無料ブログはココログ

« 初めて計画停電に遭遇  群馬県みどり市にて | トップページ | 茶屋 草木万里野 熊谷店 »

群馬県の史跡 前橋城址

前橋は歴史上、北関東の要衝で現在は群馬県の県庁所在地。

昨夜は前橋泊りで、朝6時半からジョギング。前橋城址に向かいます。

こんな時間なのに、ガソリンスタンドはもう列をなしていました。

   ●北関東のmap

Photo

最近はニューイヤー駅伝で知られています。

        ●群馬県庁です。

110318_071801

残念ながら遺構は少ない。現在残るのは土塁と車橋門跡のみ。

110318_072211 

前橋は戦国時代には厩橋といわれていました。語源が知りたいのですが情報がありません。

織田信長の宿老の一人、滝川一益が関東管領と称して、関東攻撃の居城としていました。

また、上杉謙信が関東に攻め込むときには、この地が拠点となっていました。

関東の要衝であることがわかります。

残る遺構は江戸時代のもので、厩橋時代のものではないようです。

それが知りたいのに。

但し、残る「土塁」は雄大です。関西ではほとんど見かけることはありません。

自身こんな規模の土塁は見たことがありません。

    ●土塁

110318_072037

    ●土塁上から眺める

110318_072619

    ●前橋城址の碑入り口

110318_072421

    ●前橋城址の碑

110318_072445

    ●三の丸の外側の土塁 この土塁の向こうは川である要害としていたはず

110318_072919

    ●三の丸の外側の土塁を反対側から110318_073011

    ●車橋門跡の碑

110318_071454

    ●車橋門跡

110318_071534

関東の名城のひとつだったらしいのですが、遺構が少なくて残念。 木村嘉伸

« 初めて計画停電に遭遇  群馬県みどり市にて | トップページ | 茶屋 草木万里野 熊谷店 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/39277648

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県の史跡 前橋城址:

« 初めて計画停電に遭遇  群馬県みどり市にて | トップページ | 茶屋 草木万里野 熊谷店 »