセーヌ支店(同県越谷市)の女性管理薬剤師(65)=千葉県野田市=と経営者の小嶋富雄県薬剤師会会長(76)=越谷市=を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めているという。
 同課によると、小嶋会長は昨年3月25日、埼玉県春日部市の米沢朝子さん(75)に対し、処方箋で胃酸中和剤を調剤すべきだったのに、コリンエステラーゼ阻害薬を調剤した疑い。女性薬剤師は、4月1日に誤りに気付いたのに放置し、米沢さんを死亡させた疑い。 

驚きのニュースを見つけました。コリンエステラーゼ阻害薬としかありませんので実態がわかりません。

毒薬ではありますが、この言葉にはっぱられ過ぎるといけません。

今後実態が知りたいですね。気付いたのに放置したのは大変なこと。

実名報道です。正確な情報がほしいものです。恐ろしい時代になりました。

木村嘉伸

« なでしこジャパンへのプレゼント 熊野筆とアウディのリース | トップページ | なでしこジャパン 国立競技場に2万2000人を集める »

医療・薬剤師」カテゴリの記事

コメント

胃酸中和剤は普通に使う薬ですが、誤って投与された薬は普通に使う薬ではありません。基本的に毒薬指定薬剤は、毒薬専用の金庫に保管し、入庫と出庫を管理するので、普通はこんなに簡単に間違うはずはないです。また、一般的な調剤薬局で毒薬指定薬剤は、あっても3種類前後です。たまたま服用開始が3/31だったようなので、発覚後すぐに対処していれば、亡くならなかった可能性は高いでしょう。薬剤を特定していないのは(ネットで調べればすぐにわかりますが)、服用している患者が動揺するからでしょう。きちんとした管理の元に服用していれば、今回のような中毒などは起こりにくいので。

なるほど!ありがとー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/41280100

この記事へのトラックバック一覧です: 誤って「毒薬」調剤、女性死亡=薬剤師ら書類送検―埼玉県警:

« なでしこジャパンへのプレゼント 熊野筆とアウディのリース | トップページ | なでしこジャパン 国立競技場に2万2000人を集める »