無料ブログはココログ

« 判断は難しいが、大それた失敗はしないもんだからどんどんやってみよう。 | トップページ | 正しく自分をつかめばやり直しはいくらでも出来る »

NHK「二度と原爆を使ってはいけない~ナガサキを見た 占領軍司令官~」

日本に原子爆弾を投下した当時の米国政府と軍部をいささかも許す気になれない。

米国は、戦争終了の大義であったと喧伝し続けているが、死んだのは一般人である。

白人種でないから投下したと私は思っています。

戦争だから、戦士の死はやむ終えざるものがあるが、一般人を殺戮するのはナチスドイツのジェノサイドと同じ。

Ca330490

番組は、戦後すぐに長崎に進駐した占領軍司令官を中心に、原爆投下の悲惨さをうったえるもの。

主人公は陸軍中佐ビクター・デルノア。既に故人、娘さんが存命で長崎を訪ね、父君の過去と向き合う。

生存者の話を聞きながら、涙する姿に原爆投下の狂気を改めて思いました。

ビクター・デレノアは「二度と原爆を使ってはいけない」と訴える唯一のアメリカ人だったようです。

「二度と原爆を使ってはいけない」は記念式典に寄せた司令官としてのメッセージでした。

アメリカは正義を主張するが、長い間原子爆弾の結果を公表せず情報統制をしていた。

こういう人がいたことを始めて知りました。よい番組でした。

スミソニアンで原子爆弾の常設展をやるべきなんだ。

木村嘉伸

« 判断は難しいが、大それた失敗はしないもんだからどんどんやってみよう。 | トップページ | 正しく自分をつかめばやり直しはいくらでも出来る »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/41135897

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「二度と原爆を使ってはいけない~ナガサキを見た 占領軍司令官~」:

« 判断は難しいが、大それた失敗はしないもんだからどんどんやってみよう。 | トップページ | 正しく自分をつかめばやり直しはいくらでも出来る »