無料ブログはココログ

« 長期政権の前には必ず大きな戦いがある | トップページ | 調布パルコで「オーケストラ!」を上映してました »

調布の名所 布多天神社 近藤勇の孫の名前がのる記念碑

110201_140924

京王調布駅の北側に参道(現在は商店街)があり200mほどで布多天神社があります。

延喜式に名を連ねる古社です。武蔵野の赴きを残していて、私は好きな神社の一つ。

現在の地は1477年に移ってきた場所です。多摩川の洪水被害によってとのこと。

1477年は応仁の乱が収束した年です。それだけでも古い。

110201_140952

拝殿

110201_141332

境内に日露戦争の記念碑があります。この碑の裏面には日露戦争に従事して戦病した近藤勇の孫である、勇の娘瓊子(たまこ)と勇五郎の一人息子・近藤久太郎の名があります。かなり風化しているので、発見は出来ませんでした。 110201_141807

110201_141723

新選組局長 近藤勇は現在の調布市の生まれです。子孫もこの地に住んでいたんですね。この久太郎の戦死をもって近藤勇の直系の子孫は途絶えているようです。 ちなみに太閤の制札なども残っているようです。 110201_141149

朝から調布でお仕事です。昼すぎに終了。帰社ついでによって見ました。趣がありました。

●布多天神社

所在地  東京都調布市調布ヶ丘1-8-1

アクセス 京王調布駅北口を北向きに5分

木村嘉伸

« 長期政権の前には必ず大きな戦いがある | トップページ | 調布パルコで「オーケストラ!」を上映してました »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/38696211

この記事へのトラックバック一覧です: 調布の名所 布多天神社 近藤勇の孫の名前がのる記念碑:

« 長期政権の前には必ず大きな戦いがある | トップページ | 調布パルコで「オーケストラ!」を上映してました »