無料ブログはココログ

« 栃木県の史跡 小山城址 | トップページ | ソメイヨシノ 東京で開花宣言 »

栃木県の史跡 小山評定跡

小山城址の県道を挟んで南側に小山御殿跡があります。

この地が、小山評定の跡といわれています。

Photo

●通り名にもなっています

110327_094842

●小山御殿の案内板

110327_102702

案内板の当時の位置

110327_102803

市役所内にある石柱 小山評定跡という史跡指定なんですね。珍しい。

110327_103518

110327_103445

現在は公園というか里山のようになっています。

110327_094916

110327_103056

上杉家を攻撃するため、徳川家康を主将として豊臣の武将たちがこの地に参集しました。

そこに、伏見城からの石田三成の挙兵を伝える使者が到着します。

家康は諸将をこの地に集めて、去就をせまります。

このときの呼吸は司馬遼太郎さんの「関が原」が伝えています。

家康の天下取りに向けた緊張感が伝わって読んでいて緊張します。

評定では、筆頭の福島正則が家康について戦うことを明確にし、大半の将がその声に従いました。

山内一豊が、掛川城を明け渡したのもこの評定でした。

この評定が長引いたり、三成軍の投じるものが増えていたら、歴史はどうなったかわかりません。

関が原の勝敗はこの地で決まりました。

また、徳川幕府の初期構造を決定したのもこの地でした。

残念ですが、みるべき遺構はありません。もったいない!?

木村嘉伸

« 栃木県の史跡 小山城址 | トップページ | ソメイヨシノ 東京で開花宣言 »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/39391598

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県の史跡 小山評定跡:

« 栃木県の史跡 小山城址 | トップページ | ソメイヨシノ 東京で開花宣言 »