無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

バスケット bjリーグ プレイオフにいってきました

京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズのプレイオフです。

家族みんなレイクスファンでたいへん。

Cimg3464

Cimg3466

110430_200607

残念ながら、この試合はせり負けでした。

きむらよしのぶ

滋賀県の史跡 姉川古戦場

実に20年ぶりです。この間に「姉川の合戦」の歴史的評価は大きく変わりました。

【姉川の戦いは小競り合いだった】

織田信長が決定的勝利をえた大戦とされていましたが、どうも小競り合いだったのではされるようになってきました。

浅井歴史民俗資料館に立ち寄って、解説員の方に伺ったところ2点の指摘をしておられました。

①同時期の良質の資料に「姉川の合戦」は見当たらない。
②3ヵ月後に志賀の陣で浅井・朝倉軍は兵を動かしている事実

大損害を受けていてと到底展開は不可能です。

浅井軍は守りの堅い小谷城を出て、大軍の敵に突っかかる必要性もありません。

○年譜をみておきます。

1568年  9月  信長が上洛を開始

1570年  4月  信長が越前侵攻と撤退。(金ヶ崎の退き口)。

      6月  姉川の戦い

この3ヵ月後、浅井長政は長躯大軍を現在の大津に送ります。大敗していたら無理だと思います。

      9月  志賀の陣

1571年  9月  比叡山焼き討ち。織田信長の復讐戦

1572年  9月  武田信玄が甲斐を進発する。

      12月 三方ヶ原の戦い

1573年  7月  信長は3万の軍を率い再び北近江に攻め寄せる。

          一乗谷城の戦い

      9月  小谷城落城

お市の方の輿入れによって成立した織田・浅井の同盟関係はわずか10年で終了する。

●姉川の戦い

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo_18

横山城は小谷城の付け城で、織田軍はこの城を包囲し、浅井本軍をおびき出す作戦だったようです。

浅井軍は注文通り小谷城を出て、展開します。

mapの姉川古戦場(野村)は浅井軍の先鋒が展開した場所です。

現在の野村橋付近を渡り、織田軍に肉薄しました。

また姉川古戦場(血原)は朝倉軍の先鋒展開地域です。

浅井三代記では、危機に直面した徳川軍は榊原康政を西側から迂回させ朝倉軍の脇腹をつかせることになっています。

信長は決定的勝利を得ないうちに、京都に戻り戦勝報告をしています。

また、横山城は姉川合戦ののち降服し、城主の野村直隆は小谷城に戻っています。

織田軍も周辺事情から、この地に長くとどまることができなかったのだと思います。

信長が周辺の包囲網でもっとも苦労をした時期でした。

●姉川古戦場(野村)より横山城を望む

Photo_19

●古戦場跡 看板

Photo_20

●姉川戦死者の碑 浅井家の重臣であった新庄家の後裔当主銘

Photo_21

●解説版 大河ドラマのおかげです。

Photo_22

●合戦布陣図

Photo_23

今回は野村橋周辺のみを訪問しました。また別の機会に。

木村嘉伸

滋賀県の史跡 小谷城跡 ふたたび

はるみちゃんと湖北にドライブで、小谷城址を再訪しました。

前回は雪で山頂まで進めず。

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-ac8b.html

【五大山城のひとつ 小谷城址】

滋賀県の湖北は農村地帯です。都市化しておらず、高い建物もありませんから戦国時代の時間や距離感が体感できます。

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo_13

京都が日本の中心であった時代、東日本から京都に大軍を送るにはこの地を通るしかなく、必然として戦闘が行われました。

小谷城から関が原は20kmほど。関が原は古代には不破の関と呼ばれ壬申の乱の攻防の地にもなりました。
織田信長が上洛にさいして、浅井家と婚姻関係を結んだのは高い戦略視点だったでしょう。

近江の北は同盟国の朝倉氏の領地で、山本山城などの付け城も整備されていました。

●案内板 

尾根に城があり、通常は清水谷の屋敷群で生活をしていたはずです。

110212_131611

●桜馬場から眺める 手前の丘は虎御前山 織田軍の最後の陣地があったところです。

Photo_2

●長浜市街地を眺める 右奥の湖畔に長浜市街

Photo_3

【小谷城の成立】

浅井三代の居城で時期は不明ですが、1525年迄には築城されていたようです。
落城は1573年です。三代50年ほどの居城です。
近江は北部は京極氏、南部は佐々木氏が支配をしていました。共に佐々木源氏でしたが歴史は複雑です。

初代亮政は京極家(佐々木氏)の被官として地位を確かなものにし、北近江の実質支配者となっていきます。

その居城が小谷城です。

二代久政は毀誉褒貶のある人物ですが、亮政が作った基盤を守りつつ、北近江の地盤の安定に力を尽くします。

三代長政は、南近江の居城観音寺城で生まれていますから、佐々木氏の庇護のもとに成立していたのでしょう。

長政が成人後、佐々木氏と敵対し庇護をはなれます。

北陸の朝倉氏とは良好な関係を築いていきますが、新興の織田氏と結ぶことで新たな時代を迎えます。

●桜馬場址

Photo_4

Photo_5

●本丸址から

Cimg3438_2

正面の石垣が 鐘丸址 天守台に似た役割だったのでは。

Cimg3433_2

案内板

Cimg3435_2

鐘丸址から本丸・大広間を望む  緑が深くて鮮やかです。

Cimg3437_2_2

本丸は今日の感覚では、家が10件程度がたつスペースです。たぶん100名がつめるのが限界でしょう。

天守台の石垣

Photo

●京極丸

 山の上に久政のいる小丸が、下には長政のいる本丸があります。

 秀吉軍は谷を上り、空白地であったこの京極丸にとりついたのでしょう。

Photo_6

小丸・京極丸案内板

Photo_7

小丸より京極丸を眺める

Photo_8

小丸跡

Photo_12

小丸跡から山王丸跡への石垣

Photo_9

山王丸跡案内板

Photo_10

山王丸跡

Photo_11

この後、清水谷をおります。平時には、屋敷のあった場所です。

●重臣 大野木土佐の屋敷跡

Photo_14

●重臣 三田村佐渡の屋敷跡

Photo_15

●城主の平時の屋敷跡 平地にはもう少しです。

Photo_16

●虎ケ谷  大手口か?

Photo_17

現在城跡は途中まで車であがれるようになっています。今年はバスで送迎もなさっていますが、本来の道ではなさそうです。

立地からみとても、恐らくこの虎ヶ谷道が大手口であったでしょう。

木村嘉伸

ラ・フォル・ジュルネ びわ湖2011やってました

確か昨年も出会ったと思います、「ラ・フォル・ジュルネ」。

Cimg3417

大津城跡を眺めながら、なぎさ公園をはるみちゃんとRUNする途中。

さすがに、汗だくのウェアで会場に入ろうとは思いませんが、屋外の演奏イベントと屋台に立ち寄りました。

【大津商業高校の演奏】

Cimg3418

【堀久餃子本舗 角煮マン】今日だけとのことだが、店で出してほしいなぁ。

Cimg3416

うまかった!

