無料ブログはココログ

« 抜擢人事の後始末 | トップページ | 帝京大学薬学部に行ってきました »

ドラマ「ニセ医と呼ばれて〜沖縄・最後の医介補〜」

医介補は、戦後沖縄と奄美群島に存在した代用医です。

ドラマは2008年に高齢の為に引退した最後の医介補、宮里善昌さんを主人公にしています。


宮里さんがいらしたのは現在のうるま市です。
昨年家族で通過しました。
世界遺産の勝連城跡がありました。


ドラマは沖縄の悲哀と共に静かに進みます。

黒人の子を産む女性、ニセ医師と蔑まれる主人公。
エピソードが悲しい。

過去を題材にした沖縄のドラマは悲哀がつきまといます。

堺雅人さんは安定した演技で魅せますね。

奥さん役の寺島しのぶはじめ脇もいいのですが、脚本に難ありかな?


木村嘉伸

« 抜擢人事の後始末 | トップページ | 帝京大学薬学部に行ってきました »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

歴史が教えてくれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/38019978

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「ニセ医と呼ばれて〜沖縄・最後の医介補〜」:

« 抜擢人事の後始末 | トップページ | 帝京大学薬学部に行ってきました »