無料ブログはココログ

« 丹羽宇一郎さん 駐中国大使 | トップページ | テレビ東京 マジ歌選手権SP »

若い頃に決まる学習習慣とパターン

企業が採用基準の一つとして学校レベルを求めるのは理由があります。多様です。


・やるべき時にやってきた事実


・成功をした事実

そして
・学ぶ習慣

最後が一番大事なように思います。


社会に出てからも同じやないかと思っています。

成功者はよく勉強していると思います。

人生の成功失敗は簡単に論じられないし、20歳代の成功が必ずしも人生の成功に繋がるわけでもありません。

ハートと動けるカラダがあれば早い立ち上がりはしますが、それだけでは伸びない。
学ぶことが必要です。肥やしが必要なんだと思います。


学ぶは習慣が大事です。
「どうやって学んでいます?」
と聞くと
「仕事を通じて」
と回答を得るケースが多いが

「何を?どんな風に?…」と聞いていくと回答をいただけないことも多いわけです。

日々をしっかりやっていけば知識は得られます。

その知識を自分なりに消化して、何でそうなのか?と落とし込んでいくのが学ぶです。

こうして知識を消化すると見識に至ります。

見識に消化するパターンが学ぶであるように思います。


これは、若いうちに習慣にしないと定着しないと思います。

学び方を学ぶ

この勉強をすべきなんです。

難しいことをいうようですが、仕事そのものなんです。

だって、“どうすればベストなのか”にチャレンジするのが仕事だからね♪

ランニング好きの
研修トレーナー
木村嘉伸

« 丹羽宇一郎さん 駐中国大使 | トップページ | テレビ東京 マジ歌選手権SP »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/35946263

この記事へのトラックバック一覧です: 若い頃に決まる学習習慣とパターン:

« 丹羽宇一郎さん 駐中国大使 | トップページ | テレビ東京 マジ歌選手権SP »