Cimg3414

この程度にしておかないと走れなくなるので・・・

木村嘉伸

大津市の史跡 大津城跡

大津は琵琶湖の南端です。西側の山あいを走る国道が旧東海道で、歩いて2時間ほどで

京都の三条大橋につきます。私のRUNだと1時間弱です。

琵琶湖を経由する物資の出入り口でもあり、京都に都が移る以前から交通・物流の要衝でした。

○大津市を俯瞰  グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Map 

■関が原の前哨戦 大津城籠城戦

明智光秀の坂本城を廃城し豊臣秀吉が天下をとる段階で、物資輸送と経済面の保護の為に大津城は築城されました。築城から廃城まではわずか15年の城です。

最後の城主は今年の大河ドラマでも重要な位置づけにある京極高次です。

関が原の前哨戦として、京極高次が西軍1万5000の大軍をこの地に引きとどめました。

西軍の将は毛利元康を大将に勇将立花宗茂など九州の大名軍でした。

1万5000の将兵もさることながら、毛利元康や立花宗茂が関が原に入っていれば、違う結果になったかもしれません。

京極高次は一週間程度の攻防ののち降伏し、高野山に入ります。

あまり取り上げられることが少ないのですが、歴史に影響を与えた合戦があった場所です

【大津城址】

琵琶湖は湖岸が埋め立てられています。城が活躍した戦国時代の大津はかなり狭い平野部にあったようです。

○本丸跡にある石碑

Cimg3420_2

黄色い線の内側が城域です。本丸が湖岸に突き出た水城で水利を意識した築城であったことがわかります。

Photo

但し、遺跡はほどんど残っていません。わずかに石垣の一部が残るのみです。

地図の攻城軍陣地からは城内が見下ろせたはずです。

琵琶湖は周囲の水が流れ込む場所で、大津城も湖岸にあるだけに周囲からすれば一番の低地にある。

陣地は現在、長等公園になっていますが城がいかに低地かわかります。

○攻城軍が陣をおいた長等公園から城跡を眺める 真ん中の高層マンションのあたりが本丸

Cimg0700_2

よく一週間も戦ったと感心します。

わずかに残る石垣。外堀の石垣のようです。丸屋町商店街の大津祭曳山資料館横に残ります。

Cimg3411

戦闘の前に街を焼き、戦いに備えたようです。

城内の建物は廃城後、近くの膳所城や彦根城に移されたようです。

現在の国宝彦根城天守閣は大津城天守を解体し、3層にして移築したものらしい。

大津市の学校ではせめて、このあたりの話は伝えてほしいものです。

はるみちゃんとランニングしながらでした。

木村嘉伸

日本人の民度も落ちたもの

新幹線のホームで

「写真撮影をされている方、お下がりください」や

「電車が入りますから、お下がりください」が連呼されていました。

ホームはたいして込んでいるわけでもなく。

いい写真を撮りたいのでしょうが、こうしてみんなに迷惑をかける。

首都圏の電車の遅れはこんなことの繰り返しらしい。

なさけないものです。

自分のことばかりです。

今回震災があって、少し欲望をあらわにすることを控えているようですが、

そもそも、やってよいこと、我慢すべきこと、自分でやるべきことがわかっていない人が多い。

日本人の美徳がどんどん失われていく。

自分たちの未来を、我が手で閉じる行為です。

新横浜から、京都に向かいます。

今夜から5月5日まで関西です。

予定もなく、ゆっくりします。

木村嘉伸

ドラマ「遺留捜査」 貫地谷しほりさん

このクールのドラマも出揃いました。

前のクールに比べて刑事ものが少ない。新たな切り口のものも多い。楽しみです。

私の好みは表題の「遺留捜査」。

上川達也さんが主演で、殺人事件の被害者が残した遺留品から真実に迫っていくという刑事ドラマ。

貫地谷しほりさんは上川さん演じる遺留品係の警部補に振り回されながらも、影響を受けていく刑事、織田みゆき巡査部長を演じています。

『ジェネラル・ルージュの凱旋』、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』でもいい味を出していましたが、大河ドラマ『龍馬伝』の千葉佐那はドンピシャでした。

竜馬が行くとは違いますが、私のイメージどおりでした。

この女優さん、かなり力があると思います。

背景にいるときの表情・表現がさりげない。正統派美人なのに、見せ方が多様です。

初回は17%と好スタート。二話は14%で今日と次回が勝負どころです。

話は戻りますが、織田みゆき巡査部長でスピンオフ企画でもよいと思います。

ピンで主演をさせたい女優さんです。

木村嘉伸

国家の盛衰 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

25日夜BSで「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を見ました。

エリザベス1世の物語で「エリザベス」の続編の位置づけです。

映画はケイト・ブランシェットが前作同様にエリザベス女王を演じています。

私、この女優さん大好きです。知的な美貌です。それはさておき。

●エリザベス1世の時代 1500年代後半

日本史では戦国時代の末期で、織田信長の登場から関が原で徳川家康が天下をとった期間にあたります。

日本の歴史上、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康はその後の歴史を大きく左右した英傑です。

エリザベス女王も英国が国際的に評価をうけるに至った指導者です。

在任期間は50年ほどで、長期政権は必ず毀誉褒貶があるものだが、エリザベス女王も同様です。

当時の英国はブリテン島の半分の統治しかできていないのに、大帝国だったスペインの無敵艦隊アルマダを迎え撃ち、歴史的大勝を収め一躍国際社会に躍り出た。

その後の英国の繁栄の基礎を築いた時期だったと思います。

歴史の見方は変わります。私は100年戦争がキーだと思っていましたが、英国の基盤は国際社会への影響だと考えるようになって、エリザベス1世の統治を重要に思うようになりました。

女王の後、クロムウェルが登場し王政が途切れる時期がありましたが、国際社会の英国は変わらず、特異な位置であったように思います。

同じ島国として、英国の盛衰は日本にとっても参考になると考えています。

英国との違いは、資源の違いなんだと思いますが、国際社会での男性的立ち振る舞いのかっこよさは英国の骨子です。

日本もかっこよくいってほしいものです。

木村嘉伸

わかりにくいアウトプット 管理職の壁

通常の組織は「採用」でフィルターをかけるから、一定のアウトプットレベルはクリアした人が固まっている。

組織とはそういうものです。

ただし、これは大手企業にいえることであって、選べない中小企業はそうではない。

アウトプットとはアクションにするといろいろ。

 表情

 話す

これが二大アクション。

アクションを起こしてくれれば、なんとでも対処できるがアクションの小さい人には困るものです。

私もそうです。

私も50歳近くなって、受けとめられるようになってきたが苦手ではある。

いまどきのマネジメントはわかりやすさを追及することが大事で、私のロジックもここがよりどころです。

だから、アウトプットが弱い、こちらから見て感情が見えにくい人にはきはっきり言うにしている。

諸刃の刃なのでいきなり「君はアウトプットが弱い」といっても意味がないし、そう話をしているこちらのモチベーションもあがらない。

「あなたのアウトプットのパターンがつかみにくい」という表現をしています。

彼彼女を否定するわけではなく、“私が理解力がなくて困っている”というアプローチです。

事実そのとおりだからうそやテクニックで対処しようとしているわけではない。

実は君のことをもっと理解しておきたのだが、君のアウトプットパターンが私とは違うので

君をうまく理解することができないと感じる。

どうだろう?

