無料ブログはココログ

« ナマステ・インディア2010 代々木公園 | トップページ | 金伝丸渋谷本店 »

外部研修の意味合い

Cimg23562

通りかかったらこんなありました。

研修の仕事を始めて8年になります。メインの仕事なので、これでご飯を食べています。

しかし、本来社内のマネジメント環境が充実していれば必要のないものです。

成功者は研修の題材にはなりますが、独習をしています。日常の中で感じ方が成立していったわけです。

研修業者もあの手この手で新商品を投入して“商売”にしていきます。

受験対策のようにテクニックを売る学習塾は理解が出来ますが、世の中を渡る術やマネジメントなどは自己学習が一番だと思うし、我々はその手助けでしかないはずです。

近頃、パートナーの仕事を手伝う機会があって、打ち合わせをしていても、テクニックが先にたつようでどうも乗らない。

確かにクライアントは「マネジャーの代わり」を求めているわけではないので、多分私が考えすぎているのでしょうが、乗らないものは乗らない。

納得できるところまでリサーチして、個に対して手を打つやり方でないと効果は薄いはず。

自分はこれまで、そうしてきたし、それで成果を上げてきた自負もある。だから、お付き合いの長いクライアントが多い。

一方リスクもある。私のやり方では、多売することは出来ない。

それでいいと思う。

テクニックばかりを追った商売では、この業界も受け入れられなくなる。

勿論、凄い講師もたくさんいるんだけど。腹が立つことが多い。

木村嘉伸

« ナマステ・インディア2010 代々木公園 | トップページ | 金伝丸渋谷本店 »

研修講師の私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/36934993

この記事へのトラックバック一覧です: 外部研修の意味合い:

« ナマステ・インディア2010 代々木公園 | トップページ | 金伝丸渋谷本店 »