無料ブログはココログ

« 節電の渋谷 | トップページ | 大山街道を走る 鷺沼から二子玉川 »

川崎市宮前区の史跡 馬絹古墳

震災で仕事はキャンセルになり、三連休になりました。とはいえ、関東を離れるわけにはいきませんから、いつもの休みをおくります。

今日は停電もなしと発表があり、走りに行きます。生活物資の買い物もしないとね。

思いついて、二子玉川の駅前施設RISEがオープンしたので、大山街道RUNにしました。

とはいえ、まずは史跡散策です。近いのに行っていなかった馬絹古墳です。

Map

●馬絹古墳 川崎市の史跡です。

110319_124700

110319_124731

110319_124744

110319_124826

110319_124841

盗掘もあり被葬者の特定は困難です。古墳時代後期、西暦では600年代の後半のようです。天智天皇、天武天皇の時代でしょうか。。

墳丘に上れる古墳は当然ながら多くはありません。 しかし、墳丘上から眺めてみると、その土地での影響力を感じます。 。

馬絹古墳は丘陵の半ばにあり、現在の尻手黒川道路を見下ろしています。 古墳の墳丘はともかく、石室の規模も大きく、被葬者は二人ないし三人と考えられるので、この地域の長だったのでしょう。 。

私は関東の古墳石室に暗いのですが、石室には持ち送り法が使われているとのことですから、中央政府繋がる地方勢力だったのかもれしません。 石室は公開していませんので、訪れても得られるものが少ない 。

このあと大山街道を二子玉川までRUN。

木村嘉伸

« 節電の渋谷 | トップページ | 大山街道を走る 鷺沼から二子玉川 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/39289089

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市宮前区の史跡 馬絹古墳:

« 節電の渋谷 | トップページ | 大山街道を走る 鷺沼から二子玉川 »