言い方はキャラクターがあるのだが、私はこんな内容を関西弁でわいわいにぎやかに展開するようにしています。

理解してしまえばスッとするし、彼彼女のためにと真剣にアプローチをすれば違和感を残すこともない。

今日も顧客でこんなことがありました。

部下を怖がらないようにしないとね。

逆に、自分がいるから部下がいると勘違いしている管理職もいるけどね。

管理職は部下の為にしか存在しないのにね!

木村嘉伸

肉声メッセージ 田中好子さんの葬儀

出先でテレビを見たら葬儀の模様が流れていた。

生前に録音したメッセージを流していました。

葬儀でこんなことをするんですね。
変わってきたものです

自分の葬儀に流すメッセージを録音する気持ち、凄いことですね。

一般人では考えにくいかな…

華やかな世界の人ならではかもしれません。

青山葬儀所界隈は大変な人出のようです。

木村嘉伸

日本ハム 斎藤祐樹投手 2勝目

プロになって初めて、全投球を見ました。

6回を2点に抑えて、ゲームは5対3での勝利でした。

楽天の拙攻にも助けられました。

しかし、意外にお客さんは入っていませんでした。

関東と関西では温度差があるのでしょう。

関東だったらどの球場でも満員でしょうけど。

あれだけ変化球が多いと、ゲームはつくれるけど醍醐味はない。

投込みが足りないと思う。ストレートのスピードを上げないとやっていけないかも。

一週間に一度の登板ですから、一回りするまでに5勝、打線に助けられて3勝で

新人王という可能性はあるけど、来年以降は慣れられて厳しくなるのは間違いない。

いいストレートがないとな。

しかし、斉藤祐樹さまさまだと思うのは、まったくファンでもない私が一試合見てしまうんやからな!

木村嘉伸

都築区 山田富士

江戸時代、富士山を信仰の対象上として「富士講」と呼ばれる信仰運動が活発でした。

信仰としての活動がどんなものだったかは知りませんが、大山詣や江ノ島詣などのように観光の一種でもあったと考えています。
今でこそ簡単に富士山に登れるようになりましたが、江戸時代の装備では大変だったでしょう。
村落の代表が参詣するようなケースもあったようですから、民間信仰として完成されたものだったのでしょう。

お墓が富士山だとすれば富士塚は富士講にとっては、仏壇のようなものだっと思っています。
6月1日の山開きには富士に上って拝んだようです。

●山田富士 “山麓”からの写真

110424_155648

山田富士は江戸時代の記録が残る郷土遺跡です。富士山の山容をかたちどった人口の塚です。
村が守り続けた歴史があるようです。

●解説看板

110424_155916

富士塚に上って、富士山を眺めるのですが、今に残る富士塚で富士山が見えるものは少ない。
富士塚そのものも少なくなりましたが。
山田富士は、天気次第ですがまだ富士山が見えます。

この近くには川和富士もあります。

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-56af.html

現在、山田富士の尾根続きに横浜国際プールがあります。

Photo

上空からみたら、より山容がわかると思います。フォーカスします。

Photo_2

有馬の稜線の一角です。山田富士の足元は深い谷になっています。

家から近いので、時々ランニングでよります。

朝だと、ほんとに景色がよい。また朝RUNの景色をアップしておきます。

今日も仕事終わりで帰宅したのが15時。大急ぎで一回りしてきました。

木村嘉伸

大雨で強風の一日

一歩も外へ出ずに、本を読んだり、調べ物をしたり、明日の用意をしていました。

よく振りました、雨。風も強かったです。

食事もドミノピザです。自分だけで頼むのはたぶん始めて。

ピザ好きなのだが、なかなか機会がありません。

110423_174741

完食とはいかず、残りは明日の朝ごはんになりそうです。

研修が始まっていきます。対象は若手が減って中堅が増えていきそうです。

徐々に用意しています。今日はそんな一日でした。

木村嘉伸

東電に対する報道

昨日、東電の清水社長が避難所をお詫びに回った報道が流れた。

国家のインフラを支えているものの一企業だから、批判をうけるのもうなずける。

しかし、東電だけに批判を集めすぎではないかと思う。

一種の夜郎自大。

日本人の姿勢、潔さのようなものとは違うアクションが沢山見えていやな感じがします。

政治が絡むし、報道にバランスは期待できないからより思う。

なんかいやな感じなんですね。

木村嘉伸

大阪法善寺 串の坊 串かつの専門店です

新宿 串の坊

仲間とその奥さんとで、久しぶりにいきました。

大阪の法善寺に本店をおく「串カツ」のお店です。

110422_192028

アラカルトもありますが基本は、お任せコース。

確か30本だったと思いますが、どんどん出てきます。

はるみちゃんも好きで昔から行ってます。

今回はかなり久しぶりです。

串揚げとは違う関西流の串カツが堪能できます。

今日は三人だったのでテーブルにしましたが、カウンターで呑むのが一番の味わい。

気持ちのよい呑みだったけど、自分がそう思う時は、相手はひいているかもしれないから気をつけないとな。

明日は休みになってしまった!ゆっくりしよう

●大阪法善寺 串の坊 新宿伊勢丹会館

所在地  東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館3F&8F

電話    050-5815-0533

アクセス 地下鉄新宿三丁目駅が一番近い

http://www.kushinobo.co.jp/

木村嘉伸

阪神戦 完璧な誤審

阪神戦 完璧な誤審
昨夜の試合

7回裏ツーアウト

二塁後方に上がったフライを脇谷選手がジャッグル

かろうじて捕球したかに見せましたが、リプレイでははっきり落としてました。

関西は大騒ぎだったんだろうな〜

試合の流れが変わっただけに大きな判断でした。

自信がないんなら、なんでインプレーで流れを見ないんだろう。
サッカーでもラグビーでもボール競技ではあたり前なのに。
しかし阪神対巨人ですら、フル中継じゃないんだなぁー

時代の変化を感じます。

木村嘉伸

ヘルニア

ヘルニアがあり、そろそろ危ないなぁーと思っていたら案の定でした。

月曜日と火曜日は完全にお休みで昨日から仕事に。


痛み止めが切れていたので難儀なことでした。

お陰で阪神戦を久しぶりに見ました。

甲子園はいい!

