無料ブログはココログ

« 学習能力 | トップページ | 信用と信頼 »

上司と合わない!

医療分野で多い退職理由です。

そう言われる上司はやっぱりダメなケースがほとんどです。
その部下は有望な可能性も高い。

これをきいた周りはどうすべきか?

例えば、役員である私がきいた場合。

上手く裁こうするとだいたい失敗します。

トラブルは深刻にならずに、

すぐに、
カラッと

対応するのが心構えだ。

その上司のことも
その部下のことも

どちらも信用しているよ!

というスタンスで臨むのです。

心配なら個別に話をそれぞれに聞いておくことをお勧めする。

お互いの状況がわかったら、三者で集まって、私が次のように切り出す。

「ボタンの掛け違いがあるみたいだね♪今日ですっきりさせようね」とニコニコしながら。

このケースはほっておくと必ず悪い方向に行く。
それならば、早い手術が必要なんだ。

間に入る人の気迫が大事でね。

論理的には部下は上司を選べないわけだが、この論理には盲点があって、会社を辞めれば選べるんだな。


それは困るから第三者はスカッと割って入るしかない。

どっちにしても悪い方向に行くからね。

意味がわかったかな!?

気迫、気合いが大事です。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

« 学習能力 | トップページ | 信用と信頼 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/35060875

この記事へのトラックバック一覧です: 上司と合わない!:

« 学習能力 | トップページ | 信用と信頼 »