無料ブログはココログ

« 東京都の名所 聖橋(ひじりばし) | トップページ | 栃木県の史跡 小山城址 »

栃木県の史跡 宇都宮城址 関東七名城の一つ

東京の仕事を終えて、宇都宮に入りました。たいぶ、福島原発に近づいています。

3ヶ月に一度程度やってきます。もう車も多く、あまり震災の影響は感じませんが、途中の東北新幹線は緊張感がいっぱいでした。

宇都宮は中世・近世は交通の要衝でした。

Map

夕方、暗くなる前に入れたので、宇都宮城址をぶらぶらしてきました。

タイトルの通り、関東七名城といわれていましたが、遺構はほとんどありません。

●復元の清明台 天守替わりのようです

110326_155304

●復元の門 当時はなかった門です。

110326_155403

●案内版

110326_155428

●当時の地図と現在の状況map

110326_155528

●公園化した城内

110326_162003

宇都宮氏は豊臣秀吉の「宇都宮仕置」の数年後、改易になりその後水戸藩に奉公し、歴代家老となります。

江戸時代の宇都宮は、日光を守り、東北の押さえとして戸田氏、奥平氏、本多氏など譜代大名ばかりが配置されます。

最後の藩主は戸田氏です。       

●戊辰戦争のmap

戊辰戦争では、土方歳三率いる旧幕府軍が攻撃し落城の憂き目も見ています。

110326_160918

当時の城は、東側の田川を堀代わりとしていました。

土方軍は搦め手である田川を越えて進入し、官軍を追い払います。

残念ながらこの戦闘で城は焼け落ちます。

ということで、関東七名城の一つといわれますが、見るべきものがありません。

古地図をもとにぶらぶらしてみると、城がやや高台にあったことがわかる程度です。

久しぶりにかっちゃんといっぱいやりにいきます。震災で動揺していろだろうな。

木村嘉伸

« 東京都の名所 聖橋(ひじりばし) | トップページ | 栃木県の史跡 小山城址 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/39375691

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県の史跡 宇都宮城址 関東七名城の一つ:

« 東京都の名所 聖橋(ひじりばし) | トップページ | 栃木県の史跡 小山城址 »