今日は何もうかばない日です。

きむらよしのぶ

特別史跡 江戸城跡 平川門

仕事で竹橋に一日いました。ビルからは皇居の平川門が見えます。

110417_101443

平川門は江戸城の裏門という位置づけです。向こうの森は本丸で、大奥が近い。

そのため大奥女中の通用門でもありました。

また、徳川吉宗の子孫が御三卿(清水・一橋・田安)となりますが、屋敷はこの門外にありました。したがって登城口でもあったようです。

江戸城の原型を残す数少ない門です。

もう一つ。

浅野内匠頭が刃傷をおこし、田村邸に向かうのもこの門を出ています。

110417_114812

しかしランナーが多いですね。多すぎます。

木村嘉伸

横浜市都筑区の遺跡 境田貝塚

ランニングしながら、鷺沼周辺の歴史をたずねています。

昼から仕事なのでそれまでに一汗。鷺沼からたまプラーザを経由して約6キロの往復

■国学院大学グランド

110416_101113

向かうのは都筑中央公園で公園内に境田貝塚があります。

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo_2 

貝塚なので、もちろん遺物の展示があるはずもなく、訪れることで臨場感を楽しみます。

この周辺はたくさんの古代遺跡、貝塚が発見されています。

□南堀貝塚の投稿記事

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4fb1.html

現在はこの丘の裾野を早渕川があらいます。

□向かって右の森が境田貝塚

110416_104050

境田貝塚は縄文時代前期の遺跡です。

このブログで何度も出てきている「縄文海進」の時代のものです。

現在の海岸線はここから20km弱ですが、それだけ内陸に海がやってきていました。

110416_110217

次のイラストMAPは縄文海進のもの。早渕川に沿って海であったことがわかります。

110416_110234

この遺跡は、発掘史に残るようなものではありませんが、6000年の歴史を今に感じることが出来るものです。

丘の上から周囲を眺めると、低地に海が迫ったいた時代を想起させます。

最後の桜がきれいでした。かなり遅咲きです。

110416_110519
鮮やかで、暫く寝転んで眺めていました。

あったかい、今日は。センター北によってから帰宅。

木村嘉伸

鬼平犯科帳やってました キャスティングがすばらしい

久しぶりの復活でした。

キャスティングが原作を逸脱しない唯一のテレビドラマです。

絶品でした。

今日はこれだけ

木村嘉伸

阪神・金本の連続試合出場1766でストップ

成績はもちろん大事だけど、ずっと試合に出続けることはもっとすごいことです。

会社でいえば、毎日会社に出勤して、10年以上も続けるということでその重さはよくわかると思います。

阪神の金本選手の連続試合出場記録が今日途切れました。

代打で出て、ランナーが盗塁死をして打席が完結せずという終わり方です。

残念だけど、これも人生でしょう。俊介はたまらないでしょうが。

木村嘉伸

横浜市都筑区の古城 茅ヶ崎城址

中世城郭跡で、こんなに保存状態がよい城はめったにありません。

1300年代の後半から1500年代の後半、200年ほどの城です。文献で確認できる存在ではありません。

長く個人の所有で、里山のような扱いであったようです。私が東京にきたころはまだ、公園整備はされていませんでした。

公開されたのは平成21年からだったと思います。

中世の城をイメージしたければ一度、訪ねたほうがよいと思える城址です。

《解説看板》

110306_124247

■立地

茅ヶ崎城と北側にある、大塚・歳勝土遺跡の間に早渕川が流れています。

早渕川が谷のような地形で、堀のような役割だったはずです。

南にある小机城がこの地域の主城です。

小机城址は以前投稿しました。

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-1e84.html

Photo_3 

●城郭から北側を眺める 

正面の森は大塚・歳勝土遺跡。手前の住宅街の真ん中を早渕川が流れる

110306_131337

●城郭址の地図

110306_124228

●北郭 東郭よりから眺める

110306_131323

●西郭  中郭の土塁上から眺める

110306_131749

●中郭  東郭よりから眺める

110306_131123

●西郭と中郭の間の空堀と土塁

110306_125128

●北郭から西郭の空堀

110306_125027

●城と根小屋(居住地)の関係

110306_130623

開発によって、城が活動した時代とは異なっています。

当時はセンター南駅あたりから丘陵が続き、東端にこの城があります。

北側の裾野に普段の居住地である根小屋がありました。上記のMAPでは推定とありますが既に、家が建っていますから発掘調査はなされていません。

小机城址と茅ヶ崎城址を同時に訪れると、臨場感が沸きます。

■茅ヶ崎城址

所在地 神奈川県横浜市茅ヶ崎東2丁目25

アクセス 横浜地下鉄センター南駅より徒歩5分

木村嘉伸

「あきらめないことだけは出来る」

いやあ〜いい言葉だった!

