無料ブログはココログ

« 「小ネタ」の充実 今日のお店は 湘南の魚とワインの店 ヒラツカ | トップページ | 若泉敬 総理の密使 »

ブータン王国 ケサン・チョゼン・ワンチュク王女

朝、出掛け先でテレビをみていたら、ブータンの王女が出演なさっていました。

ブータンは「国民総幸福」を理念として(日本は国民総生産)数代の国王のもとで進化しています。

行ったことはありませんが、日本との交流も活発でよい印象を持っています。

ブータンは中国とインドとの関係が深く、第一公用語は英語です。

日本からは農業支援などで目立った成果を残しているはずです。

王女は29歳で、お子さんいらっしゃるようですが、美貌もさることながらクレバーな印象で、豊かさを感じさせました。

よい人生を送られているようです。国民総幸福の国の王女らしい印象を感じさせました。

もっとも、音声が出ていないテレビだったので、話の内容はきいていませんが。

経済発展は不可欠ですが、“何が幸福なのか”は国家規模で考えるべき点。

「最小不幸社会」なんていうネガティブなアプローチはダメだよね。メッセージが弱すぎる。

小泉政権時代の郵政選挙の時に、岡田代表率いる民主党は「日本をあきらめない」というメッセージで大敗しました。同じ轍を踏んでいます。

人の心を刺激できないリーダーではダメですね。

木村嘉伸

« 「小ネタ」の充実 今日のお店は 湘南の魚とワインの店 ヒラツカ | トップページ | 若泉敬 総理の密使 »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/38905424

この記事へのトラックバック一覧です: ブータン王国 ケサン・チョゼン・ワンチュク王女:

« 「小ネタ」の充実 今日のお店は 湘南の魚とワインの店 ヒラツカ | トップページ | 若泉敬 総理の密使 »