無料ブログはココログ

« 「あきらめないことだけは出来る」 | トップページ | 阪神・金本の連続試合出場1766でストップ »

横浜市都筑区の古城 茅ヶ崎城址

中世城郭跡で、こんなに保存状態がよい城はめったにありません。

1300年代の後半から1500年代の後半、200年ほどの城です。文献で確認できる存在ではありません。

長く個人の所有で、里山のような扱いであったようです。私が東京にきたころはまだ、公園整備はされていませんでした。

公開されたのは平成21年からだったと思います。

中世の城をイメージしたければ一度、訪ねたほうがよいと思える城址です。

《解説看板》

110306_124247

■立地

茅ヶ崎城と北側にある、大塚・歳勝土遺跡の間に早渕川が流れています。

早渕川が谷のような地形で、堀のような役割だったはずです。

南にある小机城がこの地域の主城です。

小机城址は以前投稿しました。

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-1e84.html

Photo_3 

●城郭から北側を眺める 

正面の森は大塚・歳勝土遺跡。手前の住宅街の真ん中を早渕川が流れる

110306_131337

●城郭址の地図

110306_124228

●北郭 東郭よりから眺める

110306_131323

●西郭  中郭の土塁上から眺める

110306_131749

●中郭  東郭よりから眺める

110306_131123

●西郭と中郭の間の空堀と土塁

110306_125128

●北郭から西郭の空堀

110306_125027

●城と根小屋(居住地)の関係

110306_130623

開発によって、城が活動した時代とは異なっています。

当時はセンター南駅あたりから丘陵が続き、東端にこの城があります。

北側の裾野に普段の居住地である根小屋がありました。上記のMAPでは推定とありますが既に、家が建っていますから発掘調査はなされていません。

小机城址と茅ヶ崎城址を同時に訪れると、臨場感が沸きます。

■茅ヶ崎城址

所在地 神奈川県横浜市茅ヶ崎東2丁目25

アクセス 横浜地下鉄センター南駅より徒歩5分

木村嘉伸

« 「あきらめないことだけは出来る」 | トップページ | 阪神・金本の連続試合出場1766でストップ »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/39316976

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市都筑区の古城 茅ヶ崎城址:

« 「あきらめないことだけは出来る」 | トップページ | 阪神・金本の連続試合出場1766でストップ »