楽天の嶋選手がなにげなく言った言葉です。

木村嘉伸

NHK 「歴史秘話ヒストリア 高杉晋作」に思う

新しい情報はありませんでしたが、思うことがありました。

高杉晋作は歴史上の天才です。日本にはいないタイプの英雄です。

高杉晋作が仕えたのは現在の山口県を領地とした毛利家です。

この英雄が使えた毛利家はとても英雄的気概を持った家ではありません。

毛利家の中興の祖は毛利元就です。一地方の豪族から、中国地方の覇者となりました。

しかし、その前もその後も、歴史を揺るがす人材が見当たりません。

この家祖は、鎌倉幕府の創業の功臣、大江広元(おおえのひろもと)です。

文人ですが、日本の参謀列伝を作くるなら絶対はずせない。

鎌倉幕府は狭量の政府で、創業期の功臣が次々と粛清されます。

そんな中、最後まで地位を保ち続けたのが大江広元です。

初の武家政権を立ち上げ、京の朝廷(実態は法王)と微妙な距離を保ちつつ、ついに、天下をとります。

考えてみてください。

源頼朝は“犯罪者”です。都を遠く離れて流罪にされた罪人が、
兵を挙げて、天下の軍をあいてに戦い、遂に天下をとる。

源頼朝は貴種ではあるが武家であり、当時の地位は高いものではない。

その参謀が大江広元です。

私は非常によい印象を持っています。

高杉から連想するには遠いのですが、番組を見ていて歴史の面白さを感じました。

最近、戦国ばやりですが、鎌倉時代も触ってほしいものです。

歴史の発火になった時代だから。

木村嘉伸

阪神タイガース 2連勝 やっぱり、野球は甲子園やね~

球児は散髪してシャープになりました。

マートンもいいところで打ってくれました。

八回の右狙いの方がいいバッティングだったと思いましたが。

六甲おろし 歌いたいなぁ~

木村嘉伸

楽天 嶋選手の一撃 開幕勝利おめでとう 名スピーチを思い出しました

野村元監督の秘蔵っ子、楽天の嶋捕手は声がすばらしい。

今日の一発は力んで、こねてしまいそうなコースをスムーズなバットコントロールで運びました。

4月2日に嶋選手が震災に関して、スピーチをしました。

webでも話題になっていましたが、その日はブログにアップするタイミングがなく、

次の日の新聞でコメントを保存していました。

久しぶりに思いのこもったいいスピーチでした。その日の夜ニュースでみて感激しました。

こんなタイミングでなんですが、アップしておきます。

●以下、嶋選手のスピーチの全文です

あの大災害、本当にあった事なのか…、今でも信じられません…。

 僕たちの本拠地であり、住んでいる仙台、東北が今回の地震、津波によって大きな被害を受けました…。

 地震が起きた時、僕らは兵庫県で試合をしていました…。

 家がある仙台にはもう1カ月も帰れず、横浜、名古屋、神戸、博多、そしてこの札幌など全国各地を転々としています。

 先日、私達が神戸で募金活動をした時に、

「前は私たちが助けられたから、今度は私たちが助ける」

 と声をかけてくださった方がいました。

 今、日本中が東北をはじめとして、震災に遭われた方を応援し、みんなで支え合おうとしています。

 地震が起きてから、眠れない夜を過ごしましたが、選手みんなで「自分達に何ができるか?」「自分達は何をすべきか?」を議論し、考え抜きました。

 今、スポーツの域を超えた「野球の真価」が問われています。

 見せましょう、野球の底力を。

 見せましょう、野球選手の底力を。

 見せましょう、野球ファンの底力を。

 共に頑張ろう東北! 支え合おうニッポン!

 僕たちも野球の底力を信じて、精いっぱいプレーします。

 被災地のために、ご協力をお願い致します。

スピーチライターがいるのかもしれません。

それやこれやも関係なくすばらしいスピーチでした。

肩肘張ったところ、気を衒った所もなく、ナチュラルな思いを短いスピーチにこめていました。

嶋選手を応援しようと、単純に思ってしまいました。昨年初の三割を記録しました。

キャッチーも打力が必要な時代ですから、よい成績を残してほしいものです。

酔っていると思ったら、またゆれてますね。

木村嘉伸

車酔いが続く・・・

毎日、ずっと酒を飲んでいるような状態にあります。

震度3程度なら、なんともなくなってきましたが、ずっとゆれているようにも感じます。

医者に行く人も増えています。難儀なことですね。

余震とは思えない震度が続くからたまりませんね。

現時点で震度5弱以上が25回も起こっているんだって。

今朝も通勤時にゆれて、社内は携帯の緊急地震速報のコールが鳴り捲りでした。

よけいに神経質になるから関心しません。

昨日も田園都市線が止まってまいりました。

110411_19100002

今年の研修はこれから始まるのですが、どんなものにしようか?と迷っています。

こうしたピンチをチャンスに変えてあげないといけないからね~

とはいえ今日も酒のんでます。呑むぞ!

木村嘉伸

阪神タイガース 藤川球児 3者連続三振で開幕

いよいよ球春です。阪神は開幕勝利でスタートしました。

真弓さんはできるリーダーだとおもっています。人柄もよいのでしょうね。

110412_225531

しかし日本一の観客動員を誇る我らが阪神タイガースの情報が少なすぎますね。

関東にいるとほんとに少ない。

球界一のクローザーが三者連続三振で開幕勝利なんて、大変なニュースなのに。

明日のデイリースポーツが楽しみです。

マエケンを打ち込んでの開幕勝利だから値打ちがある。

しかし、能見が開幕投手とは心配ではある・・・

楽天の開幕勝利もよかったよかった。

開幕問題で、世間の評価を落としましたが、今回はよい球界変化のチャンスだと思う。

親会社の支援を受けないとやっていけない経営自体が信じられない。

そんな経営がゆるされるわけがない。日本のスポーツビジネスは甘えていると思う。

間違いないのは巨人主体、セ・リーグ主体ではなくなったこと。

木村嘉伸

TVタックル 今日の3時間SPは良かった

「東北から直談判」と銘打った番組でした。

会津の経営者が登場されて、現状と復興への意欲を語っておられました。

今日も大きな余震があり、気持ちが萎えかけますが、そんなこというてたらあかんと感じました。

一生懸命働かないあかんな!ほんまに

木村嘉伸

4日間マスターズをみました 日本人が海外で勝つには???

石川遼選手は3アンダー、松山選手はイーブンで終了しました。

優勝争いは大混戦。
どの選手も波がなかなかやってこなくて、我慢のゴルフでした。
バックナインに入ってアダム・スコット、ジェイソン・ディ、カール・スュワルツェルが抜け出しました。

110411_075004

最後はスュワルツェルが13アンダーとして優勝。15番から4連続バーディでのフィニッシュ。

ゴルフだけではありませんが、海外では初出場の選手が活躍するケースがある。

また韓国選手の強さなんか傑出している。

日本人はこれが少ないんだよな。

どこに違いがあるのか?不思議でしかたない。

正直、見ているこちらも優秀争いではなく、健闘を祝福する気分になってもいる。

これがわかると世界の中の日本人が変わると思う。

7時50分ゃぁ。そろそろ、出発しないと。

木村嘉伸

統一地方選挙前半戦 民主党の惨敗と小党の乱立

政権与党、民主党の大惨敗におわりました。

当選数は 
民主党は415→346 と大幅減。
自民党は1247→1119 こちらもです。

知事選の直接対決は自民が全勝しましたが、総合的な結果は

「民主党はダメだけど、自民ももう一つ。しかたないから小党に」

こんな感じです。

最近の選挙を見ていると、民意はよく心得ているように思う。

それじゃなくても、行き詰っているのに。国政はまたまた停滞しそうです。

木村嘉伸

 

