無料ブログはココログ

« 自慢話の効用 | トップページ | ガイヤの夜明け【シリーズニッポンの食卓?一日の計は朝食にあり】 »

「簡単に会社を辞めないこと」 大事なんだよ、これが!

私が社会に出たのは1985年。入社したのはリクルート。「とらばーゆ」が創刊した年で、男性の就職情報誌「就職情報」は市民権を得つつありました。

その後26年、たった26年で転職はネガティブなものではなくなりました。

この是非はいろいろあるでしょう。人材の流動化が世界的に必要ではあったし、組織にとっても終身雇用のタガが外れて“楽”になりました。

一方、働く側もチャンスが増えたのかもしれません。

私は、リクルートからリクルートフロムエーを経て、現在のシーフォレストを立ち上げました。

はじめに勤めた会社は辞めましたが、転職はしていません。

今更ですが転職はしないほうがよいと思っています。経営者になったからかもしれませんし、年をとったからかもしれませんが、最近の思いです。

人材の流動化は、「一仕事を終えて、ステップアップ」をするならよいと思いますが、そのケースは少ないはずです。問題がなければ退職はしないはずです。

本当に力がある一仕事終えた組は起業するかもしれませんね。

私は採用の仕事もしていますから、最近の人事マンとの会話を思い起こしながら以下のべます。

大学全入時代です。中下位校の学生は高校までに戦い方が不足していたはず。例外もあるでしょうが。

そして、大学では我々高度成長期の時代と同じように、いやいやそれ以上に遊んでいる。社会への適合性が低いまま、世の中に出てきて、ギャップがどうのこうのと言う。結果退職。

この方々に、本当のチャンスがやってくるように思えません。

先人である我々は応援する気持ちになれないし。

また、どこに勤めるかも大事だけど、「縁のあった組織で何をなすか」の方がもっと大事なのです。

シーフォレストをはじめてから、気がついたのは、中小企業のたたき上げの力です。ちゃんとやっている人は凄い。

規模の大小でないことははっきりわかりました。

常に、何をなすか!

どんなやり方なら面白いか?

どんな理解をしていけば、モチベーションがあがるか?

全部自分の問題だからな。簡単にやめてはいけません。

木村嘉伸

« 自慢話の効用 | トップページ | ガイヤの夜明け【シリーズニッポンの食卓?一日の計は朝食にあり】 »

採用・就職・転職」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/38794863

この記事へのトラックバック一覧です: 「簡単に会社を辞めないこと」 大事なんだよ、これが!:

« 自慢話の効用 | トップページ | ガイヤの夜明け【シリーズニッポンの食卓?一日の計は朝食にあり】 »