無料ブログはココログ

« 淡路ハイウェイオアシス | トップページ | ちなみに映画「眉山」 »

真夏のオリオン

実は、配役を見たときに薄っぺらいドラマだと思って劇場にはいかなかったんですが、昨日テレビで見て「ごめんなさい」でした。

なかなかのドラマに仕上がっていましたね。

小学校から高校にかけて戦史物はかなり読みましたし、映画もよく見ました。

今はないと思いますが、西梅田に大毎地下劇場があって、二本組みや三本組みをやってましとた。子供のころからファンクラブのようなものに入っていて、長い前振りですが、そこで「眼下の敵」を見た記憶があります。真夏のオリオンと似たストーリーです。ロバート・ミッチャムがかっこよかった。

太平洋戦争では潜水艦は活躍は出来ませんでした。海洋の広さや日本海軍そのものの戦術の古さ、レーダー装備の点など軍の固有の問題で実力を発揮することが出来ませんでした。

しかし、日本の潜水艦乗りは事故やトラブルの対処で世界に喧伝されるような心構えのよさを示してくれました。

たぶんこの映画のような活躍はなかったはずですが、倉本艦長の度量を見ていると旧海軍の責任者クラスの見識を表しているようでいい気分になりますね。

いいドラマでした。

木村嘉伸

« 淡路ハイウェイオアシス | トップページ | ちなみに映画「眉山」 »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/36192635

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のオリオン:

« 淡路ハイウェイオアシス | トップページ | ちなみに映画「眉山」 »