九品仏から目黒川 桜鑑賞RUN

夕方から人に会う以外、なにもなくなったので、じっくり走る日にしました。

全く走っていないので、地面を蹴っていないのがわかるようになっています。まずい。

自由が丘、目黒川で桜と思い、ついでに奥沢城跡をたずねるRUNにしました。

●都立大学駅付近の呑川緑道

A110410_125424

●碑文谷公園

B110410_130411

碑文谷公園には池。ボートが出ている時期にくるのは初めてです

C110410_130645

●さて、目黒川に到着  すごい人なんですね。びっくりです。

D110410_133042

D110410_133202

D110410_133848

この絵はなかなかだと思います

D110410_133928

すごい、桜の洪水です

D110410_133954

目黒川は見ての通り、人口の川になってしまいましたが、この時ばかりは味があります

D110410_135922

西郷山公園に上りました。ここもオンシーズンには初めて。 なんだかんだでも、盛り上がっていました。こうじゃないとな。

●西郷山公園

  天気がよければ、富士山が見えるはずだが

E110410_134429

真ん中のタワーは代官山アドレス

E110410_134435

E110410_134445

さて西郷山公園から一旦、246に出て、信号を避けるために、三軒茶屋の手前から迂回しました。 偶然、「世田谷観音」の前を通りました。

●世田谷観音

110410_142500

珍しい、三層の櫓

110410_142621

ここも桜が豪快でした。

110410_143425

●二子玉川通過二子新地から、世田谷方面を眺めています。岸の先に森が続いていますが、これが武蔵野崖線です。

110410_154206

大山街道を溝の口までいき、今日はここまで。 あとで調べたら20kmでした。久しぶりです。 かなり乳酸出ています。めちゃめちゃくたびれました。

ジョグノートにあげときます。

http://www.jognote.com/jogmaps/571343

木村嘉伸

世田谷区の史跡 奥沢城跡 桜がみごとでした

九品仏駅から徒歩で3分程度で、九品仏浄真寺があります。この寺の寺域が奥沢城跡です。

●浄真寺 建物は当時のものではありません。

110410_114606

案内看板

110410_114656

110410_114818

110410_115129

世田谷城の子城の一つです。世田谷城は以前紹介しました。

http://c-forest.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-5611.html

戦国時代の世田谷は足利将軍家の一族である吉良氏が領していました。

1400年代の半ばから1500年代半ばの約100年ほどでしょう。

吉良家は三河を本願していて、忠臣蔵で有名な吉良上野介はこの流れです。

奥州探題として東北に根を張った一門が衰退し、鎌倉公方が関東へ呼び寄せ、世田谷に定住します。

これが世田谷吉良家の発端です。世田谷城が本城であり、この奥沢城は代官が入っていたはずです。

史上著名な城ではありませんが、都内の中世の城にしては城域が残っているほうでしょう。

城跡です。写真の城囲みは確認できた土塁です。

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo_2

石柱と土塁跡

110410_115059

向かって右の奥が土塁

Uuu110410_115732

桜がみごとで、しばしたたずんでいました

Yy110410_115422

風情たっぷりです。

Yy110410_115608

現在の参道が当時の大手口だったようです。 周辺をぶらぶらすると、城跡が台地にあることがわかります。 戦国の平城ですから、堀というより深い田んぼないし沼のような中に立地していたようです。 戦国の前期ならこの程度でも十分だったかもしれません。

この城は小田原城落城とともに廃城になります。

さて、ここからランニングを開始します。 木村嘉伸

九品仏駅 

東急大井町線の九品仏駅はホームが短く、駅に電車がついても一両分ホームから

はみ出します。

踏み切りで待っていて、写真がとれました。

110410_114318

110410_114333

これだけ。 木村嘉伸

たまプラーザ、あざみ野の桜

桜は満開にちかいが、昨夜からの雨で散り始めになってしまいました。

E110409_152731

E110409_152924

E110409_154650

E110409_155428

木村嘉伸

横浜市青葉区の遺跡 都筑郡郡衙跡(長者原遺跡)

午前中の仕事を終えたら、雨があがりました。今日は終日雨のイメージだったのどこにも寄れずに急ぎ鷺沼に戻りました。

近所の遺跡ランニングにしました。

向かうのは律令時代の遺跡で、当時のこの地域の役所跡です。都筑郡郡衙跡(長者原遺跡)といいます。

ジョグノートにあげておきます。

http://www.jognote.com/jogmaps/569713

場所は田園都市線江田駅の近くです。国道246号線のそばでもあります。

江田駅の北側には中世の荏田城址もあり、大山街道(246号)を押さえる要衝だったことがわかります。荏田城は以前にも投稿しましたが、個人の所有で開放していません。

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Photo_2

律令制は古代の統治の枠組みです。律令制のスタート時期は意見がわかれるます。

私は大津に都を移した時期からだと思っています。

天智天皇はしがらみを排除する意味もあって飛鳥から都を移したのですが、この時期が国内統治の変革時期だと思っています。この遺跡はちょうど同じ時期、7世紀後半からの遺跡です。

「都筑郡郡衙跡」?

当時、私が住む鷺沼も、遺跡のある青葉区も武蔵国に属していて、現在なら、横浜北部・川崎北部・西東京・埼玉が同じ行政単位(府)でした。

郡衙は国の一つ小さな統治単位です。

当時の「国」が今の県なら、「郡」は今の市かもしれません。

古代都筑“市”の役所の跡です。

110409_143541

荏田猿田公園になっています。看板一つあるだけです。すぐ横には、東名高速が走っています。

高速の隣には国道246号線。大山街道、矢倉沢往還など時代によって呼称は変わりますが、8世紀からずっと主要幹線です。

郡衙跡は街道を見下ろす高台にあります。周囲に家が建ち、高速の壁もあるので国見をすることが出来ませんが、高台の立地は確認できます。

110409_143603

横浜は遺跡保存に消極的な印象があります。

都筑にはよい遺跡が多いのですが、看板一つない。

長者原遺跡は解説版があるだけましです。

■都筑郡郡衙跡(長者原遺跡)

