無料ブログはココログ

« なでしこジャパン 熊谷選手のお騒がせを上位者としてどううけとめるか? | トップページ | 「浜ちゃんラーメン」 いっぱいであきらめました »

横浜市青葉区の史跡 市ヶ尾横穴古墳群、稲荷前古墳群

東急の市ヶ尾駅界隈も丘陵地で、古代のにおいが満載です。

近くには都築郡郡衙跡もあります。古代は有力な地域だったはずです。

場所は市ヶ尾駅から北に上ったところです。

●場所  グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo

郡衙跡も以前に紹介しています(http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-5f6f.html)。

古墳群があるのは丘陵地で谷本川に向けて台地が滑り落ちています。

現在の地形を見ると崖のようなところもあります。

●稲荷前古墳群

この地域の首長クラスの古墳群です。

110723_111310

現存するのは3つの古墳(15~17号墳)。16号墳は珍しい前方後方墳です。

110723_111335

15号墳の上から、16号墳、17号墳を眺める

110723_111923

墳丘上から西側を。遠くの山は丹沢山系、富士山がなんとなく見えました。

手前に谷本川が流れています。

110723_111610

この古墳群の成立期間は3世紀にわたっています。長きに渡ってこの地を統治した豪族群だったのでしょう。

この古墳群の後期とダブルのが市ヶ尾横穴古墳群です。

■ 稲荷前古墳群

所在地 神奈川県横浜市青葉区大場町156-10

アクセス 東急田園都市線市が尾駅より15分

●市ヶ尾横穴古墳群

110723_110515

古墳群から丹沢山系を

110723_105642

こうした横穴墓が19基あります。

横穴墓は国家体制が中央集権化し大型古墳時代が終わったころから登場します。

6世紀後半からでしょう。民衆が力をつけてきたともいえるかもしれません。

110723_105958

室内の構成は古墳に近似しています。移行期であることがわかります。

110723_110022

A群の説明 この古墳群はA群12基、B群7基にわかれています。

110723_110335

正直なところ、不気味ですね。

110723_110343 

古墳群の全体解説版

110723_105840

稲荷前古墳群と時代がかぶるのですが、当時の統治はどんな状態だったのでしょうね。

市ヶ尾墳の後期には都築群衙があったはずです。群衙に勤務していたものもいたのでしょうか?

■ 市ヶ尾横穴古墳群

所在地 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1639-2

アクセス 東急田園都市線市が尾駅より10分

昨夜、遅くまで(朝早くまで)仕事していたので、寝過ごして予定変更です。

行ってなかった近所RUNに切り替えました。

ここから川和を目指します。

木村嘉伸

« なでしこジャパン 熊谷選手のお騒がせを上位者としてどううけとめるか? | トップページ | 「浜ちゃんラーメン」 いっぱいであきらめました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/40928706

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市青葉区の史跡 市ヶ尾横穴古墳群、稲荷前古墳群:

« なでしこジャパン 熊谷選手のお騒がせを上位者としてどううけとめるか? | トップページ | 「浜ちゃんラーメン」 いっぱいであきらめました »