無料ブログはココログ

« 本厚木から桐生に向かう | トップページ | やぶづか かかし祭り »

群馬県の史跡 館林城 徳川四天王 榊原康政の居城

館林城 徳川四天王 榊原康政
館林城 徳川四天王 榊原康政
東武特急の待ち時間に館林城跡によりました。

僅かに三の丸の土塁が残るのみです。

今も残る「城沼」と言われる古沼を要害にした平城です。

この地の人類の歴史は古く、縄文海進の頃には海岸線で大きな集落があったようです。

東武館林の隣駅は 多々良。
古代には鉄を鍛えていたのでしょう。

室町から戦後にかけての北関東は戦乱にもまれます。

館林が知られるのは江戸に幕府が成立し、東北の抑えで北関東の鎮めとして徳川四天王の一人、榊原康政が領主となったことでしょう。

姉川の合戦の康政はかっこいい。
康政は寡兵を持って朝倉軍を側面攻撃し、織田徳川軍の勝利を呼び込みました。
この闘いでは全軍がおされ切り崩されるなか、単騎突撃を敢行した本多平八郎と康政が秀眉。

この時代の三河者は土臭いが重厚です。

榊原家は康政の死後転封になり、館林は徳川譜代の大名が七代にわたり続きます。

現在の館林は一地方都市ですね。
つつじヶ丘公園(ツツジは世界一らしい?)と分福茶釜の茂林寺ぐらいでしょうか。
名物は?と聞いたら「うどん」だと。

時間がないので今度ゆっくりと。

木村嘉伸

« 本厚木から桐生に向かう | トップページ | やぶづか かかし祭り »

名所・旧跡・史跡」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/37121092

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県の史跡 館林城 徳川四天王 榊原康政の居城:

« 本厚木から桐生に向かう | トップページ | やぶづか かかし祭り »