所在地  横浜市青葉区荏田西

アクセス 東急田園都市線江田駅徒歩3分

木村嘉伸

不在者投票をしてきました

110408_122816

こんなのが手元に着ます。選挙は皆勤です。国民の義務なので。 今日は会社なので渋谷区役所で投票してきました。

木村嘉伸

マスターズ1ラウンド 石川遼は-1でスタート

眠い日が続きます。

藤田選手も2アンダーで好発進。13番のチップインイーグルはやわらかいどんぴしゃのタッチでした。

石川選手はグリーンに若干嫌われているようで、惜しいパーが続きました。

テレビで見ていても、難しいコースですね。

韓国盛の強さはどこに理由を求められるのでしょう。ゴルフだけじゃないですが。

日本は見習わないといけない。

木村嘉伸

渋谷桜丘 鳥金

「とんねるずのみなさまのおかげです」のグルメコーナー『きたなシュラン』で紹介されていました。一度行きたいと思っていました。

会社帰りにツジピーとよりましたが、なかなかよい。宮崎地鶏のお店です。

場所は渋谷の桜丘。なんだが、メッチャペタな外観です。

110408_194942

さくら通りからの外観です。

110408_185303

お店のなかです。狭い。このあとすぐにぎっしりになりました。

110408_184806_3

メニューは絞られています。地鶏もも身炭火焼きがメインで、中皿をお願いしました。

110408_184848_2

地鶏もも身炭火焼き   宮崎の名物料理です。 ゆず胡椒でいただくのですが、炭火の野趣がなかなかよい。

110408_185435_2

中華風冷奴 ザーサイが乗っています。ゴマ油が風味をあげています。

110408_190305

とりのたたき 皮がこりこりしていて食感がいい。

110408_190533

さくらが満開に近い。明日は雨なんですよね。

110408_195027

焼き鳥好きにはたまらないお店でしょう。会社帰りにちょっといっぱいという方が多いように思いました。

最後に冷汁をいただいて終了。

価格もほどほどです。ゆったりしたサービスは期待してはいけません。

2時間制になることが多いようです。

●渋谷 鳥金

所在地 東京都渋谷区桜丘町16-10

電話  03-3770-8679

アクセス 渋谷駅東口より徒歩3分

営業時間 17:00~23:00

定休日 日曜・祝日

木村嘉伸

海外ドラマ「glee」にはまっています

はまりやすいので、なるべく海外ドラマには手を出さないようにしていたのですが、

「BONES」ではまって、全シーズンみて

今度は「glee」にはまっています。

Photo

明日から、BSでファーストシーズンが始まります。まぁだまされてください。

ハイスクールのグリークラブを舞台にした学園ミュージカルです。

「Don't stop believin」が抜群でやられました。

一応、YOU TUBEをあげときます。

http://www.youtube.com/watch?v=5WxPyUzWSPA

ウィル役のマシュー・モリソンとレイチェル役リア・ミシェルがお気に入りです。

中央林間のSEASONさんで、軽くいっぱいで帰宅しました。

実はgleeのDVD借りてて、一気に見ないといけない日です。

借りても見切れないことが多いのが私の残念なところ。今日はがんばるけど、明日朝はマスターズで早起きしないといけないからたぶん、無理なんだろうな~

木村嘉伸

東京都の史跡 本所松坂町吉良邸跡

110406_110203_3

両国に来たら、寄らないわけにはいかないのがこの地。

元禄15年(1703年)12月14日深夜、吉良邸に48人の旧赤穂藩士が乱入し、吉良上野介を討ち取ります。

忠臣蔵として有名な元禄赤穂事件がこの地で行われました。

邸宅のごく一部を公園として整備してあります。

吉良上野介はこの地に屋敷換えになった時、都落ちを嘆いた記録があります。

当時は、そういう印象の地域だったのです。幕府は何かあっても影響が出ないように

この地に移したのかもしれません。

忠臣蔵はその後の日本人の価値観に大きな影響を与えました。

また、海外でも日本人の特徴として認識され大きな力を与えてくれるようになりました。

現在の日本人には通じないかもしれません。

日露戦争当時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトは忠臣蔵に日本人を見た一人です。

日本通の彼は、日露戦争のポーツマス講和に大きな影響を与えてくれました。

この地で日本の歴史が変わったと感じながら、是非足を運んでください。

●正面です。

110406_111706

●公園内の当時の屋敷図

110406_111503

●正面の石碑

110406_111259

●吉良上野介の像

110406_111418

●外壁の案内板

110406_111646

●江戸切絵図がいいですね

110406_111525

●吉良邸跡 

所在地 東京都墨田区両国三丁目13番9号

アクセス JR総武線両国徒歩8分

木村嘉伸

東京都の旧跡 勝海舟生誕の地 男谷邸跡

小学校の頃から、一貫して好きな歴史上の偉人は「勝海舟」です。

はじめに読んだのは子母沢寛の『勝海舟』です。

当然『氷川清話』も繰り返し読みました。読み返してみたくなりました。

日本の歴史を見回しても、彼は特別な存在です。

司馬遼太郎さんは『竜馬が行く』のなかで、勝の存在を“時代の奇観”と表現しています。

徳川の臣でありながらも日本の将来に思いをはせ、幕末に唯一世界の中の日本を見ていた人です。

また、終生徳川家の家臣として、家名のたつように働き続けました。

勝の話はきりがなくなるので。

勝が生まれ幼少期を送ったのが本所です。現在、両国公園に碑があります。

110406_112115 110406_112129

彼が生まれたのは親戚の男谷家でした。

勝家は新興の旗本です。江戸時代の末期には旗本株の売り買いが行われており、数代前に御家人(下級幕臣)となりました。

本家にあたるのが男谷家です。勝海舟の父、小吉は天保水滸伝に出てくるような無頼の徒であったようです。

彼の『夢酔独言』はこの時代の空気と貧乏御家人の生活の機微に触れた名著だと思っています、私。

小吉は家族だけでなく、親戚にも迷惑を掛けています。

勝がこの地が生まれたのは父、小吉の不行跡によって生活に困窮していた為です。本家の世話になっていたのですね。

この地は男谷家の居宅兼剣術道場でした。

幕末の剣聖 男谷精一郎が主でありました。歴史ドラマの主人公になってもおかしくないのに、取り上げられることが少なすぎる。勝は従兄弟にあたりますが、親と子ほどの年の差があり、勝が物心ついたころには、剣名を謳われた存在になっていました。

幕末は多くの剣客が登場しますが、中でも精一郎は最強でした。

また、他流試合を禁じていた時代でしたが、こだわることなく立ち会いました。

剣術興隆の立役者だってと思っています。見事な人物です。

●勝海舟生誕の地 男谷邸跡

所在地 東京都墨田区両国4-25-3 両国公園内

アクセス JR総武線両国駅徒歩8分

木村嘉伸

 

「本所」に行ってきました。

駅名では「両国」です。

110406_110203

現在は、両国国技館と江戸東京博物館、そして吉良邸跡で有名です。

●江戸東京博物館                 ●両国国技館

110406_105904110406_105950

飯田橋から錦糸町に行くすがら、昼食の為に途中下車しました。

両国の名前の由来は隅田川を挟んで、両国川は下総国で対岸は武蔵国だったからだそうです。

地名というより、地域名だったようです。

本所・深川という表現がありますが、現在の両国駅界隈が本所で、南側が深川です。

深川は別の機会に。

本所という地名は全国にあります。中世の荘園制に由来し、公家などの「領地」の実際の支配の総称です。

当時の江戸は一寒村でしたから、ひょっとするとこの地の方が栄えていたかもしれません。

江戸時代の初期は町外れの地で、両国橋がかかるに及んで、人口が増加します。

今でいうと、新興住宅地でしょう。

震災がらみで恐縮ですが、両国橋が架設されたのも災害です。明暦の大火で橋がなかった為に多くの犠牲が出来たためでした。

関東大震災では本所も大きな犠牲者を出します。9割の建物が消失したのです。

両国橋は損傷はあったものの無事でしたが、他の橋とともに架け替えられました。

時間がなくて橋には行きませんでしたが、復興橋梁の一つです。

今の本所は、相撲の町です。下町のよさも垣間見れます。

110406_114754 ということで、数箇所見て回ります。

木村嘉伸

震災後の立ち上がり だいぶ戻ってきたようです

今日、ざっとクライアントに震災の影響を確認しました。

医療系は停電がなくなり、一層患者さんが増加。

フードサービスなども震災以前に戻っているというクライアントが多くなりました。

よかったよかった。

我々の同業も先週ぐらいから、通常の動きになっているところが増えています。

4月という月の切り替わり、桜がちらほらする季節感など変化する要因は結構ありますから。

まだまだ心配な要因はありますが、やるべき人がやるべきことをしっかりやらないと、日本が沈んでしまいます。

花見というムードではありませんが、季節を楽しんでほしいものです。

だいぶ、桜も咲いていますしね。

復興費用の多くは税収ですから、動いてお金を落としていかないといけません。

自粛ムードは結局復興を遅らせます。

東北の経済基盤は首都圏ですから。

木村嘉伸

Google Earth 角度を変えた面白さ

Google Earthで遊んでいる方は多いでしょう。

地球全体、また地球からみた宇宙を写真にするという発想がすごいと思いました。

現在と過去もあわせて見せているのもすごい。考え方が立体的です。

私はまだ遊び始めなのですが、はまっています。

何をするわけではありませんが、角度を変えて眺め見る面白さを味わっています。

また、平面地図では認識しづらい、時間軸が伝わると感じています。

ものの見方は角度の変化で大きく異なる。正面から見ていたのを後ろから眺めてみたり、上から覗き込んだりしていくと印象が変わる。

「出来る」差は、アイデアの差ではなくものの見方、現状のつかみ方の違いです。

今年はGoogle Earthをトレーニングに使ってやろうと考えているところ。

まだイメージが足りないのですが。

●被災地の画像がUPされていました。

Photo

今朝はお近くの「桜眺めRUN」してきました。鷺沼はこの週末には重厚な咲きっぷりになりそうです。

●日本精工グランドの桜

110405_071155 

江戸時代の「人間教育」

江戸時代の教育に強い関心を持っています、私。

ペースになっているのは、読み書きそろばんです。

武家社会と庶民は学び方が違うので、一緒に語ることは難しいのですがトータルの識字率は世界一だったと思います。

武家は100%でしょうし、民も読み書きができなければ生活に支障をきたしたはずです。

武家の統御が行き届くほど、民も学習の必要が高まるからです。

読み書きそろばんは現代なら「国語」と「算数」。

この二つが学習の基本だし、それは今日でも変わらないはずです。

現代社会では、国語と算数がもっとも弱いように感じます。

その上、武家社会は「朱子学」という人間学を学ばせました。

教育の国家統制の一つですが、日本人にもあっていたのかもしれません。

現代人は陽明学こそ必要と感じますが、朱子学の持つ上下の規律も大切にしなければなせない。

朱子学・陽明学は「人間」を高める学問で、人間が日常規範を通じて形成される沢山のものを学問として消化しているのです。

今、一番足りないのはこうした学問です。

「道徳」という授業がありましたが、あれではだめなのです。

行動原理は自分でうちたてないといけません。

こういう学びを育てていくのがこれからの日本を作るのではないかと思います。

歴史に学べとはよくいったものです。

私の範疇外も分野ですが、この領域にいかないと私もだめだと思っています。

木村嘉伸

横浜市都筑区の遺跡 南堀貝塚

朝からジョギングです。かなり久しぶり。普通にやらないとね。今日は夕方から人に会います。

思いついたのは「南堀貝塚」。鷺沼からたまプラーザ経由で最後は横浜歴史博物館です。

ジョグノートに久しぶりにあげておきました。http://www.jognote.com/jogmaps/562897

さて南堀貝塚です。

教科書にも載っています。都筑区の丘陵地帯にあります。

グーグル・アース(Google Earth home http://earth.google.com/)から作製

Map_20110403

立地は縄文海進で海が迫っている岬の上。当時は海際の明媚な集落だったはずです。

今の写真で森の場所以外はこの時代、海でした。

縄文時代の早期から晩期までの遺跡です。

発掘は戦後が落ち着いた昭和30年、横浜市の多くの関係者、学生なども動員した当時としてはかなり大掛かりなものだったようです。

中央に広場があり、広場にはお墓がある。たぶん同時期には20ほどの住居があったのでしょう。予想では100名程度の村だったはずです。

縄文時代の集落の形をはじめてあきらかになった遺跡で、考古学会にとっても歴史学的にエポックメイキングです。

●サレジオ学園の裏の丘の上に遺跡はありました。

110403_125126

残念ながら、遺跡は保存されずに埋め戻されて住宅になっています。

ジョギング途中で通りはしましたが、痕跡や案内版のようなものは見つかりませんでした。

痕跡はないのですが脚を運ぶと感じることがあります。

丘はこの地域では二番目に高い位置あります。開発で地形は変わったでしょうが、岬の突先のような位置にあります。

振り向くと、横浜国際プールのある丘陵で、あのあたりにも何かあるのではと思ってしまう。

都筑区にいると、里山のような丘陵は縄文時代もそのままで低地は縄文早期は海の底だたわけです。

全部ちゃんと発掘調査しているのかな~もっと出ると思うのだが。

横浜歴史博物館に久しぶりにいきました。

私は、時代の好みが幅広いので、博物館に行くと長居します。

今日は南堀貝塚を改めて調べようと思ったので、学芸員さんにも質問してました。

博物館はこんな使い方がよいと思います。私、だから何回も同じ博物館にいきます。

その時々で好みが違いますから。

この博物館は企画ものに熱心で面白いものを扱っています。

常設は正直もう一つ。他の博物館と被るからなのか遠慮たっぷりの展示なんですね。

4月なのに寒かった、今日。

木村嘉伸

クライアントの入社式に 経営が発する愛情表現

クライアントの入社式にお邪魔しました。

手作り感が満載で温かみが伝わるよい集いでした。

ビジネス人生の初日です。これからが長い。

企業のイベントととらえるよりは人生の第一歩と考えられると味わいのあるイベントに

できるもの。

そのあと、経営陣と一杯。どういうわけか、少量でかなりきました。

経営は外には「パッション」を、内には「愛情」が必要だと思います。私はこのように思っています。

愛情は厳しいものです。猫かわいがりは愛情ではないから、本当の幸せを突き詰めてあげるのが愛情です。

粘り強い愛情を発揮してあげたいものです。

木村嘉伸

実のある行動をしよう

ニュアンスが難しいが、日本人の謙譲の美徳、さっぱりした思いやりの行動、気遣いなんかが変わってきたと感じたのは震災後。

海外では、暴動などのトラブルが起こらない日本の風土や日本人の資質に言及する記事が見られた。

なんだけど、本来の日本人はもっとさっぱりした義侠心があったように思う。

テレビで流れる「支援」「元気を届ける」というメッセージのチープさがやや耳障りになってきました。

もともと、ムダを作り出すことで日本経済は成長してきた。「支援」をと、報道しているテレビも同じような特徴のない番組を多くのキー局が流している。これが既にムダ。

本当に必要なもの、実のあるものに目を向けるチャンスのように思う。

こんなこと書いているが、今日は風邪を引いて休んでいます。難儀やな。

木村嘉伸

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »